inkblot

湯川潮音

湯川潮音湯川潮音
(2006/01/25)
湯川潮音

商品詳細を見る



うーむ。はまりそうだと思ってためしに借りてみた。メジャー1作。

曲より歌詞の方が好きである。サッドなファンタジー。

声は「あのこのうた」の時が好きだな。。。もうちょっと幼い感じがあって。

少し震え気味で。とりあえず高音がいい。

このアルバムだと、白眉は「裸の王様」。

岸田、いい曲作るよな……! 

くるりって、いくらかの割合でもうドストライクという他ないメロを繰り出してくるんだよな。。。


しかし、まだ聴き込んでいないからわからんが、湯川潮音っていうのも不思議な人だ。

ぱっと見、ふわふわしていてかわいらしい感じなのかと思うが、なんか違和感を感じる。

見た目に反して、気骨がありそうな顔をしている。

彼女の第一印象的なイメージだと、いつも微笑んでいそうなのに、案外強い目でこちらを見返している。

何も知らないので、なんとも言えん。

本人が作った曲だと、「ツバメの唄」とか好きだけども、作詞作曲だとどうしても詞>曲になってしまう。

今は半端なくCDがあふれているので、余裕ができたらインディー2作目でもまた聴こう。

しかし、アイポッドの容量が小さすぎて、すぐにいっぱいになってしまう。。。。

やっぱり、アイポッドは好きじゃない。

音もだいぶ薄っぺらくなるし。

「シェリー」だって、あの音圧が台無しだもんな。

買ったCDはしばらくのうちはCDプレーヤーを持ち歩いて聴くようにしてる。

そういうことやってるから、荷物が重くなるんだけどな。。。

そういえば、「荷物の重さは夢の重みだ。カバンが軽いやつは夢も軽い」といった男がいた。

誰って。そりゃあ志村だよ。






そういえば星の小話は「裸の王様」を鬼リピートしていたら何故か書けたんだった。

後で忘れないように、目印を埋め込んである。

特に深く考えたりはしてない。

ポロっと出てきたんだ。

しかし、もっと楽しい話が書きたいもんだな。。。。





  1. 2010/07/07(水) 21:28:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シェリー | ホーム | 星の由来>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/96-7bf0fa79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)