inkblot

憐れなるかな、臆病なる造物主よ 孤独なる神よ


 『TRUMP』を何回か観ていて、ストーリー上どうしても引っかかる箇所がいくつかある。しかし今回観ていてなんだか自分なりに答えを見つけられたような気がした。パンフレットを読んでいると、末満の「周囲に迷惑をかけたり気を使わせてばかりいる、臆病で身勝手で、孤独な「神様」」という文が目に留まった。クラウスだ。そこからさらに理解が進んだ気がする。的外れかもしれないが、ちょっと書き出してみようか。

 まずひとつめは、なぜクラウスはウルにかたくなに永遠の命を与えようとせず、ただ見殺しにするのかということである。「君からはいい匂いがしないんだ、懐かしい匂いが」という台詞が象徴するように、クラウスにはもはやアレンの血しか見えていない。だがそれは理由のうちのひとつでしかないだろう。それだけではない。

 クラウスはおそれているのだ。ソフィはアレンの血をひく、クラウスに遺された最後のアレンのよすがではあるけれども、しかしクラウスが手に入れられなかった永遠の友=アレンではない。だがそれを認めてしまえば、クラウスは壊れるしかない。その現実のほころびこそがウルなのだ。ソフィの友はクラウスではない。ウルこそがソフィのたったひとりの友であり、二人が生き永らえればそこにクラウスの入り込む余地はない。もちろん、イニシアチブを掌握すれば繭期の少年たちを意のままにすることなど容易いが、それだけはしてはならない。後に残るものは死を超えた絶望だけになるだろう。

 ウルがいてはソフィはアレンにはなってくれない。臆病で身勝手なクラウスが今度こそアレンを永遠の友とするには、ウルがいてはいけないのだ。そうしてウルは死に、ソフィはその身にアレンの捨てた「永遠」を結晶させることとなったのではないか。

 もうひとつ。クラウスはなぜソフィに永遠の命を与えておきながら決して会おうとはしないのか。それもやはり彼の心のどうしようもない脆さゆえではないか。アレンに永遠の命を与えようとしたにも関わらず、その答えに動揺し果たせなかった心の弱さ。今度こそアレンの血を引く子を絡めとることは出来たが、その混じりけのない純粋な思い、意志を受け止める心の強さは彼にはない。狂気という殻で崩れかけたおのれの心を抱き集め、自らのしたことから逃げ続けている。終わりなどないのに。この惨めな狂える夜の造物主にとって、永遠の友が今この時も滅びゆく世界に存在しているというだけで十分なのだ。

 憐れなるかな、小さき造物主よ。疎外されし神よ。悲劇は繰り返す。


  1. 2015/11/29(日) 10:42:11|
  2. 映画・舞台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<爆心地 | ホーム | 『TRUMP』 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/669-767cb16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)