inkblot

ぜみみ

日のことである。

ゼミで打ち合わせをしていたのだが、あまりにひまだったので、何故か


「そうだ、クジラを書こう。ツチクジラを書こう。一番リアルに書けたら、クジラ・マスターの称号を与えよう」

「そうしよう」


という流れになってしまったので、下手くそなのに絵なんか描くはめになってしまった。


そもそも、ツチクジラなんかに見覚えはねえよ。


と心の中でつっこみつつ、とりあえずペンを握る。


クジラなんて、マッコウが限界だっつうの。


言いだしっぺは何故か張り切っている。いやこれ、全然うまい暇潰しじゃないからね。

しょうがないので、おざなりにペンを動かしておく。


・・・



「絵心ないから、無理だよ」

「あーやっぱ俺のが一番うまいね。だってほら、このグロさがさ、」


普通にお前にやるよ、その称号。と思いつつ、私も自作を見せる。



「上から描いてみました」




「コイ!」
「コイじゃんそれ!」


ひでえ……ちげえよ! これのどこがコイなんだよ! コイってもっとこう……なんか品がねえじゃねえか! ちげえ。これは断じてコイなんかじゃねえ。






という訳で釈然としないので誰かに訊いてみたい。これコイじゃないっすよね。




ね?




a kuma de whale






  1. 2010/05/14(金) 23:58:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンコールはある 彼は死んでない | ホーム | 深海>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/78-10b5cfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)