inkblot

アイノウタ

 散々「July」「July」と騒いでいたくせに、ワンマンライブが終わったあと一番胸に響いていたのは新曲だった。「あいのうた」、「アイノウタ」、表記はよくわからない。まあでもバンドからセットリストを知らされているナタリーがカタカナ表記だったから、これがたぶん正しいんだろう。

質の高いバラードだ。幸福のなかにあっても、その心の芯からかなしみがほとばしるような業の深さがある。しかし何と言っても歌詞がいい。

愛という字のアイという読みは音読みで中国語からの借用語なんだよな。日本語だと「愛(かな)し」だと思うが、これはある人やものに対して喚び起される痛切な感情に胸が切り裂かれる感覚をさす言葉で、プラスもマイナスも分かたれていない言葉なんだよな。いとしいも悲しいも、どちらも激しい感情のうねりとして未分化の状態にある。「アイノウタ」の愛は、この「かなし」の段階の愛という気がする。対象を包み込むことを志向する、いとおしいという幸福な感情のなかに、強烈な悲しみが同時に内包されている。カオスの愛だ。自分はこっちのが好きです。

早く歌詞カード見ながら聴きたいよな。


  1. 2017/07/20(木) 21:54:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初恋の掟2017あれこれ

いや、いいライブだったな。。。「CAMPFIRE」の「心を許しあうだけ」というところのフェイクよかったな。クボンゲのフェイク、わりと成功率低いと思うけどいい時はホントいいよな。いや、もうちょい練習してください。

あと「魔法」のラストで休憩するのやめてほしい、おじいちゃんになってからにしてください。それにしても「スターフルーツ」の終盤畳み掛けるあたりとか、「ビスケット」とか、息が苦しくなったら客に歌わせるというこずるい手を覚えたクボンゲである( なお、みんな歌わない)。

スターフルーツは全然やってなかった曲で自信ないのか、あんまりしっかり聴いてほしくないという理由でクボンゲは仏頂面で手拍子を要求していた。いや、よかったよ! もっとやろうぜ! 

久しぶりに普通の服で出てもいいかとお伺いを立てるツヨンゲに「どうでもいい」と返すクボンゲはひどい。「お前は大して苦労せずに人よりモテる人生を送ってきたやつだからな。オレは一生懸命曲作ってやっとちょっとモテたのに!!」とお怒りだったが、性格の問題なのではないだろうか。ツヨンゲは見た目もいいけど、性格がいいだろ。

「なんかさっきマネージャーがこっち来て、『クボさん、大変です! コースターがめちゃめちゃ余ってます!』って言ってきて。。コースター作ろうって言ったのオレだからいやらしい言い方してくる。。。みんなもっと買って」みたいなことを言っていたが、メンコくらいしか使い道が思いつかなかったので買えなかった。ごめんな。ふくろと水筒は光の速さで売り切れてたのに、ホントにメレンゲは物販へたくそである。。。もう常時ステッカーとかを大量に置いといてほしい、ジャケットとか過去の物販のデザインのとかで十分うれしい。少額から好きなだけお布施できるから。

あとどこかで「早く曲かけよってな、ね?」とツヨンゲに振っていたが、ツヨンゲめちゃめちゃ困っていたので、超ワンマンクソ野郎のくせしてそういうことツヨンゲに振るのやめてあげてください。でもなにがしかの意欲のあらわれではあるのかもしれないな。新曲もっとたくさん聴きたい。

珍しい曲をやりまくり、汗だくになりながら「やらない曲には(やらない)理由がある」とのたまっていたが、そういう問題ではないと思う。「July」もっとやってください。

最後に恒例の手繋ぎバンザイやったのだが、もぞもぞ整列して、最後にツヨンゲが自分からクボンゲの隣、センターに潜り込んできたのに一番ぐっときた。そうだよ、いつもホントありがとな。

  1. 2017/07/15(土) 15:14:43|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第○回 志村正彦を讃える会

 今年もやってまいりました、我らがフジファブリックのボーカルギター志村正彦の誕生日。37歳か。めちゃめちゃ快晴でめちゃめちゃめでてえ。いや、最高の日でしょ。

 年取ると誕生日なんかうれしくねえよって言う人は結構いると思うんだけど、個人的になぞだ。誕生日は歳をとる日っていうより、やっぱり自分が特別な存在であることを許された特別な日と思っていいんじゃないのか。たとえ仕事でくそみたいに消耗するだけの日だったとしても、おめでとうと言ってくれる人がいなくても、その日の輝きはすっかりかき消されてしまう訳ではない。誕生日はその人が自分という当たり前の存在を肯定的に問い直す日であってほしいし、自分にとってはわりとそうだし、あんたにとってもまだそういう日であってほしいんだよ。誕生日なのでめちゃめちゃ褒めてやる。


 朝、急行の降りる駅を乗り過ごしたから、新宿14番線電車に飛び乗って大学に行き、今はコーラを飲みながら高円寺にいる。誕生日おめでとう。あれからいろいろ変わったけど、今でも最高だ。
  1. 2017/07/10(月) 18:59:46|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念撮影


ホントに夜中にいきなりやめてくれよな。おかげで眠れなかった。今日の0時からBOCの新曲「記念撮影」がリリースされている。

カップヌードルのあのCMはテレビで流れてるんだっけ。よくわからないけど、ものすごく変な曲だ。80'sとか90'sの匂いのする曲だが、それは彼らの思春期だ。ちゃんとAメロBメロサビがあるのに、オケの温度がほぼフラットなまま進んでいく。すごく遠くから響いてくるような歌だ。レンズで閉じ込められたある特別な時空の一点が刹那、現在に窓を開けて発熱し輝きを放ちながら未来へ伸びていく。

そんなキラキラした青春なんてこれっぽっちもなかったのに、胸が痛いのはなんでなんだろうな。。。

  1. 2017/07/05(水) 08:17:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレパ

 オリオンをなぞってきた。正確には田淵の残像をなぞってきた。いや、よかったです。意外とユニゾンとフジって対バンしてないよな。そして意外とメレンゲの方がユニゾンと対バンしてるよな。何気にユニゾンとメレンゲならソロ含めて二回くらい観ている。ちゃんとしたファンではないので、ファンのみなさんが斎藤氏をなんと呼んでいるのか知らないのだが、小学校の同窓会で「さいちゃん、ミュージシャンなんだって? エグザイル歌って!」と言われて歌えなかったエピソードの印象がバリ強いので、彼はさいちゃんである。「Ti Amo」、今でも思い出します。イケメンで、MCも面白く、しかも歌もギターも上手い。クボンゲもさいちゃんの爪の垢を煎じて飲んでいただきたい。

 明日もあるので、あまり曲のことは話さないようにするけど、いやあ結局久しぶりなのでどの曲もめちゃめちゃうれしいんだよな。フジの曲を浴びるのを体が喜んでいるような感じがあった。田淵に感化されて七色に光り輝くショルキーを抱えて出てくる変なキーボーディストもいたが、かとをさんが。あんなに動くかとをさんを観るのは初めてではないかというくらい動いていた。今日はかとをさんの故郷の方角に向かって五体投地してから寝ようと思う。

 山総がしきりに気にしていたが、今日はSMAの中堅バンドの二大巨頭の2マンということで事務所の偉い人がたくさん観に来ていたらしい。「今日が盛り上がらないと、ぼくらこれから活動しづらくなります」みたいなことを言っていたが、言うまでもなく杞憂でしたな。

 それにしても山総のギターを生で聴くってホントに贅沢な時間だよな。。。そして声の伸びやかさよ。演奏もすばらしいけども、山総の人柄もホントに最高だよな。ホントに邪気がないんだよな。「お客さん、なんでこんな最高なの?」みたいなことを彼はライブ中よく言うと思うんだけど、山総ほどの純度で「今自分たちのライブを受け止めて、一緒にこの空間を作り出しているオーディエンスは掛け値なくすばらしい」と思っていて、そしてそれが一切のフィルターを通さずに全身からダダ漏れてるミュージシャンていないんじゃないか。どこで何してるか全然わからないやつらの集まりなのにさ。そんなことホントに信じて言えるなんてあり得るのかよ。ホント、ウソみたいに綺麗なんだよな。なんというか、彼の放射している陽のエネルギーってすごいよな。勝手にもらっちゃっていいんだろうか。ステージの上の山内総一郎は本当に美しい。一切力んでいないんだけど、しかし無駄も一切ない。ミュージシャンとしての本能だけでそこに存在しているような人だ。機能美としての美しさがある。またこんな美しいものを目の当たりにしてしまった。バチが当たりそうだよな。。。

 アンコールでさいちゃんと「若者のすべて」をやったのだが、なぜどいつもこいつもフジのカバーというと判で押したように「若者のすべて」なんだろう。いや、さいちゃんの「若者のすべて」はすばらしかったし、後輩バンドがフジをカバーするというのは非常にうれしいことだし、メレンゲもカバーしてくれよと思う、最後のはちょっと関係ないが、それとこれとは別の話で気になるんだよな。「若者のすべて」はたしかに名曲だが、これがフジファブリックの代表曲ですというのはピンとこないんだよな。それよか「銀河」やってみろよと意地悪を言いたくなる。その点、さらっと「タイムマシン」なんかをぶっこんでくるクボンゲはやはり本質をついていると思う。「タイムマシン」を歌えるミュージシャンなんて、なかなかいないだろうな。

 という訳で今日のライブを総括すると、これから開演前のかとをさんにユニゾンのライブ映像観せてほしいということと、山内総一郎はやっぱり国の天然記念物に指定するべきだということと、あと来年はフレパにメレンゲを呼んでほしいということである。以上、解散! 

  1. 2017/06/30(金) 23:32:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ