inkblot

ノート:空を飛ぶ


 桜が咲くと手紙が書きたくなる。志村のせいだ。

 ところでこの間、宮崎駿の『風立ちぬ』を観た。うちのロマンチックおじさんもよく言うのだが、宮崎駿の作品では必ず「空を飛ぶ」というモチーフが出てくる。繰り返し繰り返し、彼はそれを描く。それは少年の夢そのものなのだろう。『風立ちぬ』を観て、空を飛ぶ夢とは何なのだろうと思った。志村の詞にもホントによく飛ぶモチーフが出てくる。昔めちゃめちゃ数えたからな。

 だが注意深く眺めてみると、なんかどれも実際は飛べていない。あくまで現実は「蒼い鳥」なのである。あんなにいい曲なのに「シェリー」が未発表曲のままでお蔵入りしたのもうなずける。わざわざレコーディングまでして出さなかったのではなく、出せなかったのだ。まだリアルになっていなかったから。あの曲は志村のリアルになりきれなくて、ウソのまま宙ぶらりんになっていたのだ。あの曲がリアルになった未来が観たかった。それはあったんじゃないかと思う。でもそれは今になっては言っても仕方のないことなんだろうか。

 ただね、興味深いことに志村がいなくなった後で、志村のまわりの何人かのミュージシャンが志村を飛ばしているのである。それはどの曲か。奥田民生「えんえんととんでいく」、メレンゲ「火の鳥」だ。あとはGREAT3とかトライセラトップスとかが志村の歌を書いているが、それらには飛ぶモチーフがない。そして3人のフジファブリックはそもそもベクトルが違う。彼らの曲は志村へと向かっていくのではなく、志村から始まっているのだ。フジファブリックにとって志村は絶対に他者にはなり得ない。だから他者としてすくい上げるようなやり方は取りようがないのだ。どうです、かっこいいでしょう、フジファブリック。

 あの鳥を南方の、どこか懐かしい楽園へと飛ばした民生ちゃんと、蒼い鳥を不死の鳥へと生まれ変わらせたクボンゲ。どちらも優れた鎮魂歌(レクイエム)ではないか。なんか若いバンドが「フジファブリック好きです!」とかこぞって言うのをきくと、心の狭い小生は「好きの格が違うんじゃボケェ!!! 好きって言っていいのはこういう人たちじゃボケェ!!!」と思ってしまうので、なんかもうちょい「自分そんなん言える資格ないっすけど。。。」みたいな感じで言ってほしい。まあジョークである。そういうこと言ってる若いバンドもそれなりに聴いてるからね。

 ところで話は戻るが、「空を飛ぶ」ということは志村にとって何なのか。それは逃げ出したいという願望だと思う。逃げるという言葉にすぐマイナスのイメージを見出さないでいただきたい。逃げるという行為は、とても立派で伝統的でなおかつ多くの場合、非常に有効な戦略である。どんな生きものでも、基本戦略は大体逃げることではないか。だから志村も逃げてもよかったんだよ。そう、逃げてもよかった。


  1. 2015/03/25(水) 00:08:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<七色はいらない | ホーム | さよなら さよなら 借りてた夢は返すよ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/30(月) 17:54:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 志村君の音楽

コメントありがとうございます。

そういうことを教えてもらうとめちゃめちゃ嬉しいです。昔の記事とかやっぱ今みると大分恥ずかしいですが、こういうこともあるなら晒しといてよかったなと思えますな。。。こちらこそどうもありがとうございます。

「湖の伝説」、そんなちゃんと読んでもらってたんですね。小説なんか誰も読んでいないと思っていた。。分かりにくいと思って消しましたが、抜いても結局分かりにくいし抜くと余計据わりの悪い感じもしますな。元のデータは抜いてないままだから、やっぱり戻そうか。。ちなみにこの話は、兵藤裕己先生の語り物の議論をぼんやり反芻しながら書いた記憶があります。そしてこれも名前は結構ない頭をひねりました。若君の名前はあんまり気に入ってないけども、側近たちの名前はそれなりに気に入っております。笑 

更新頻度はどうなるかさっぱり分かりませんが、よろしくお願いします。よければまたコメントください。やる気が出ます。笑 

  1. 2015/04/03(金) 03:19:55 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/654-27d77b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)