inkblot

20150211 メレンゲ CAMPFIRE TOUR FINAL at Zepp Diver City


なんかなかなか書き終わらないので途中だがいったん載せておく。ちょっとずつ書き足していくかもしれない。ところでナタリーのレポはなんか結構間違えてるよな。




 行って来た。お台場とかホントにくそほどに用のない場所である。もうダイバーシティの中とか、たぶん日本人よかアジア人旅行客の方が多い、あとカップル親子連れが多い。もう中入るまでペッシャペシャだったが、会場に入ると、上空に漂っている靄(スモーク)に照明が差し込んで、まるで赤黄色のオーロラのようだった。はじまる前からこの上なく美しい。2011年4月30日の渋公を思い出していた。震災の直後だったが、まだあまり使われていなかったLEDを照明に多用していて本当に美しい世界観だった。全く耽美的とかではないが、照明や音響といった空間の作り方からうかがえるクボの美意識が好きだ。

 SEは「CAMPFIRE」のイントロだ。深遠で微かな音の響きが空間を満たす。下手からメンバーが姿を現す。サポートの松江と皆川、メンバーのヤマザキ、タケシタ、そしてクボがそれぞれの楽器を手に取る。クボの手には飴色のテレキャス、松江は蒼いシタールギターのストラップを肩に掛けた。暗がりのなか、おもむろにクボがテレキャスにピックを振り下ろして歌い出す。「CAMPFIRE」。物語とは、供犠である。勝手に口をついて出るモノの語りこそが、畏れ多きモノへの供物となる。モノとはカミかもしれない、死者かもしれない。歌うその声は、その言葉はいったい誰のものなのか。ライブという供犠の場が、この曲によって幕を開ける。クボの声は張り詰めている。緊張でガチガチの声ではない。ギリギリまで抱え込んでいたものが、燃える炎の仄かな明かりに見守られながらあふれ出していく。あふれきったものがふっと微かな煙だけを残して吹き消される。暗闇のなかで「ありがとう」というMCがぽっと灯った。

 「グレゴリー」。フェイクを入れていて驚いた。苦手だって言ってたよな。どこか危ういフェイクである。「僕らについて」。「いざエモーショナル」というあたりで声が詰まってしまうのが個人的に残念だ。「ライカ」。へなちょこプログレのグル―ヴも増してきているな。続けて「アンカーリング」。リリース前に初めて聴いた時からすると、かなりものにしている感覚があった。そしてこちら側にも染み込んできた気がする。

 MCは息も絶え絶えという感じである。大きいハコでのワンマンは大体めちゃくちゃ緊張しているのでいつもこんな感じである。にやにやしながら「変わろうと思えば、人は変われるらしいです」と言って、「エース」。伝聞なのかよ。笑 しかし最近のクボンゲは曲の前振りとか意識してやるようになったな。ちょっと前までそんな高度なことはできなかったのに。すごい進歩である。まあまだ日本語怪しいけどな。

 ヤイリの前から持っているアコギに持ち替えて「魔法」。かなりフェイクしようとしている。最後のサビでは「何も無い約束」でフェイクして、「もっと近づけるように」というところで伸ばしてためる訳だが、伸ばした高音をおもくそはずしてめちゃめちゃ決まり悪そうに咳払いし、残りを歌っていた。

 クボがギターを置く。
「夢をかなえたのか、まだ夢を追いかけてるのか、、よくわかんないですけど。。でももう少しやりたいと思います。・・・ありがとうございます」という風にたどたどしく話して、緑の光があふれる。ステージ奥の壁は丸めて伸ばした紙のようなシボが入っていて、緑色の照明と皺の作り出す陰影が木々のようだった。ハンドマイクで「夢の続き」。2011年の渋公からすると、やはりギターを持っていない時の動き方が分かってきている。

 曲が終わるとクボはアコギを持ち、タケシタもベースを持ち替え、「じゃあそろそろ席についてもらって。。。」みたいなことを言い出す。メレンゲはわざわざ座席指定のハコとか、今はなきAXに椅子を並べておきながら「座るな」と言い出す頭のおかしいバンドである。なんかの罠かなと思っていると、クボが話し始める。

「せっかく椅子もあるんで。。。みんなに座ってもらって、ゆっくり聴ける時間も作りたいなーと思って。。。。。まあでも、またあげてくんで、そしたら。。。」
「空気読んでもらってね。笑 」
「せっかくなんで、最近全然やってない、めずらしい曲をやろうかなと。。。」

アコースティックセットではじまったのは「ムカデノエキ」。マジか。アコギでアルペジオを爪弾きながら音源そのままの歌い方で歌う。まるでタイムカプセルのようにあのままの世界が広がっていく。アレンジはより精緻だ。「街はちょっと早送り」というところで演奏がちょっと止めるところがいい。

クボ:曲を作る時に、最初のころは自分の地元を、地元の風景を思い浮かべてたんですけど、、、えー、、、最近はもう東京のことばっかで。。。東京に染まって。。。。。東京に汚されて。。。。。。
タケシタ:汚されたって言うなよ!苦笑 
クボ:でもこの「ムカデノエキ」という曲は、、あの、最寄りの駅の線路がムカデっぽいなーってところから出来たんですけど。。。阪急××駅っていう駅で、、、すごいいいとこなんで、よかったら行ってみてください。。。

 実家の最寄りってそっちか! くそ、某所までは行ったことあるが手前で降りて行かなかった! ぬかったッ! だがなるほど。今度関西に行く用事があったらついでにあのあたりを歩いて空気感を確かめてみたいものである。ところで最寄りが分かったからってみんな実家突き止めたりするなよ! 

皆川神の長いイントロから「東京にいる理由」。松江はフラットバックのマンドリンに持ち替えている。

  1. 2015/02/27(金) 15:32:21|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<滅びへと今もパレードは続く | ホーム | 20150224>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/06(金) 22:04:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。

いやあ、実生活では身長も年齢も低くみられるんですが活字では盛れてますかね。善哉善哉。

あー。。なんかつれえ。。。まあでも所詮脱退ですよ、解散とかじゃないんで!土気色 

最寄り駅、行ったらどんなか教えてください。。笑 
  1. 2015/03/14(土) 02:47:54 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/647-1242de91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)