inkblot

『シンメトリア』ディスクレビュー

 
 メレンゲのレーベル移籍後二枚目のシングルである。A面の「シンメトリア」はWOWOWドラマ『LINK』の主題歌である。やはり前作と同様に、A面は疾走感と浮遊感を併せ持った美メロのロックチューンでよそいきのメレンゲで、B面はA面で「求められているもの」を出した分、別のメレンゲらしさ、本性をさらけ出す曲という構成になっている。

 「シンメトリア」は久しぶりにファンタジー色が強い。「今すぐ行くよ 嫌がられても そこら中を引き連れて」という歌詞や疾走感がなんとなく「July」を感じさせる。「July」はライブでのリクエストもそれなりにあった曲だし、「求められているメレンゲ」の曲作りの際に参照された可能性はゼロではない。

 「I need you」「ルッキンフォーラブ」といった恥ずかしいワードはまず(前者は発音、後者は表記が)カタカナ化され、さらに「愚かさ」「安い」という言葉をかぶせられることでボロボロになっている。クリシェの確信犯的な使い方の巧さはやはりクボである。

 しかしクボの書く女の子はかわいい。ヤバいくらいかわいいので、ぜひ小説を書いてもらいたい。とか言ってホントは前から書いてたりするんだろ? 見せてくんねえかな。CAMPFIREで10万くらい出したら掌編かちょっとした短編あたり読ませてもらえるだろうか。。。長編はすぐに飽きて書きかけのやつが溜まってくタイプだろうな。でも掌編・短編はストックがありそうだ。

 PVの女の子はかわいかったが、イメージとは大分違ったな。。「シンメトリア」の女の子は弱虫だけど勝気な女の子なのだ。絶対そうだ。ところでPVで船に夥しい数のスカート吊ってるのは突っ込み損ねた。だが看過されてよいことではない! 

 どちらの曲もギターに本来鍵盤が担うべき音を弾かせているのが面白い。「ギターの音を目立たせなければならない」という頭があるんだと思うが、非常に鍵盤的である。しかし「ライカ」のギターはくそカッコいいな。「ライカ」はメレンゲ流の「地平線を越えて」という気がする。ちなみにパントマイムの人による「ライカ」のおもしろコーラスが聴けるのはライブだけなので、とりあえずまだ渋公のチケットを持ってない人は買いましょう

 頼んでもないのに少し与えられて 後は追い立てられてこんな所に来てしまった。いつだって泣きべそ顔で運命に腹を立てていた巻き尻尾の犬は、色々あって「これが自分の望んだ世界だ」と受け入れて歩き始めた。のかと思えば本音は「夜が明けたら そこから 何か始めようと」なのである。クボさんが強がりばっか言い続けられる人じゃなくてよかったと思うぜ。

 そして詩集である。とてもよかった。普段声のかわいさにまぎれて分かりづらくなっている鋭さがはっきり出ている。これはむしろ曲にならなくていいんじゃないか。古い詩と新しい詩が混じっている。新しい詩はどこか大人びている。

  1. 2013/11/28(木) 19:35:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『シンメトリア』裏レビュー | ホーム | CP対称性の破れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/583-af4cf4f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)