inkblot

アンディとリップスとメレンゲとなんかいろいろ

 この間フレーミングリップスを観て来た。前座がミイラズじゃなくて悲しい。HAPPYとかいうバンドだったが、駄目だなあれは。見た目もチャラいが、中身もチャラいんだよな。うまく言えないが、ガチなミュージシャンはどれだけかっこつけても、どこかがダサい。ぱっと見はチャラいが、ミイラズはガチである。チェコはチャラいな。やっぱチャラい。で、HAPPYなんだが切実な気持ちで音楽をやっている感じでは全くない。人に好かれて当然という顔をしている。

 リップスのステージは前みたいに派手派手な感じではなくなっていたが、よかったな。始まる前に延々と銀色の半球をいくつも重ねてテープでとめ、LEDの入った白いでろでろしたチューブを長々と垂らしていた。これにかなり手間取っていて、ウェインが手伝ったり「遅くね?」みたいな顔をしていた。ウェインはメタリックな蒼いスーツ姿で首のまわりに造花の輪がついている。赤ん坊の人形をあやしながら歌う。もう曲順なんか全然覚えてないんだが、やっぱり「Race For The Prize」「All We Have Is Now」あたりは圧巻だった。あ、「Race For The Prize」はメレンゲ「チーコ」の元ネタな。どれもガッと盛り上げるような感じではなく、ゆっくりと深く歌っていた。ウェインはやってることはクレイジーなアメリカ人の代表みたいなのに、作る歌はなんだか日本人みたいなんだよな。生きるということにウェインが感じている切なさが日本人的というか、日本人にすごくよく分かるものなんだという気がする。

 でも不思議な音楽だった。洋楽だから歌詞にあまり集中する感じじゃなかったというのもあるが、やっぱりトランスっぽいな。光と音楽が一体になっている。ウェインは歌はへなちょこだが、喋っていると割と普通で面白かった。いいMCもするんだが、最後で大体台無しにする。

 どうしても生で聴きたい曲があって、やるんじゃないかと思ってはいたがなかなかやらないので不安になってきたところで聴けた。アンコール一曲目だった。「Do You Realize??」だ。これが一番聴きたかった。なんというか。。。何も言えないな。聴いた、観た、泣いたみたいな感じである。うまく書けないからやめておこう。。しかしいいライブだった。

 そういや、入場の時に後藤を見かけた。チビの方ではない。元アンディモリの後藤大樹である。小山田がかわいがっていた清水健太とかいうのと一緒に居た。最初赤い服を着た清水が目に入っておっ、こいつはみたことがあるなと思ったんだが、そうでなかったらあまりに地味過ぎて気付かなかったと思う。気付いてからもあまりに地味なのでチョコを食いながら本当にそうかとガン見してしまった。冴えない顔だった。髪は短い。清水はなんだか顔色が悪かった。くすんだ感じの二人組だった。それを見て、小山田のことを考えた。静かな暮らしの中でなんとなく生きられているだろうか。もうすぐ穴埋め的なリリースがあるがなんだかな。。

 まあやめよう。メレンゲのことでも考えるか。来年に渋公である。もう即行で先行申し込んだよな。だが移籍後初ワンマンを渋公で、というのは気持ちはすごくよく分かるがはっきり言ってかなりの博打だ。分かってやってるんだと思うが。半年目立ったライブをしないってことだからな。バンドにおけるライブと物販の収入というのもかなり大きいから、ファンを引きずり込む手段と大きな収入を投げ捨てたことになる。多分ファンの多くはバンドを長く続けてほしいと思っているだろうが、メレンゲはそうじゃないのか。「次の予定は何も決まっていない、どうなるかは何も分からない、だから今を観てほしい」って言うのはどうなのか。いつだって全力で観に行ってるんだぜ、なめんなよな。つうかそもそもメレンゲは危ない方が普通なバンドなので、そろそろもう少し安心させてほしいんだが。多分メレンゲじゃ「太く短く」は絶対無理だと思うが、ぱっと散るのがかっこいいみたいなのはやめてくれ。続かなきゃ意味がない。もう既に最大の岐路は過ぎているはずだ。分かってるんだろ。もう死ぬまで辞められないし当分は死ねないぜきっと。だからもう少し長期的な視点を持ってほしい。

 だが渋公めちゃめちゃ楽しみだぜ! 出来ればいい席で観たいよな。。DVD化とかされるのか。散々言っといて結局ライブDVDの話はどうなったんだよな。もう予算を言い訳にするんだったら潮音ちゃんみたいにパトロンを募集すればいい。多分きっと沢山集まる。リターン次第では莫大な金が集まるかもしれん。。そういや最近クボキングダムの「要するにクボンゲに色々着せたりなんかさせたりすればいいんだろ」的な露骨さが公式になりつつあって面白いな。笑 分かってるんだったらもっとそれでお金を集めればいいのにな。笑 だからマジでDVD出してください。五体倒地 多分「初ワンマンは渋公で」という意味は、「半年分のライブ製作費をすべて渋公に注ぎ込む」という意味でもあるんじゃないか。だったらライブの資金ももうCampfireで集めようぜ! 
  1. 2013/10/31(木) 17:50:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<共感百景 | ホーム | さよならウィルポリス>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/11/06(水) 23:33:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/11/07(木) 17:56:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。返信めちゃめちゃ遅くて申し訳ない。。。

あー! 志村はチェコとか嫌いだろうな! 間違いない。笑 しかし反対に「ファッションとしてのダサさ」を装うやつらもいますね。そういうのも嫌だな。

武道館最終日! くそっ、それは自慢すか! 悔し、、くはない。。断じて悔しくはない・・・ッ! いや、なんでもないすよ。「ray」なあ。。。リハ含めたら生で聴いたのは一回ではないよな。曲を聴いているとふとその曲が出たあたりの空気を思い出したりするが、今もそうやって蘇る思い出になるんでしょうな。

  1. 2013/11/16(土) 23:32:32 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/579-f8ca324b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)