FC2ブログ

inkblot

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20180627

どうもご無沙汰しております、北田です。ずいぶん間があいてしまった。理由として一番でかいのはやはり三月に向山貴彦が亡くなったことだ。もう小学生の頃からずっとめちゃくちゃ好きなので、はっきり言って立ち直れない。毎日それなりに楽しくやってはいるけども、それは向き合わないようにしているからだ。もう好きとかではない、そんなもの超えて血肉になっている。向山先生、あなたのおかげでいつまで経っても文章下手くそです。もっと文章のうまい作家を好きになっとけばよかったっすね。でも今でも文章を書く時の芯のようなものは先生からもらったものです。あんまりにもつらくて『童話物語』、未だに最後まで読み通せない。ブログを書こうとも思っているのだが、まったくまとまらないんだよな。未だに「ご冥福をお祈りします」とか言ってた連中をひとりずつぶちのめしたい気持ちでいっぱいである。ご冥福? ご冥福ってなんだよ。そんな墓穴に土をかけて埋めるようなことがどうして言えるかよ。金時鐘はうたった、「葬るな人よ、冥福を祈るな」と。死者たちを気持ちよくおねんねさせてやるようなつもりは毛頭ない。叩き起こしてやる。何回だって叩き起こしてやる。葬るな人よ、冥福を祈るな。

てか最近マジではらわたが煮えくりかえるようなことばっかりだぜ、まったく。某球を蹴るスポーツのタイアップ曲のB面、聴きました? ここに載せようと思ってあれこれ書いたのだが、無敵の人とのエンカウント率が爆上がりしてしまうのでやめた。お蔵入りである。しかしあそこまで脆弱な精神と知性の持ち主だとは思わなかったよ、さらにライブの話を聞いて怒りとか蔑みではなくて痛ましいなと思ってしまった。「何の思想的な意味もなく歌っています」なんて冷静に考えてみたら「ぼくはウンコしません」て言ってるようなもんだぞ。そりゃウンコしないで済むんだったら誰だってそうしてえよ。でも人間として生きていくということは積極的にしろ消極的にしろ選択をつないでいくことだ。つねにその選択はなにかの思想に傾いている。偏らずに生きていくことなんかできない。べつにあいつらがみっともないのはいいんだけどさ、ファンの子どもたちがかわいそうだよ。今彼らは自分の大好きなバンドを守ることで必死になっているんだろう。すげえわかるよ。でもバンドを盲目的に肯定することがバンドを愛することではない、痛みをともなうけども、ひとつずつ「当たり前」を突き崩しながらあの歌について考えてみてほしい。一緒に考えようぜ。

ライブにはポツポツ行っている。ツイッターでメモ代わりにつぶやいておしまいみたいになっているが、そう、つばきの正夢になったフェスについては少しでも書いておきたい。全然気持ちの整理がつかないまま行ってきて、整理がつかないまま観ていた。ランクやメレンゲはつばきに、一色德保にすべてを捧げるような、ヒリヒリしてとても真摯なライブをしていた。ソネ・小高の取り乱しコンビはわりとずっと不安定で観ていてつらくなる。音速はまったりしたライブをしていた。最後のつばきフレンズを観て、今日の意味がやっとわかった。このフェスと松山のライブは残されたメンバー、特におかもとさんのためのものだ。バンドのメンバーという関係性を超えて、ミュージシャンとしてだけでなく一色德保という存在をまるごと引き受けてきた彼女が、あれからどんな気持ちでいたかは想像もできない。MCで涙をこぼしながら「あれから生きる意味とかちょっとよくわからなくて、」と語っていた。そんなことできやしないんだけど、彼女がまだ肩からおろせないでいる重たいものを少しでももらえたらいいのにと思う。彼女はいま、きっと巡礼をしている。彼と親しかった人や思い出の場所やものをひとつずつ辿っているのだろう。自分にできることなんかロクにないから、つばきを聴き続けます。ホント、いいバンドだよな。


  1. 2018/06/27(水) 12:32:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手紙 | ホーム | めちゃくちゃめでたい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/709-1d5b9d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。