inkblot

プラチナ #3776センチュリー シャルトルブルー

 フジファブリックファンだったらひそかに富士山グッズを集めている人も多いのではないだろうか。世界遺産にもなったので巷に富士山グッズはあふれているが、小生がおすすめしたいのはこれである。





 プラチナ万年筆の#3776という看板モデルである。名前から分かると思うが、「日本一の万年筆」ということで、富士山にあやかって名付けられている。考えてみれば国内メーカで「日本」を売りにした万年筆って蒔絵とかになって何だか外人を意識しすぎたものになるんだよな。日本人として使いづらい。だが#3776は普通に使えるよな。ニブ(ペン先)にも富士山をかたどった模様と「#3776」の刻印が入っている。なかなかイカした万年筆である。



ぶっちゃけ写真とか下手くそなのでリンク先の公式を見てほしいが、こんな感じな。


 プラチナっていうと硬くてインクフローが渋く、なんか使いづらいイメージがあって全然ほしいと思わなかったのだが、ちょっと前にリニューアルして気づいたら凄まじくハイスペックな万年筆に生まれ変わっていた。まずインクフローが豊かになった。柔らかくてどことなくしなしなした独特の書き味もよい。柔らかいニブというと大体つるつるした書き味なので、これはこれで楽しいのである。ニブも定価1万円という低価格(安い所で買えばもっと安い)で14金の大型ニブがついていて太っ腹だ。あとヤバいのがスリップシール機構である。

 万年筆というのは水分の多いインクを使うので、どうしてもペン内部のインクは少しずつ蒸発していく。この煮詰まり方でインクの色合いが微妙に変わっていったりするのも楽しいのだが、ぶっちゃけあまり万年筆を使わない人からしたら、気づいた時にはインクがひからび、洗浄しないと使えない状態、下手したら要修理の状態になっている訳なので、ちっとも嬉しくない訳である。しかしこれが万年筆の宿命なのだ。ヴィンテージのものになるともっと露骨で、ペンのキャップにがっつり穴が開いている。こればっかりはすべての万年筆が避けて通れない現象なはずだった。

 だがスリップシール機構は違う。完全にペンを密閉し、インクの水分の蒸発を許さないのだ。普通の万年筆は数ヶ月でインクが乾くが、こいつのついたペンは2年経っても普通に使えてしまうらしい。マジでプラチナの本気が凄まじすぎて呆れる。そしてこれは普段からゴリゴリ万年筆を使うような手合いにも嬉しい機能なのだ。なぜなら顔料インクが気軽に使えるからである。

 万年筆のインクは、大まかに二つの種類がある。それは染料インクと顔料インクで、前者が大半を占める。前者は色のバリエーションは豊富なのだが、とにかく耐久性が低い。水にも弱いし光にも弱い。だが後者は水にも光にもびくともしない。だが顔料は粒子がデカいため、こまめに手入れをしないと内部機構に詰まって壊れる可能性があるのだ。顔料だから乾いてしまえば、もう水では溶かせないしな。大事なペンにはなかなか使えない。だがスリップシール機構のついている#3776センチュリーはそもそもインクが乾かないので、染料インクと同じように顔料インクが使えるので大変便利である。勉強用のノートはやっぱり耐久性がほしいので助かっている。染料インクでもいくつか耐久性に優れるものはあるんだけどな。パイロットのブルーや、厳密な染料インクではないが、昔ながらの製法で作られているブルーブラック(ペリカンやローラー&クライナーのものなど)は割に丈夫だ。ブルーブラックも詰まる危険性はあるが、ビタミンC水溶液(薬局で売っている)で溶けるらしい。

 顔料インクを使いたいがためにずっとほしかったのだが、買えたのはやっと去年の暮だった。物を増やすとお母さんが怒るのである。。やれやれだぜ。。。そうそう、万年筆はインクの入れ方でメジャーなものとしては、吸入式とカートリッジ式(コンバーターも使える両用式が大半)がある。カートリッジは色の数が限られるし、不経済なので、吸入式かコンバータという、インクを吸い上げる仕組みのついたカートリッジを使った方がよい。#3776は両用式なので、コンバータをつけてプラチナの顔料ブルーを入れている。軸の色はシャルトルブルーにした。青い透明軸である。もともと透明軸はあまり好きではないのだが、黒だとモロにモンブラン(万年筆と言えば誰もが思い浮かべる形のあれである)のパチモンくさいので却下、ワインレッドよりは青がいいのでシャルトルブルーという訳である。だから軸にはそれほど期待していなかったのだが、これがなかなか美しい。深い青なので微かに大型のニブが透けてみえる程度なのだが、それもなんだかシャレオツである。大きさや形も割に手にしっくりくる。

 あと#3776センチュリーは富士五湖シリーズもあるのな。限定品なのでちょっと値段が上がった気がするが、なかなかよさそうだった。第一弾の本栖はもう完売していたが、西はちらほら見る気がするな。そこのフジファンのお嬢さん、おひとつどうっすか。ファブギターとかよか全然実用的っすよ。

 しかしセンチュリー素晴らしい。プラチナすげえ。いつかは中屋(中屋万年筆。プラチナのセレブ部門)がほしいとは常々思っていたが、プラチナもいいな。普通にもう一本赤インク用とかでブルゴーニュ(ワインレッドの透明軸)があってもいい。プラチナ最高! とか言いつつ、国産万年筆で一番好きなのはパイロット エラボーなんだけどな。まあその話はまた次回。


  1. 2014/01/29(水) 10:35:52|
  2. 万年筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013.10.28 BUMP OF CHICKEN TOUR WILLPOLIS live at 日本武道館 その1 | ホーム | 201301後半>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/596-7afe09d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)