FC2ブログ

inkblot

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20180808

 わりと遅くなりましたが、クボ氏誕生日おめでとうございます。41歳か、結局40歳の記念ライブ的なのはなかったことになっている。。。もはやツヨンゲの40歳を祝ってメレンゲでライブやってほしいよな。富士吉田でライブやるとか言ってたのは来年の方がいい気がする。その暁にはできるだけ早めにブッキングしてアナウンスしてほしい、マジで。

 あんまり関係ないのだが、最近原民喜にはまっていて今年の原爆記念日はちょっと特別な気持ちで過ごした。考えてみれば、8/6、8/9、8/15、お盆と、8月って実は死者の気配が濃密に迫ってくる時期だ。大して思い入れはなくても一種異様な空気感のある時期だったけど、文学の力を借りればもっと深く入り込める。

 最近は『羊と鋼の森』で引かれているのでそれで知っている人もいると思うが、原民喜はだいたい太宰治と同年代の詩人で、もともとすごくいい文章を書く人だったが広島で被爆しそこで体験したものを書ききって死んだ人である。最近岩波新書から岩波新書らしからぬオシャレな評伝が出たのだが、読みながら泣いた。原民喜はコミュ障である。中学の5年間一言もしゃべらなかったとか、佐藤春夫に会うのに奥さんについて来てもらい伝言ゲームみたいに耳打ちして言葉を伝えてもらったとか、涙なくしては読めない。めちゃくちゃ身に覚えがあるぞ。あんたはおれか。ただまあ原民喜は金持ちの家の三男坊で慶應に行き、卒業後は実家のお金で引きこもり生活をしてたイケメンなのだが、それについて考えはじめると暗黒面におちるのでやめておく。

 原民喜のすごいところは、彼は大切な人びとに先立たれまくったため、自分が死ぬのは怖いくせに生きている人間よりも死者に限りない愛着を抱いていて、だからこそヒロシマのおびただしい死者たちを一身に引き受けて歯をくいしばるようにして書いたことだ。じつは原民喜、被爆の前年に大好きな奥さんをなくしている。臆病で繊細で一切生活力のない男が、もっともそばにいてほしい人のいない世界で、飢えや体調不良や貧しさに苦しみながら生き残った自分しか書けないものを後の世代に託していった。これは受け取らなければならない。マジで誰よりも力強く生き抜いた人だと思う。青空文庫で読めるから、とりあえず「気絶人形」と「鎮魂歌」を読んでほしい。特に「鎮魂歌」はやばい。すさまじい感度で他者の声を拾い、自らの身体を使ってその語りを響かせている。無数の語りがとめどなくあふれてくる。

 みたいなことを考えている時にツアーファイナルを観てきたのだが、めちゃくちゃよかった。ここまで民意を汲んだセットリストって初めてなんじゃないだろうか。声の調子もここ最近はかなり安定していて、すごくいい。めちゃくちゃ久しぶりの「ロンダリング」とかアガらないわけがない。カバーも選曲がめちゃくちゃいい、「カルアミルク」にスーパーカー(「PLANET」)ってもう言い値で買うから音源化してほしいレベルである。ライブ音源でいいので。「July」はやらなかったけど、ぶっちゃけこのあいだのメレンゲ ワンマンより全然よかった。「July」はやらなかったけど。

 観ながら、弱いままでいいんだと思った。弱くても弱いなりの戦いかたがある。無理矢理強くなる必要なんかない、でもしたたかさはもう持っているんじゃないか。「バンドのためのソロ」と言っていたのはまだ期限切れじゃないと思っているから、その未来に夢を預けている。



  1. 2018/08/17(金) 15:00:37|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 未だスーパースター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/712-f3f18fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。