inkblot

『僕らについて』

 メレンゲの移籍後3枚目のシングルにして、松本大洋原作のアニメ『ピンポン』のエンディング・テーマである。ノイタミナといえば、ソニーのアーティストがOP・EDを担当するのは当たり前なのだが、『ピンポン』がアニメ化するタイミングでメレンゲがワーナーから既にソニーに移籍していたというのは運命かもしれない。

 『ピンポン』といえば、やはり評価の高い実写版の影が避けようもなくついてまわる。それはアニメのストーリーだけでなく、音楽についても言えることだ。スーパーカー。『HIGH VISION』期のエレクトロニカに深く傾倒した、あのイメージ。その正当な後継者こそ、メレンゲだ。スーパーカーにおいて、ひねくれた蒼い詞と電子的なサウンドの幸福な結婚は叶わず、危うい均衡は破れ、後には青春の墓標のごとき苦さだけが残った。しかしメレンゲは、スーパーカーが果たせなかった夢を易々と手に取ることができる潜在的才能を持つ。下らない言葉を重ねるまでもない。「July」を聴いてみてほしい。あるいは「スターライト」、「ふきのとう」を。歌の前に何ひとつ言うべきことはない。

 メレンゲというバンドが目指す理想というのは、初期グレイプバインのような毒を含みながら洗練されたポップさだったが、その一方でクボの宅録時代から長くエレクトロニカへの志向を持ち続けていた。『ギンガ』以来、たまに表に顔を覗かせつつも、それは地下水脈のように血のようにメレンゲに流れている。

 だが、メレンゲはあまりおおっぴらにエレクトロニカに傾きたがらない。『アポリア』リリース時のツアーでは既発曲がかなりエレクトロ寄りのアレンジを施され、当時はそれがメレンゲにおけるエレクトロニカの時代の到来を予感させるもののように思えた。実際は次作『ミュージックシーン』ではどちらかというとダンス寄りになっていく訳で、期待は潰えた訳だが。嫌いではない、むしろ好きだが理由があって自由にやれないので、時々形にしてガス抜きをしているような印象も受ける。

 なぜメレンゲはエレクトロニカの志向を持ちながら、それでいてどこかその志向を抑圧するのか。それはエレクトロニカに傾きすぎるとポップネスが失われるからではないか。メレンゲ≒クボの作る曲はクボ自身が語るように、「マニアックであっても最終的にポップに着地するもの」である。エレクトロニカというマニアックなジャンルへの志向を解放してしまうと、規範(ルール)を超えて欲望が加速してしまうのではないか。そんな危惧があるという可能性もある。

 それに、メロディーメーカーとしてのクボの素質がエレクトロニカを超えているということもあるだろう。「うつし絵」は新垣結衣のバージョンがクボのデモにかなり忠実なものだというが、それは宅録の閉塞感があって、電子音の静謐な檻のようである。アレンジはメロディに翼を広げる隙を与えない。優しく翼をもいでいる。メレンゲの島田昌典によるアレンジで、メロディはようやくその威容を顕す。「うつし絵」を聴く限り、クボの深い部分に根付いているエレクトロの志向性がメロディの豊かさを半ば殺してしまう可能性というのはあり得ると思う。

 しかし、「僕らについて」はそうではない。Aメロ出だしの「赤い陽が僕を睨む様」というフレーズは詞も歌い方もフジファブリックを思わせる。冒頭から兆しを見せながら、サビで一気に平熱の現実を超えるマジックリアリズムが発動する。圧縮され、断片的にしか語られない壮大な物語が想像力を強く刺激する。クボはペコやスマイルを我が身に依りつかせて語るが、いつしか彼らを呑みこんで「僕ら」として語り始める。ペコとスマイルはどこか溶け合っている。クボは彼らを呑みこむ。そのクボは自身がヒーローへと変貌を遂げつつも、ヒーローの再来を待ちわびている。語り手の声と、溶け残った声が同時に響いている。不思議だ。どこか浮遊感があるなかで「拍手のルーティン」というフレーズの殺傷力がメレンゲの本性をむき出しにしている。

 「僕らについて」はふたつのバージョンが存在する。『初恋サンセット』から再び益子樹を迎えた「”あのヒーローと” 僕らについて」=エレクトロバージョン、そしてコーラスにBiS、アレンジにBiSのプロデュースチームを迎えた「”あの夜明け前の” 僕らについて」=バンドバージョンだ。前者についてはもういいだろう。後者はBiSというイロモノアイドルのインパクトが一見強いが、聴けば色眼鏡はすぐに剥がれ落ちてしまう。もともとどこかチープなシンセのストリングスを好むバンドだが、このシリアスなシンセストリングスの使い方はいつもとは少し違って新鮮だ。BiSのコーラスは細く透き通ってかわいらしいが、それゆえにどこか無表情で嘘臭い。その嘘臭さがいい。それらに支えられたボーカルは冷徹な計算を軽く超えて感情を孕む。「いざエモーショナル」、まさに。

 エレクトロサウンドと斜に構えた歌詞と蒼い声の奇跡的な三位一体。それがあっさりと成し遂げられる。たとえスーパーカーが解散しなかったとしても、ここまで美しい形まで高められていただろうか。疑わしく思う。メレンゲは見えない怪物だ。その片鱗が見えただろうか。不可視化の呪いは今、ほころび始めている。

 そしてこのシングルには初回盤が存在する。パッケージは驚くべきことにDVDの方に主眼を置いた形になっており、渋公ライブを形にして世に出すということを明らかに意識して、非常に丁寧に作られている。単なる付属DVDではない。内容はシングルの制約を受けているものの、7曲が収められ、ディレクターはフジファブリックの数々の映像を手掛けた須藤中也、先の4月に出た2006年の渋公ライブにどこか似た世界観で、非常にクオリティの高い映像だ。メレンゲの映像でこのクオリティは今までなかったのではないか。そしてまた、このクオリティで残すにふさわしいライブである。

 音をはずす場面も、歌詞を飛ばす場面もあるが、それすらも愛すべき点のように思えるから不思議だ。その一方で、クボの表情や挙動は頼りなく危うい。明らかに緊張しているし、べそもかいている。凄まじい覚悟とともにヒーローを引き受けてステージに立っている男のペルソナが剥げかける瞬間瞬間のリアル。ライブとその見えにくい個人的なドラマの二層構造がこのDVDにはある。これはダウンロードでも通常盤でもダメだ。初回盤しかない。でなければ損をする。しかしどうやら既に多くの人がそれに気づいているらしい。ツイッターに「品切れ」の文字が踊る。急げ、聴け、見よ。まだ間に合うが、いつ間に合わなくなるかは分からない。そしてそれはこれからいくらもしないうちのことだろう。

  1. 2014/05/31(土) 03:06:30|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<天才だけに許された | ホーム | 20140524>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/31(土) 09:13:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/06/04(水) 15:26:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。もう一ヶ月くらい経ってしまった。。。絶望 あとピンポン終わってしまった。。。絶望 最終回やってた時、多分バイトしてたな。。。あんな不測の事態が起こらなければリアルタイムで観てたんだが! そしてまだ観れていない!怒 ロマンチックおじさんの課題が終わったら観るっす! これで終わりか。。。切ない。。。ついでにリアル地元でも観光客が減ってくれればいいんだが。。でも片瀬とか鵠沼のあたりは江ノ島と富士山がばっちり見えるんで、近くまで来たら寄ってください。笑 

 ロマンチックおじさんかっこいいんすよ。真顔 いや、見た目じゃなくて中身が。ホント歩く宝箱っすよ。たまにマイクのコードに絡まってますが。部屋も宝の山だしなあ。この間「犬を飼ってる」と言ってたのでチワワだったら笑い死ぬと震えましたが、違う犬種だったのでホッとしました。チワワはヤバい、チワワは! ペットは飼い主に似るっていうがマジでそれ以前の話じゃねえか! おじさんはどうやらダックスにナメられているらしい。。。一部の学生たちに「ああ見えてドS」と恐れられている癖に犬にナメられているのがやっぱりロマンチックおじさんですな。。。

渋公。。。書いてるんすよ! ざっと「アルカディア」くらいっすかね。。。MCの再構成とかに結構色々かかるんすよね。。しかし遅い。。。絶望 インストアも行ってきましたが、クボンゲに笑われて帰って来たのでやる気が出ない。。(ウソ) ただおっさんたち、次のシングルの準備で忙しいみたいっすね。少なくとも今年中には出るな。雑 

 万年筆! 左利きは大変ですな。そういやクボンゲも矯正されたのか何なのかもう聴き腕がぐちゃぐちゃだよな。。ちなみに万年筆はどんなペンでもメーカがやっているペンクリニック(大体無料)というのに持っていくとその場で調整してくれるので、特注のペンでなくても左利きに合わせることはできると思うっすよ。セーラー万年筆のペンクリニックはどこのメーカのペンでも大体みてくれるし、日時がサイトで確認できるのでいいっす。あとはパイロットとかセーラーの元社員さんその他がやってますな。後者は開催する文房具店が告知する感じが多い。もしそういうのに出くわしたら是非! 小生もなんかにかこつけて一本買いたいっすね。。。金欠 

 なんか記事も下書きばっかたまっていくのはよくないっすね。もっと書かねば。つまんねーことしか書いてないのに読んでもらってありがたいっす! 
  1. 2014/06/24(火) 00:47:38 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/621-4418950b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)