inkblot

2013.11.23 フジファブリック FAB STEP TOUR final at ZEPP TOKYO その1

 冬のゼップはいろいろ思いだしてしまう。あの12月のゼップ、あの3月のゼップ。ステージの奥には針のような照明が微かに琥珀色の光を放っている。でたらめに突き出した結晶のように見えた。

 抑えた曲調のSEに被さって別のSEがかかり、次第に音量を増していく。客電が消え、手拍子が起こる。蒼い光の中、下手からメンバーが出て来る。微かなシンセの音が立ち上る。「フラッシュダンス」だ。一番奥の鍵盤を弾いてこっちを向く金澤先生の動きがあざとい。山内総一郎の顔には照明が当たらない。どんな顔をしているのかはほとんど分からなかった。曲調は静かだが、BPMは速い。それが蒼い緊迫感を生む。

 シンセから二曲目が立ち上がっていく。「Hello」だ。七色のレーザーが放射される。山内は静かに歌っている。いつもより声が太くないか。いい声だ。照明が明るくなったので顔が見えた。にこやかである。金沢で観た、あの初日のプレッシャーに押しつぶされているようなやつれた顔ではない。心の痛みがひとつも表われていない、綺麗な顔である。山内は全部顔に出るからな。素直というか無防備な人なんだろう。肉体的な疲労や精神的な憔悴がモロに出たあのひどい顔を観るたびに、傷んだ水蜜桃を思い浮べる。その水蜜桃は上等で、そこにあるだけで素晴らしく心が満たされるような色味や匂いや形を備えているが、一箇所だけ、その繊細な肉が傷付いて黒い痣になっている。水蜜桃は守られて命を終えるべきものなのに、どこで誰がこんな痣を作る隙を許したのか。そんなものを観るような痛ましい気持ちになる。だがよかった。今日は大丈夫だ。まばゆい照明を見上げて、楽しそうに笑っている。

 三曲目は「Mystery Tour」だ。細い微かなスポットライトがマイクスタンドだけをキラキラと浮かび上がらせている。Daft Punkの「Get Lucky」を思い出す。あんなにピカピカはしていないが、暗闇に微かに輪郭だけが蒼白く浮かんでいるようなイメージがこの曲にはある。怪しい曲である。声がよく出てるな。間奏がまたなんかすごくなっていた。白いスポットライトが幾重にもかとをさんに当たって、山内がめっちゃ笑っていたのはこの時だっけか。割と音源では暗闇で蠢いているようなイメージが強かったが、ゼップでは明るく響いた。

 暗転し、山内が暗闇でギターを持ち替えている。明転すると、山内は白いエレクトリック・シタールを持っている。山内が身じろぎして、そのつややかな丸みを光が撫でる。

「どうも~こんばんは~フジファブリックで~す!」

 笑顔でダブルピースを強調する。ゆるい。ダブルピースが耳を立てないキツネみたいな動きに変わる。オーディエンスもまねをする。山内は楽しそうに爆笑している。最初、昔の藤原みたいに手のひらを折りたたんでぱたぱたさせる、あの変な手の振り方をしているのかと思った。そういや、もう藤原もあんな手の振り方はしないな。ちょっと寂しい。

 ドラムが始まり、ぷよぷよした鍵盤がそこに乗っかる。音源にはないイントロで始まったのは「パッション・フルーツ」である。パッションフルーツのように、視界も赤く染まる。エレクトリック・シタールが軽やかにステップを踏んで行く。なんだよ、くそカッコいいな。

 エレクトリック・シタールを持ったまま、「しかたがないね」。イントロのリフがびよびよしながらも伸びやかでやはりカッコいい。あのふわふわしたやつがこんな豊かに楽器を鳴らすというのがとても不思議だ。ライブだとBメロからサビまでのボーカルがなんだか音を外し気味に聴こえるんだが、それも一生懸命さが出ていていい。

 ギターを持ち替えて「Upside Down」。この曲は個人的に赤とそれから青のイメージがあるが、照明は青緑だった。面白い。間奏前の転調で訳が分からないが圧倒される。山内のソロ、金沢先生のソロもぐちゃぐちゃに絡まっている。

 ここでまたMCがあったように思う。



  1. 2013/12/31(火) 23:52:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<20140107 | ホーム | 20131231>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/593-ceb43e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)