inkblot

20160624


 このあいだのライブからずっと、ペリドッツを聞いている。高音はたとえようもなく美しいが、低音もまた嫌味のない自然な色気があふれ出ている。大人だ。歌詞も現実の世界に鋭い爪を立てて表皮を切り裂き、本質を抉り出す。メレンゲはペリドッツと比べると、どうしようもなく子どもだ。もう子どもではいられないが、でも大人にもなり切れていない。宙に浮いている。これは彼らの問題だから、小生は何も言えない。どうせ年取っていくんなら、かっこよく取りてえよね。年相応になれないんじゃないかというおそれ。それはおれにもある。

最近のメレンゲ/クボンゲは正直ベストとはいいがたいと思う。観るたびより高みへと昇りつめていた時を知っているから、そうじゃないだろうと思ってしまう。もっとやれるでしょう。観たいのは、聴きたいのはあれだ。


 なんだか何がしたいんだかわからなくなってぼんやり過ごしていた。何か書く以外には何もできない小生である。でも何が書きたかったんだっけ? それがわからない、小説を読んだ。音楽にまつわる小説だ。これだと思った。この熱い思いを書きたい。音楽によってのみ与えられる、圧倒的な力。なにか分厚い壁を何枚も何枚も突き抜け、貫いて、目を潰すような輝きを烈しく放ちながら天へ届くようなもの。それを書きたい。いやまあ音楽だけじゃないけどね。書ききってしまえばこっちのものである。やはり今でも、一生ペンと紙を握りしめていたい。この胸にある火をつねに掻き立て、ペンに注ぎ込み、刻み付けたい。


 ああ、今日は24日だ。志村のことを考える日もある。考えない日もある。だが、その存在はもうとっくにこの自分の生活の中に、人生のなかに基礎づけられているように思う。

誰かを忘れた世界は単調に続いていく。そのずるずるとした連なりに、ひとつ、ひとつ、楔を打ち込んでゆく。静かにしめやかに死したるものを悼むということはしない。烈しく、何度も何度も叩き起こし、思い起こさせよう。それがこの小生のたましずめだ。

  1. 2016/06/24(金) 23:16:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星が目を射て耳を射る | ホーム | 20160619クボノ宵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/675-ecf39fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)