inkblot

徒然福島

 クボノ宵の記事をほとんど書いたところでデータが飛び、完全に心が折れていたら更新が滞ってしまった。15周年の東名阪ツアーがスタートするっていうのに相変わらずまったく盛り上がらないメレンゲすげーな。クボンゲはツアー告知のリツイートもいいけど、弦ペリとの月見ル2マンも告知した方がいいと思うよ。みんな行こうぜ。

 最近何をしていたかというと、福島へ行った。そしたらなぜか我が師・ロマンチックおじさんが近場にいることが判明しメールして合流したのだが、「最近は携帯で居場所を突き止められるのか」と思ったらしく怯えていた。そんな機能はない。「福島駅の近くにいますって言ってたのにずいぶん遅かったじゃないか」というので徒歩20分のところにいたと言ったら「それは近くない」という顔をされたが、まあまあ近いと思う。

 ちなみにうちの先生は何していたかというと、ギャラリー・オフグリッドで華道家である片桐功敦(あつのぶ)さんの「炉心の花/臨界献花」という展示があり、そこで対談をしていたのである。この人は最近だと8ottoの新譜のジャケットを手掛けているが、2013年に南相馬市に8ヶ月ほど住んで被災地で花を活け続けた人なんだよな。人の作りあげたものがほとんど破壊された地で生い茂る草花を手折り、祈るように遺されたものに活けていく。その鎮魂の仕事は『Sacrifice』という作品集に結実している。言葉ではまったくうまいこと言えないんだけど、見た瞬間衝撃を受けた。ぜひ見てほしい。ほぼ日のインタビューを貼っておく。おじさんの新刊『性食考』の生け贄譚の章にも登場するのだが、まったく強烈だった。

 トークの内容もめちゃめちゃ面白かったんだが、うまくまとめられる自信はない。花をいけるという行為はサクリファイスである、という深い自覚をもって花を手折る華道家ってすごいよな。いけ花って花に鋏を入れるわけで、先生が言ったように「ものすごく暴力的」である。暴力が聖なるものに転じる。直前まで生かされていたものを血まみれた暴力にさらして捧げる。供犠だ。自然のものはじつはニエにはならない。なにか、人が手を加えてはじめてニエとなる。本当はいろんなところに、まだ供犠の風景が転がっているような気がする。ライブもまた供犠である。

 帰りはそそくさと抜け出してきたのに、新幹線の改札を通った先のニューデイズにロマンチックおじさんがいたのでぎょっとした。結局新幹線も一緒になった。この時間の売店はお菓子以外の食べ物があらかた売り切れているのでいつも食いっぱぐれるとぶつぶつ言っていたが、もうちょい早めに買ってください。何にもしてないけどなぜかいっぱい褒めてもらってなんかラッキーだった。






  1. 2017/09/14(木) 20:41:47|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<20170916と0918 | ホーム | 20170808>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/695-600368db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)