inkblot

顔を上げて 黒い目の人 さあ目を開けて 君は強い人


 24日はいろんなものが終わっていく日だな。でもはじまりの日でもある。22日のフジファブリック、はじまりましツアーの六本木に行かせてもらったが、やはり小生も12月24日のもたらしたものをまだまだ探しに行っているんだろう。最高のものを見つけられた。山内はツアータイトルをなんか一生懸命説明していた。ただ、「はじまりましツアーはねー、はじまりましツアーじゃなくてはじまりましツァーなんすよ! もうはじまってんですよ! ・・・あれ?」みたいな感じで日本語としては言ってる本人含め誰も理解できなかったと思うが、だが言いたいことはすごくよく分かる。気がする。山内はへたくそな言葉で、一生懸命感謝や決意を伝えてくれる。そういうところがホントにまぶしい。「10周年っていう節目を迎えて、今さらやめるっていう選択肢はないんで!」と高らかに言い放った。世界一かっこいいアホの子だよ全く。力尽きるまでついて行こう。

 フジの三人にとってもメレンゲクボにとっても、志村の存在は現在進行形で語られるものである。だってずっとそこにいるからね。シンプルで強い理由だ。この人たちはこれからも志村に会わせてくれるんじゃないかと思う。ひこばえのように、そこからはじまっていく音楽だ。それが好きなんだよ。

 もう火曜日くらいからずっとBOCの新譜を繰り返し繰り返し聴いている。CDが届くまでなるたけ耳に入れないようにしていたのだが、金澤先生のラジオを聴いていたら唐突に流れた「コロニー」を聴いてしまってもう無理だった。CD届いたら余計止まんないよな。腹を括ったバンプはやっぱりかっこいい。いろいろ思うところはあるのだが、やはりその時々でまったく違う色に輝く。今日はなんかメレンゲのことで緊張しているので、まるで彼らのことを歌っているように感じる。「コロニー」の幾重にも取り巻く声が繰り返す「側にいて 行かないで 微笑んで 頷いて」というフレーズとかやめてくれという感じである。あと「Hello,world」は主人公がクボに思える。「もう駄目って思ってから わりと何だかやれている 死にきらないくらいに丈夫 何かちょっと恥ずかしい」ってそれぞれにリアルである。「ご自分だけがヒーロー 世界の真ん中で 終わるまで出突っ張り ステージの上」というところで、バンプの唄う「僕らについて」が「Hello,world」なのかもしれないと思った。関係なんかないけどな。

 なんかいろいろ覚悟したり楽観視したりしているのだが、これで今日ヤマザキが「これからはサポートとしてメレンゲを支えて行きます」みたいなことを言い出したらどうしよう。。。という心配をしている。次の藍坊主との2マンでヤマザキがいたらどんな顔していいのかわかんないよなマジで。震 いやいやウソである。そんなことあるはずもない。24日は終わりと始まりのウロボロスの日、笑ってサヨナラできるだろうか。





  1. 2015/04/24(金) 14:32:11|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<20150424 メレンゲ 初恋の掟 その1 | ホーム | この世は死ねない約束づくめだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/659-f2fb3651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)