inkblot

文フリ

 なんだかやっとちょっと何かやりたいという意欲が出てきた気がする。家庭がうまく行かずにこころが折れてからここまで二年くらいかかったので、やっぱり思ったより重症だったのかもしれないな。まあ医者とかにはかからなかったので、べつになんということもなかったのかもしれないのだが。とはいえ自分のこころのことなんか全くよくわからないので、まあちょっとやる気のあるうちにぼちぼち何かしら書きたいと思っている。なんかメールやコメントの返事も全然書けなかったりしたので、ホントに申し訳ない。まあ謝ったところで誰も見てないだろうけど、ホントにすみませんでした。

 とにかく何かしたいのだが、まだあんまりまとまっていないのでまずは自分を追い込もうと思って11月23日の文学フリマに申し込んでみた。よくわからないけど、文学に限定した同人誌即売会らしい。そんなにあれこれ書いたりかたちにする予算もないからどうしようかと思っているのだが、何か読みたいものがあったらこっそり教えてください。文学ならなんでもいいので、小説、批評、論文、いろいろやれる。出し物は未定だが、屋号だけは決まっていて、十靴堂(ジッカドウ)という。十足の靴を持って旅に出る男の神話があって、妙に頭に残っていたのでそこから取った。神話いいよな。パッと見、頭のおかしいやつの妄想みたいな話も多いが、少しずつ意味がわかってくるとじつに面白い。みんな講談社学術文庫の『常陸国風土記』を読んでください。記紀よか風土記の方がずっと面白いんだが、みんな全然わかってないのですよ。茨城県民は常陸国風土記を持っているというだけでめちゃめちゃうらやましい。

  1. 2017/06/16(金) 18:02:12|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初恋の掟というかJuly | ホーム | 20170612>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/685-b4ea2b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)