inkblot

フレパ

 オリオンをなぞってきた。正確には田淵の残像をなぞってきた。いや、よかったです。意外とユニゾンとフジって対バンしてないよな。そして意外とメレンゲの方がユニゾンと対バンしてるよな。何気にユニゾンとメレンゲならソロ含めて二回くらい観ている。ちゃんとしたファンではないので、ファンのみなさんが斎藤氏をなんと呼んでいるのか知らないのだが、小学校の同窓会で「さいちゃん、ミュージシャンなんだって? エグザイル歌って!」と言われて歌えなかったエピソードの印象がバリ強いので、彼はさいちゃんである。「Ti Amo」、今でも思い出します。イケメンで、MCも面白く、しかも歌もギターも上手い。クボンゲもさいちゃんの爪の垢を煎じて飲んでいただきたい。

 明日もあるので、あまり曲のことは話さないようにするけど、いやあ結局久しぶりなのでどの曲もめちゃめちゃうれしいんだよな。フジの曲を浴びるのを体が喜んでいるような感じがあった。田淵に感化されて七色に光り輝くショルキーを抱えて出てくる変なキーボーディストもいたが、かとをさんが。あんなに動くかとをさんを観るのは初めてではないかというくらい動いていた。今日はかとをさんの故郷の方角に向かって五体投地してから寝ようと思う。

 山総がしきりに気にしていたが、今日はSMAの中堅バンドの二大巨頭の2マンということで事務所の偉い人がたくさん観に来ていたらしい。「今日が盛り上がらないと、ぼくらこれから活動しづらくなります」みたいなことを言っていたが、言うまでもなく杞憂でしたな。

 それにしても山総のギターを生で聴くってホントに贅沢な時間だよな。。。そして声の伸びやかさよ。演奏もすばらしいけども、山総の人柄もホントに最高だよな。ホントに邪気がないんだよな。「お客さん、なんでこんな最高なの?」みたいなことを彼はライブ中よく言うと思うんだけど、山総ほどの純度で「今自分たちのライブを受け止めて、一緒にこの空間を作り出しているオーディエンスは掛け値なくすばらしい」と思っていて、そしてそれが一切のフィルターを通さずに口から漏れてるミュージシャンていないんじゃないか。どこで何してるか全然わからないやつらの集まりなのにさ。そんなことホントに信じて言えるなんてあり得るのかよ。ホント、ウソみたいに綺麗なんだよな。なんというか、彼の放射している陽のエネルギーってすごいよな。勝手にもらっちゃっていいんだろうか。ステージの上の山内総一郎は本当に美しい。一切力んでいないんだけど、しかし無駄も一切ない。ミュージシャンとしての本能だけでそこに存在しているような人だ。機能美としての美しさがある。またこんな美しいものを目の当たりにしてしまった。バチが当たりそうだよな。。。

 アンコールでさいちゃんと「若者のすべて」をやったのだが、なぜどいつもこいつもフジのカバーというと判で押したように「若者のすべて」なんだろう。いや、さいちゃんの「若者のすべて」はすばらしかったし、後輩バンドがフジをカバーするというのは非常にうれしいことだし、メレンゲもカバーしてくれよと思う、最後のはちょっと関係ないが、それとこれとは別の話で気になるんだよな。「若者のすべて」はたしかに名曲だが、これがフジファブリックの代表曲ですというのはピンとこないんだよな。それよか「銀河」やってみろよと意地悪を言いたくなる。その点、さらっと「タイムマシン」なんかをぶっこんでくるクボンゲはやはり本質をついていると思う。「タイムマシン」を歌えるミュージシャンてもなんて、なかなかいないだろうな。

 という訳で今日のライブを総括すると、これから開演前のかとをさんにユニゾンのライブ映像観せてほしいということと、山内総一郎はやっぱり国の天然記念物に指定するべきだということと、あと来年はフレパにメレンゲを呼んでほしいということである。以上、解散! 

  1. 2017/06/30(金) 23:32:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<記念撮影 | ホーム | ポスト・アポリア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/688-868990ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)