FC2ブログ

inkblot

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手紙

 もう一億人が言ってることだけどフジファブリックの新曲、猛烈にいいな。

「手紙」、イントロから強烈なギターのリフが「STAR」級に刺し貫いてくる。そのリフになによりもまず、山内総一郎は骨の髄からギタリストであるということを思い知らされる。彼は心から大切な曲を作ろうとすると、無意識のうちに(だと思う)まずギターのリフとしてその思いがにじみ出しほとばしる。「STAR」はまさにそんな曲だったんじゃないか。志村の死というアポリアにギタリストとして対峙した曲。何度も大事そうに「志村君がいなくなってしまった時、はじめて自分で歌うということを意識して書いた大切な曲です」と説明する「ECHO」。そして「手紙」はギタリストとボーカリスト、双方の面で最大出力だ。

個人的にはギターリフがこの曲の最大のフックだが、曲も歌詞も音の一粒ひと粒も考え抜かれていて、とても言語化しきれない。細部まで考え抜かれているけども、濁った思考がわだかまるような痕跡は残っていない。それにしても、山内総一郎という人間が不思議で仕方ない。得体の知れないような化け物じみたものは感じるのだが、人間に必ずきざす「怖さ」がないんだよな。そんな人間ってホントに存在するのだろうか。不思議だ。彼の曲はひと色の感情しかないような平板なものでは決してないはずなのに、なぜか混じり気がない。なんでそんな風に思えてしまうんだろう。

フジファブリックについて考えていると、なにひとつうまく言葉を持ち帰れない。それが悔しくもどかしい。なんにせよ、こんなにギターの音に心をえぐられて泣かされるのは山内総一郎のそれだけだ。彼の(おそらく本人は気づいていない)天才に切り刻まれるたびに恐ろしく思う。携帯のボタンひとつで、あっさりと奇跡との邂逅を果たしてしまう。それを受け止めきれずに、ただただずっと聴いている。



  1. 2018/07/05(木) 22:38:29|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<未だスーパースター | ホーム | 20180627>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/07/17(火) 00:40:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/07/17(火) 00:57:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。お久しぶりです。そうでしたか。梅雨が明けたら明けたで殺人的に暑いのでご自愛ください。

「手紙」、ティーザーを観た段階ではふつうにいい曲だなという感じでしたが、ラジオで流れてきたのに衝撃を受けました。派手な曲ではないし、入り込んでくるタイミングがあるんだと思う。お楽しみに。

向山貴彦先生はエッセイがめちゃくちゃバカで面白いんですが、今見たらブログの大半が消えてましたね。。。いやうれしいっす、『童話物語』できたら読んでみてください。このブログもホントに自分で見返すといやな汗がめちゃくちゃ出るんですが、そう言ってもらえるとやる気が出ますね。ありがとうございます。間があいても完全にやめることはないので、適当にお付き合いいただければうれしいっす。
  1. 2018/07/18(水) 10:46:02 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/08/03(金) 14:45:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

re: 手紙

コメントありがとうございます。めっちゃお久しぶりですね。

フジファブリックはリリースもあるしライブもどんどん決まって忙しいですね。今年は花火観ないで夏が終わるだろうな。

ぼちぼち書いていくので、気が向いたらよろしくお願いします。笑 

  1. 2018/08/04(土) 08:10:58 |
  2. URL |
  3. 北田 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/710-82c5ee9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。