inkblot

20170916と0918


 幕張からもう一週間が経ってしまったなんて信じられないな。ウソだろ、、、バンプとメレンゲの余韻がすごい。一週間が簡単に吸い込まれた。バンプは初日に行ったのだが、よかったな。。。なんせ初日なので、なんでもかんでも全部ネタバレになってしまう。もういいや。今からネタバレするけどいいですか。言いましたからね。今回は恥ずかし島ではなく、出島(ステージ中央から伸びる花道)があるんだけど、出島の恩恵をがっつり受けた。Aブロックがふたつに分かれていたのはこのため。生まれてはじめてAブロックで観た。ゴマつぶじゃなかったよ、すげえ。正直人の後頭部ばっか観ているのに変わりはないんだけど、肉眼で人間らしいサイズで見えるっていうのは感慨深い。もうなんか記憶とかほとんどぶっ飛んでるんだけど、すげえよかったんだよな、、、、「アンサー」の声が伸びていく感じとか最高だったな。しかしなんと言っても「pinkie」が凄まじかった。いや、もうやらないと思っていた。あと序盤に「トーチ」「メロディーフラッグ」と畳みかけてくるのも確信犯だよな。「天体観測」は二曲目。カッコよかった。「リボン」「記念撮影」も生で聴くとこみ上げてくるものがある。もうとっくに大半のオーディエンスのように10代20代なんかではなくて38歳のおっさんなんだよな、それがいい。「三ツ星カルテット」のアルペジオはなんかへたくそに聴こえたな。そういやアンコールで出てきた時に古溪さんに写真を撮ってもらおうと花道に座り込んだのだが、汗で手のひらにべったりと紙吹雪がついてしまい、藤原が心底鬱陶しそうにぺぺぺぺぺっと振り捨てていたのが面白かった。

 しかしもうバンプのライブって遊園地みたいなもんなんだよな。始発で物販並んで、買ったもの身につけて、誰かとだべりながら待って、SEが終わると歓声が上がって、おそろいのPIXMOBが光を放ちはじめる。楽しいんだよ。もう仲のいいバンドとライブハウスで対バンしてくれることなんてないんだけど、彼らは小回りのきかない腹の括り方をした。おれはそれは好きだよ。


 一方メレンゲは東名阪ツアーのファイナルである。大阪でツヨンゲと「三ヶ月会ってなかった」みたいな話をしていたというのを見かけて震えていたのだが、いやよかった。なんか長くなりそうだからとりあえずここまで。

  1. 2017/09/24(日) 20:20:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒然福島

 クボノ宵の記事をほとんど書いたところでデータが飛び、完全に心が折れていたら更新が滞ってしまった。15周年の東名阪ツアーがスタートするっていうのに相変わらずまったく盛り上がらないメレンゲすげーな。クボンゲはツアー告知のリツイートもいいけど、弦ペリとの月見ル2マンも告知した方がいいと思うよ。みんな行こうぜ。

 最近何をしていたかというと、福島へ行った。そしたらなぜか我が師・ロマンチックおじさんが近場にいることが判明しメールして合流したのだが、「最近は携帯で居場所を突き止められるのか」と思ったらしく怯えていた。そんな機能はない。「福島駅の近くにいますって言ってたのにずいぶん遅かったじゃないか」というので徒歩20分のところにいたと言ったら「それは近くない」という顔をされたが、まあまあ近いと思う。

 ちなみにうちの先生は何していたかというと、ギャラリー・オフグリッドで華道家である片桐功敦(あつのぶ)さんの「炉心の花/臨界献花」という展示があり、そこで対談をしていたのである。この人は最近だと8ottoの新譜のジャケットを手掛けているが、2013年に南相馬市に8ヶ月ほど住んで被災地で花を活け続けた人なんだよな。人の作りあげたものがほとんど破壊された地で生い茂る草花を手折り、祈るように遺されたものに活けていく。その鎮魂の仕事は『Sacrifice』という作品集に結実している。言葉ではまったくうまいこと言えないんだけど、見た瞬間衝撃を受けた。ぜひ見てほしい。ほぼ日のインタビューを貼っておく。おじさんの新刊『性食考』の生け贄譚の章にも登場するのだが、まったく強烈だった。

 トークの内容もめちゃめちゃ面白かったんだが、うまくまとめられる自信はない。花をいけるという行為はサクリファイスである、という深い自覚をもって花を手折る華道家ってすごいよな。いけ花って花に鋏を入れるわけで、先生が言ったように「ものすごく暴力的」である。暴力が聖なるものに転じる。直前まで生かされていたものを血まみれた暴力にさらして捧げる。供犠だ。自然のものはじつはニエにはならない。なにか、人が手を加えてはじめてニエとなる。本当はいろんなところに、まだ供犠の風景が転がっているような気がする。ライブもまた供犠である。

 帰りはそそくさと抜け出してきたのに、新幹線の改札を通った先のニューデイズにロマンチックおじさんがいたのでぎょっとした。結局新幹線も一緒になった。この時間の売店はお菓子以外の食べ物があらかた売り切れているのでいつも食いっぱぐれるとぶつぶつ言っていたが、もうちょい早めに買ってください。何にもしてないけどなぜかいっぱい褒めてもらってなんかラッキーだった。






  1. 2017/09/14(木) 20:41:47|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20170808

 おっ、今日はクボンゲの誕生日じゃないか。最近文フリ用になにか使えないかと思ってライブの覚え書きを見返したりしているのだが、ちょっと前のやつに「クボンゲ34なのにMCまともにできない、だめだ」みたいなことが書いてあって頭がかなり混乱した。6年前のおれよ、40のクボンゲもまともにMCなんかできてないよ。だから早めに諦めような。でもひとつ言っておくと、前みたいに瀕死っぽい時はだいぶ減ってきたのでまあまあ落ち着いて観れるよ。なんだかんだクボンゲも少しはたくましくなってるんだよな。自分も6年前よか少しは成長できてんのかね。。

 生きてるだけでポロポロなくしていくものは多いし、生きてるからずっとそのままでなんかいられない。でもなんか今日が特別な日だといい。あんたのことなんかなんにも知らないけど、勝手にいろいろ借りてこっちも生きてるよ。歌い続けてくれてありがとう。

 これから変わってったって多分ずっと聴いてるんだろうな。夢とかまだ預けたまんまだから、このまんまこの先も飛ばせてほしい。ライブ楽しみだ。


テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

  1. 2017/08/08(火) 23:13:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クボンゲにカバーしてほしい曲リスト

 メレンゲファンならクボンゲの声で聴きたいあれこれを胸に秘めている人は多いと思う。小生にもある。メレンゲでカバーというのはあまりないが、弾き語りだとわりとやるので妄想も捗るというものである。ただ大体80年代のポップスとかでたしかにいい曲だがあまり馴染みがない。だって全然生まれてないしな~。というわけで、本人が選ばなそうな曲ばっかり集めたリストを作ってはなくし、作ってはなくしている。なくすと何を書いてたか忘れるので、最新のメモを残しておこうと思う。



・Imogen Heap 「Hide and Seek」

わりと洋楽のカバーをしてほしい気持ちがあるんだけど、イモージェンヒープ、かなりいいんじゃないだろうか。閉ざされた、しかし感情のうねりのあるエレクトロニカで、夏に空調の効いた空間で聴きたい曲だ。最近全然使ってないボコーダーを使ってほしいんですよ。歌詞も難しくないし、弾き語りでぜひやってほしい。ここで豆知識なんですが、彼女は奇しくもクボンゲと同い年で身長も180近くの長身なんだよな。イモージェンヒープ、やってください。圧 


・Susanne Vega 「Luka」「Gypsy」

わりと洋楽をカバーしてほしい気持ちがある。(二回目)80年代をいにしえとか言っておきながら、これはどちらも80年代の曲である。まあ小さい時から聴いてた曲は別です。「ルカ」は曲だけ聴くと優れたポップソングだが、歌詞が虐待を受けている少年の語りであるけどもそれは今はよくて、とにかく声がエモいので歌ってほしい。「ジプシー」は風のような爽やかな抜け感があって歌詞がかわいい。スザンヌヴェガかわいいな。うちの親と同い年ですが。これもクボンゲの声質に合っていると思う。


・Weezer 「Island In The Sun」

彼は若い頃に結構ウィーザー聴いてたと思うのだが、ウィーザーならこれという気がする。「忘れ物」によく似たリフが出てくるんだよな。泣きのウィーザーですが、これは聴いてるとホント憂鬱になるのでいいと思う。



 邦楽は性癖が出まくる気がしてとりあえず洋楽だけにしとこうと思ったが、見たら洋楽はそんなに書いていなかった。ぶっちゃけあまり洋楽聴いてないしマッチするものとなるとさらに限られていくのでむつかしいな。とにかく声を大にして言いたいことはイモージェンヒープやってくださいということである。ではまた次回。

  1. 2017/07/24(月) 12:34:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイノウタ

 散々「July」「July」と騒いでいたくせに、ワンマンライブが終わったあと一番胸に響いていたのは新曲だった。「あいのうた」、「アイノウタ」、表記はよくわからない。まあでもバンドからセットリストを知らされているナタリーがカタカナ表記だったから、これがたぶん正しいんだろう。

質の高いバラードだ。幸福のなかにあっても、その心の芯からかなしみがほとばしるような業の深さがある。しかし何と言っても歌詞がいい。

愛という字のアイという読みは音読みで中国語からの借用語なんだよな。日本語だと「愛(かな)し」だと思うが、これはある人やものに対して喚び起される痛切な感情に胸が切り裂かれる感覚をさす言葉で、プラスもマイナスも分かたれていない言葉なんだよな。いとしいも悲しいも、どちらも激しい感情のうねりとして未分化の状態にある。「アイノウタ」の愛は、この「かなし」の段階の愛という気がする。対象を包み込むことを志向する、いとおしいという幸福な感情のなかに、強烈な悲しみが同時に内包されている。カオスの愛だ。自分はこっちのが好きです。

早く歌詞カード見ながら聴きたいよな。


  1. 2017/07/20(木) 21:54:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ