inkblot

君が歌ってよ


 アンディモリがとうとう最期の火をともす。なんだかありがたいことに観れることになりそうなので、もういちど語ることを許されたような気分になっている。大阪の空はよく晴れていたみたいだな。。。まあ観てないから知らないが、きっとあの男は飛行機みたいに現れて、あっという間に驚くべき軽やかさで目の前を飛び去って行ったんだろう。人々の心にだけ、飛行機雲が残像のように残されたんだろう。日曜日の東京もきっとよく晴れるだろうな。

 ライブとは別に、なんだか最近やたらと心がアンディモリを求めている。昨日、日文の事務室に注文していた本を受け取りながら、「これ以上社会が悪くなったら、こんな本を持っているやつは捕まりますよ。大逆罪ですよ。うちの先生も捕まりますね。研究対象が反国家的だから」とか無駄口を叩いていたらウケた。注文してた本は『国家に抗する社会』だからね。冗談はさておき、小生は国家が自明のものだとは思えない。本当はなくてもいいんじゃないか。ない方がいいんじゃないか。疑っている。大体それ以外のあり方を認めないような世界観の刷り込みが心底嫌だ。とりあえず自分で調べて考えてみるよ。でもなんかすごくインチキくさい。

 しかしこんな冗談に何だかガラスの破片のような、危うい真実味がまじっているように思えるのは気のせいだろうか。今の「日本」という「国家」は、確実に第二次世界大戦よりのちの平和をかりそめのものであったと告げようとしている。もうこのまま行くとマジでこんなこと書いてると捕まるような日が来るだろう。どう見ても最悪の社会である。ひどいひどいとは思っていたが、ここまでひどくなるとは思いもしなかった。新聞というゆがんだ窓から社会を覗いて、行き場のない憤りを持てあますことに倦みつかれた小学生のあの日から、今までのツケが一気にやってきたような気分だ。そう、我々はもはやノンポリではいられない。いや、本当は最初からそんな無責任なことを言っていてはいけなかったのだ。世界に権力が芽生え、国家の発生を慎重に避けてきた社会がそれに屈した時、運命はとっくに決まっていた。

 とは言え、サボってきたので政治なんかさっぱりわからんし、選挙のたびに一夜漬けみたくなっている。こんな最悪の社会に、ごまかさずに素朴な疑問のナイフを突き立ててくれる男がいたじゃないか。小山田壮平。あんたなら、今の社会でどんな歌を歌ってくれるんだい。音楽が政治を切り裂いたっていいじゃないか。あんたの歌が聴きたい。君が歌ってよ。

 そう思っている。心からあの高らかな歌が聴きたい。



  1. 2014/07/23(水) 01:04:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<眠りの森 | ホーム | 20140710>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/627-a854cc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)