inkblot

ポスト・アポリア

 なんだか風邪をこじらせてしまい、何もできないので2011年くらいのメレンゲのライブ映像を観ていた。なんと言うか、自分が真っ先に心を切り裂かれたのはこれだったんだよな。張りつめている。余裕なんか一切ない。無防備なままステージに上に追い詰められて立っているようなところがある。そこからどうしようもなく目が離せなかった。それに今見返して気付いた。

 今観るとはっきり分かってしまうんだけども、あの数年間のクボンゲは異様だった。志村にそっくりすぎて、観ていると心が砕けてしまう。過剰なまでに引き受けようとしていた。クボに志村を求めていたし、クボ自身も志村を自らに依り憑かせることを望んでいたように思う。残酷だ。でもそうせざるを得なかったんだろう。

 あのころなんかついこの間のはずなんだけど、ホント年取ってんだよな。あのころのメレンゲは鋭かったが脆弱だった。今はだいぶ逞しくなったよな。したたかさがある。相変わらずガツガツしてないというかマイペースなんだけど、でも続きを生きてるんだよな。あのころメレンゲは死というアポリアを抱え込んで、それを取り込もうとしていたのかもしれない。アポリアとは死、死とは止まった時間だ。止まった時間と一体になることはできない。スノードームのような止まった時間をどこかに抱えながら、でもたしかに誰かが見ることのできなかった、生きられなかった続きの時間を生きてきた。「動いていない様に見えても 確かに進んでいる」んだよな。年取ってるよな、バンドもファンも一緒にさ。

 またホールで観られる未来がめちゃめちゃ楽しみでしかないし、過去もいつだって振り返りたいから、アポリアツアーとかわりとちゃんとカメラ入ってたの知ってるので、今からでも全然遅くないから売ってほしい。itunesとかでいいです。たのむ。あと呼吸するように様つけ忘れたので、各自心の目で補って読んでください。解散! 



  1. 2017/06/27(火) 20:41:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フレパ | ホーム | 初恋の掟というかJuly>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/687-25736ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)