inkblot

天才だけに許された

 クボキングダムは観たのだが、その日はロマンチックおじさんの授業の発表のために徹夜したせいでぶっちゃけもうその時間には寝かかっていて内容はほとんど覚えていない。まあヤマンゲがすげー穏やかな顔でサソリだの蚕だのを食った後に、ツヨンゲが鬼のような形相でそれを食っていたのはなんか覚えている。嫌なら食うなよ! あとクボンゲの帽子はやっぱ変だよなと思ったことくらいしか思い出せない。

 そんな感じだが、一個強烈におぼえていることがある。「僕らについて」に関して話しているなかで、クボが「天才だけに許された努力という権利」と、恥ずかしいのをごまかしているような覇気のない様子で言ったこと。その時、小生は笑みの消し飛んだ苦笑いのような顔でそれを聴いていた。

 いやはや。凄まじいことをさらっと言うな。まあ確かに真理である。しかし努力が天才だけに許されるのは高度な勝ち負けの世界の話である。そして個人的にはそれが好きじゃないので、今まですり抜けるようにして逃げてきた。時間の無駄無駄。そんなに勝ちがほしくばくれてやる。ホラホラ小生は弱い、負かす意味もない。じゃあここら辺で失礼。そんな感じである。クボンゲも同じような感じだっただろう。けれども、実際は勝ち負けのない世界なんかないのである。最近少しずつ分かってきた。結局常に何かを押しのけているし、いちいちうんざりするほど勝敗がおのずと決められていく。ホントにうんざりだ。

 そこへ出て行く。何も信じていない顔で、未だにホームラン打つ気もないようにしか見えないが、どうやら現実だけはいやに冷徹に理解している。あんたは許された人間なんだから当たり前だ。初めから勝算はあったのである。全部律儀に引き受ける必要はないだろう。すり抜けながら大事な勝負にだけ挑めばいい。彼はいつの間にか重い腰を上げつつある。

 いいよなあ、才能あるやつはなあ。しかし小生は手に石ころひとつしかない。透かしてみれば、ちょっと透き通ったようなところもあるがまあ十中八九クズ石だろう。となると努力は許されない訳だが、それは困る。とりあえず勝ち残ることは二の次で、別の目標を目指していきたいね。努力も苦手なんだが、そもそも努力自体もひとつの才能だからな。許されたからといって誰でも出来る訳ではない。どう世界と切り結んでいけばいいのか。考えなくてはならない。

  1. 2014/06/11(水) 00:11:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<20140624 | ホーム | 『僕らについて』>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/04(金) 18:00:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/08(火) 20:07:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 那覇の日 

あざす! 小生の誕生日は七夕のロスタイムというか、まあ納豆の日よかはエレガントなんで。。笑 

フレンドパークの走り書きしてるんですが、早く載せたいっすね。キリがないから一番言いたいことを書こう。本当にいいライブだった。

万年筆あざす! セーラーのどれですか? ほしくず? 小生はちょうどプロフィットを買おうか考えてたっす。参考にするので教えてください! 

そういやアンディ外れましたね。。。シロップは地方だが取れました。まだ全然実感わかなすぎて「地方かよ」みたいな感じですが、、、

ホントこういう風に祝ってもらってうれしはづかしっすね。頑張らなくては。

  1. 2014/07/10(木) 07:11:08 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/11(金) 18:02:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/619-92b24afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)