inkblot

20130414/20130424


  14日

 地元の桜はもうほとんど散ってしまった。なのに風が吹くと、幻のように淡い花びらがどこからともなく運ばれてくる。大学には何種類もの品種が植えられているので、こちらはまだ八重桜だとか知らない種類の桜がウソみたいに満開に咲いていて、頭上から大つぶの花びらが、あるいは粉雪のような花びらが降りしきる。あまりにも非現実的な光景だから、花吹雪の中には妄想もいくらでも入り込む。いくつも膨らんだ妄想の影から誰かがじっと視ている。こっちへ来いと言ったって来やしない。誰も忘れてなんかいないのにすぐにそうやっていじけて引っ込んでしまう。

 今日はフジファブリックのデビュー10周年の日である。上映會もやっているが行けなかった。まあいい。山梨の桜は今が見頃だろうな。去年もそうだった。

 桜の花びらはあの妙に熱っぽい夢の断片だ。それを握り締めてどこまでも行こうという人もいる。取っておいて折に触れて眺める人もいる。どっちでもいいがやれることをやりたい。まだまだ何も足りない。


  24日

 ここ最近、届いた『FAB BOX Ⅱ』を開けて渋公ライブばかり観ている。凱旋ライブはまだ観れない。渋公は楽しく観れるだろうと自信を持っていたが、結局泣いた。もうとっくになくしてしまったものがいくつもそこにあった。

 もういない山内がいる。志村と一緒に死んでしまったギタリストの山内が。今の彼からしたら、まだほとんど背負うもののない幼さのようなものが漂っている。まだどこか眠っているようでもある。小生は彼に、久しぶりに会った。

 志村のギターがとてもよい。彼はギタリストとしても山内に劣らず魅力的である。本当にいいギターを弾く。「ロマネ」のギターソロは白眉である。これがあるせいでどの音源を聴いてもなんだか物足りなくなってしまった。渋公でも特にこの「ロマネ」は擦り切れるほど観た。これからも観るだろう。

 本当に素晴らしいライブである。フジのライブで一本選ぶとしたら間違いなくこれを選ぶ。これがこのように残っているということには非常に重みがある。こんなものがひとつも残らないまま消えていってしまったバンドは星の数ほどいるだろう。ずっと未来まで残るべきものだが、媒体の問題もある。新しい器に無事に移し替えられていけばいいが。小生はそういうことはあまりよく分からないから、やっぱり自分のやれるやり方で何かを残す方法を考えなければならない。今、ここにいる私は素晴らしい過去に送り出されてきた。そして今でもそれらと繋がっている。いつかは新しい人に渡せるだけ渡す時が来る。それは誰でもできるし誰もがやらなくてはならないことだ。左手を過去と繋いで、右手はその先に差し伸べている。


  1. 2014/04/30(水) 21:11:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BOCチャマとフジ金澤先生の共通点に関するちょっとした考察 | ホーム | どうせみんな知っている星>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/615-f9da16e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)