inkblot

BOC藤原の声は変わったか

 誰でも好きなバンドの音源を聴いたら、それが大体いつ頃のものなのか分かると思う。特にライブ音源だとリリース年と全く関係なくなってくる訳だが、それでも分かる。アレンジを変えている場合もあるし技術も上がっていたりするが、やはりボーカルで判断していることが多いのではないか。たとえばフジファブリックは明らかに志村の声が変わっている。しかもその変化が細かいので、かなり正確に時期が推測できるんじゃないか。

 そこでBOCである。藤原の声は志村ほどではないが、やはり今までに何度か変化している。そしてその変化はどうやら最近ひと段落ついたようである。ここで少し考えてみよう。

 まずインディーズ時代の音源はかなりレコーディングが過酷だったので風邪声が多い。メジャーになると普通の声になっていく。まず『ユグドラシル』後最初のシングル『プラネタリウム』では声の変化はなかったが、曲調に変化がみられた。声の変化が出て来るのはその次の「supernova」あたりからだろうな。声が非常に柔らかく優しくなった。それまでの尖った所が急になくなったので、違和感を覚えたファンは多かったようである。アップテンポの曲は減り、あってもボーカルが柔らかい。その傾向がピークに達したのが多分『orbital period』だな。それからは『R.I.P./Merry Christmas』になると今度は次第に揺り戻しが起きてきて、今ではかつての厳しさが声に戻っている。

 じゃあ何故そういう変化があったのか。ここでは詳しく書かないが、たとえばフジ志村は歌い方と声質が変わっていった。藤原は声質が変わった訳ではない。もっと内面的な問題だったはずである。

 藤原は一見ポーカーフェイスが得意そうに見えるが、決してそうではない。インタビューでメンバーが褒めている横で、照れ照れしているのを観たことがないだろうか。ポーカーフェイスではなくて、あれは単に顔が怖いだけである。

 相変わらず四人組はずっと無邪気だったが、今にして思えば『jupiter』以後のバンドの振る舞いはやはりどこかおかしかった。リリースもライブもペースが滞り始めた。バンドの知名度はどんどん上がり、彼らもそれに気付き始める。でも、それがどういうことなのかよく分からなかったんじゃないか。

 藤原基央は生まれた時からアウトサイダーだった。小さい頃から黙れと怒鳴りつけられ、頭をおさえつけられていた男の目の前に今、彼の唄をワンフレーズでも聴こうと群衆がつめかけている。彼にはそれがどういうことなのかうまく理解できなかったに違いない。だから戸惑ってしまったのだ、多分。考えても考えてもよく分からない。「俺は安心なんかしたくない」と言いながら、藤原がまず達した結論は「俺の言っていることを分かってくれている人々がいる」という安心だった。頭は安心するのは危険だと分かっていても、本能的に求めてしまうのかもしれない。

 とにかく、彼が理解されること、耳を傾けてもらうことに強い飢えを持っていたのは確かだ。安心した彼の唄は穏やかになっていった。でもある時気付いてしまったんだろうな。自分は決して理解されている訳ではない。自分は消費されているだけだと。BOCのファン層は今さら言うまでもないが、小中高生が分厚い。BOCの魔法はその年ごろに一番よく響く。だが彼らの多くは大人になるにつれてBOCを聴くことをやめてしまうのである。本当に分かってくれているのなら、何故これだけ多くの人々が自分たちから去って行くのか。そう気付いてしまった彼はもう二度と安心できなくなったのである。彼はやはりどれだけ沢山のオーディエンスがいたとしても、満たされることはないのだ。

 彼はまた考え考え、そしてここ一、二年でとうとう結論を出したんじゃないか。今ここで何かを共有していても、いつかはいなくなってしまう人々に彼らが出来ること。去って行く人々へのはなむけ。時が経ち、未来になって効力を発揮する魔法を仕掛けた唄だ。今の、これからの彼らが多分今までで一番面白いところだろうな。彼らは何も本質的に昔から変わっていないが、やっと慣れない環境に向き合い始めたのである。最近のBOCは吹っ切れたような感じがある。楽しみだよな。とりあえず武道館行けねえかな。



  1. 2013/10/05(土) 17:55:45|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ようこそウィルポリスへ | ホーム | ウィルポリス横アリ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/05(土) 23:34:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/06(日) 11:47:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/12(土) 08:12:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントしてくれて嬉しいっす。多分年近いっすね。主題歌はスタッフのやり方が変わったんでしょうな。もしくはスタッフ自体に圧力がかかってるのかもしれない。まあ本人たちはほとんど興味を持ってないしな。

ぶっちゃけ距離が遠くなる時期があってもいいんじゃねえかと思います。ずっとファンでいても距離感なんて常に違ってもおかしくないはずだ。BOCに関してはかなりはっきり、大体の人が離れる時期があるんじゃないすか。でもいつでも戻って来れるバンドだと思うっす。

  1. 2013/10/12(土) 18:09:49 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。

藤原かっこいいすね。かっこいい。ハゲてもきっとかっこいい! だから! ハゲてくれ! 頼む! チケット取りやすくなるから!本音 

自分は昔よく愛読していたBOCファンのブログが大分前に消えて以来他のブログはみてないですが、他はどんな感じなんだろうな。「バンプのライブ行って来た! 超楽しかった!」みたいなのは時間の無駄無駄!ってなるしな。。その山の中から面白いブログを見つけ出すのが難しいすね。

今日は仙台だな。仙台か。。仙台。。頑張れば行けたんじゃないか?仙台。。とりあえず武道館行きたいっす。

  1. 2013/10/12(土) 18:32:54 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。初めまして。

ライブの覚書は書いてるんですがなかなか終わらないっす。苦笑 ちゃんと書けるといいんだが、、頑張ります。

リリースのペースは昔と比べたらあり得ないほど早いから、もうアルバムかって感じっすね。他のバンドと比べたら全く早くないんだが。笑 ライブも増えたしすげーファンとしては満たされてるな。近いうちにアルバム出たらラッキーだな。だが今はとりあえず武道館に行く手立てについてで頭がいっぱいす!笑 

  1. 2013/10/13(日) 01:08:57 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

初めましてコメントありがとうございます。

昔はBOCもどんどん変わっていくんだろうと思ってましたが、全く変わらなかったっすね。笑 

武道館いいなあ! でも小生もまだ全く諦めてないんで、見送ったりはしないっすよ! 

  1. 2013/10/16(水) 10:46:31 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/574-a27b0c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)