inkblot

ロマンチックおじさんのこと

 小生の今の先生をロマンチックおじさんと言う。本人に言ったら確実にいじめられるのでこれは秘密のあだ名である。しかしなぜロマンチックおじさんなのか。いや、これが実に文章の上手い人なのである。とても豊かな文学的感性の持ち主で、先生の文章や研究はすべてそこに深く根ざしている。まあジブリが好きだったり、息子に買ってあげたファミコンのドラクエに自分がはまってしまい、3ヶ月廃人生活を送った人であると言った方が分かりやすいか。小生はもともとロマンチックおじさんの書く文章や問題意識が好きで、まあ遠い大学の先生だったからそれっきりだったのだが、いつの間にかこっちに引っ越してきていたので、これさいわいとラブレターを書き送って入れてもらったというわけである。ポエムを送ってから会いに行ったら、ラブレターに目をやりながらニコニコしていたので大変恥ずかしかった。だがなんか面白がっていたようである。

 しかし小生は魔法使いの弟子にでもなったような気持ちでいる。ロマンチックおじさんはぽつり、ぽつりと詩を読むように、呟くように話す。いくらか高くてちょっとかすれた、細い声でやや舌ったらずでもある。先生がちょうど10分遅れてやって来てハンドアウトを配り、時計を外し、「はじめます」と言った瞬間にもう、引きこまれてしまう。異端の学者が声ひとつで忘れ去られていた世界の扉を解き放っていく。もう一語一句たりとも聴き逃したくはない。当たり前だ。

 おじさんはシャイでどこか夢見がちな少年がそのまま真っ当に成長した感じの人である。学生をボコボコにすることもままあるので一部ではドSと恐れられているが、ちゃんと人を見て指導しているだけだ。ぶっちゃけ研究一筋の人で指導は期待しない方がいいだろうと思っていたが、とんでもない。指導の腕も確かだ。学問柄もあるんだろう。骨組を見透かすようにすべてを把握して、よいところは褒め、直すべきところは淡々と指摘する。この人に欠点をつつかれてもヘコまないのは、先生のまなざしがいつも温かいからだろうな。情けない優しさではない。これまで何かを守ったり手を引いてきただろう、しっかりした優しさである。多分先生は人の親として教壇に立っている。そんな研究者、今まで会ったことがなかった。助けが必要な人々に注ぐまなざしのあたたかさの奥には、「自分には手を差し伸べる義務がある」という強い自覚がある。小生はここで初めて、目指すべき「大人」を見つけたのかもしれない。どちらかと言えば小柄で、至って平凡な外見のおじさんである。しかしその中には途方もなく豊かなものが詰まっている。通い出してしばらく、小生にはロマンチックおじさんが歩く宝箱に見えた。マジである。

 ロマンチックおじさんは恥ずかしがり屋のくせにお茶目な人でもある。この間は何かの拍子に河童の話になったところ、急に目を輝かせて中国人留学生に「河童はいるんだよ! ウソじゃないよ、ホントだからな!」と言いだして信じさせようとしていた。バレバレである。また別の日、14時くらいに用があって先輩と研究室に言ったら、めっちゃキャラメルをもぐもぐしているところで、「おやつタイムに遭遇してしまった・・・!」と衝撃で立ち尽くしていたらいたずらっぽい笑顔でめっちゃピースしてきたこともある。フリーダム! いや、マジでクソカッコいい先生である。

 今日は小生が発表をした。今までと違う学科にもぐり込んだので勝手が分からず、向こうの人にとっては当たり前ではない前提を置いて話を進めてしまって、他の学生はドン引いていたが、小生はそもそもロマンチックおじさんのためだけに発表していたので、言われて初めて気付いたがそうかとしか思わなかった。クソ野郎である。直すべきところを指摘した後、先生はだが着眼点はいい、ぼくにはとても分かりやすい発表でした、と言った。びっくりした。小生は緊張するとどもってロクに日本語がしゃべれない。今までそんなことを言った人は一人もいなかった。当たり前である。なのになんでだ。それから話は進み、課題がいくつか出されたあたりで、誰かのコメントに先生はふっと笑顔になってこう言った。

「そう、それが××学の面白いところなんだよね。ちいさな、ちいさなところに目を留めて、なぜと思う、それを知りたいと思って掬いあげていく。そして、そのちいさなものから大きなものが掘り起こされていく。それが××学です。それをきみにも知ってもらいたいな」

本当に素敵な笑顔だった。先生は本当に心からこの学問が好きで、大切に、誇りに思っていて、手の中の宝石をそっと見せてくれるように小生にそう言ってくれたのだ。大切にしているものを見せてくれた。それがとても嬉しかった。そう、何かを知る、学ぶというのはとても楽しい。小生は今、間違いなく幸福な時間の中にある。先生が分け与えてくれるものを持てるだけ持って行って、いつかは他の誰かに分け与えたい。





  1. 2014/05/15(木) 01:06:15|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<20140520 | ホーム | BOCチャマとフジ金澤先生の共通点に関するちょっとした考察>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/26(月) 02:39:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。どうです、ロマンチックおじさんやっぱかっこいいでしょう?(ドヤ顔) でもおじさんは小生のものなんであげないっすよ!(いらない) 

教えてもらってそれっぽいコメントを捜してみたんですが、もしかして返信すらしてなかったっすかね?脂汗 迷惑コメント以外はきっちり返す気でいるんすけど、もしかしたら漏れがあったのかもしれん。。そうだったらマジですみません! 悪気はないっす! しかし何も思い出せない。。。

あ、別にどっかで紹介してもらってむかついたりはしないんで大丈夫っす! 2ちゃんでへそ曲げたこともありましたが、あの頃は若かったぜ。。。遠い目 

ツイッターとかも、自分基本ただのなんかひとりごと言ってるかわいそうな人なんで、よければ話しかけてもらえると嬉しいっす。笑(特におじさん関係) では! 
  1. 2014/05/31(土) 03:34:50 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/31(土) 09:29:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

すげー今さらですがコメントありがとうございます。ちなみに名前はイツキっす。

前にもらったコメント、見つけましたが普通に敬語だったっすよ。やっぱ返信忘れてたっぽくて申し訳ないっす。苦 何故忘れたのか。。。不覚っす。苦 でもわざとじゃないんで! まあこんなでよかったら今後ともよろしくお願いします! 

ロマンチックおじさんはあげないっす!焦 ダメっすだめっす! 一部では「優しそうに見えて意外とドS」と言われてるんで! おいしくないっす!必死 
  1. 2014/06/24(火) 01:02:57 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/617-e6f895e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)