inkblot

超新星 あの超新星 寂しいのは分かるけど

 アンディモリが解散する。まったくバカヤロウである。6月26日に最後の新譜を出し、9月に武道館で解散ライブをやって、サヨナラだ。公式サイトのあんなコメントだけでは何も分からない。でもなんなんだろうな。とりあえず、コメントには次の予定が決まっている人が、軽くひとつ前のプロジェクトに触れたような空気を感じた。あのPVはあざといな。もともとアンディモリは作られた人工的なバンドだ。一人の服屋がピストルズを作ったように、一人のカメラマンがアンディモリを作った。だから多分彼らはアンディモリという枠にそれほどこだわらないのかもしれない。

 言われるまでもなく、音楽をやめそうな人間がいるようには見えないが、「音楽を辞める」以外のバンドを解散しなければならない理由には何があるだろう。ぱっと思い浮かぶのは不仲だな。。最近の小山田はどう見てもおかしいので、メンバー間の衝突は十分考えられるんじゃないか。岡山は穏やかだがちょっと繊細そうだから、もしかしたら合わなかったのかもしれない。最悪岡山が駄目でも、小山田には次もヒロシと一緒にやってほしい。でもこの3人が好きだったんだけどな。

 あるいはアンディモリは短期的なプロジェクトに過ぎなかったとかな。滅びの美学じゃないが、名を残したバンドの大半は流れ星のように一瞬だけ光って姿を消すものが多い。アンディモリをそういったバンドとして志向する人間がいたり、彼ら自身がそういったバンドに憧れていたとしても不思議ではないよな。でもバンドを取っかえ引っかえするようなミュージシャンは好きじゃない。ずっとやり続けているバンドはいくらでもいるしな。そしてその方がずっとかっこいいぜ。

 あと思いつくのはあれだ。バンドが解体する時というのは大きなエネルギーが生まれる。それが目的だったとしたらどうだろう。あの超新星のような、死に際のまばゆい光は確かに色んなことをどうにかしてくれる。だけどそれは切り札中の切り札なので、一度使ってしまったらまた次もと思うかもしれない。これに依存してしまったら終わりである。いや、どちらかというと依存しそうなのはミュージシャンではなくスタッフだな。バンドのセールス面での賞味期限は、一般的に非常に短い、かといって解散商法みたいなことをやっていくようになったら終わりだ。まあアンディではないと思うが。

 いやしかし、ここまで書くのも本当に嫌になるくらい無意味な文章だな、これは。。。まったく情報がない状態で書いた憶測に何の意味があるっていうんだよな。たぶん半分以上たわごとだ。間違って読んでも真に受けないでほしい。

 それにしても小山田、あんたはアンディモリという長い長いトリップを終わらせてしまって本当にいいのか。きっと死にたくなるくらいの虚しさが跳ね返って来るよ。ああ、知っている。どうせ途切れ目を作らないように、新しいトリップのためのドラッグはもう手に入れてあるんだろ。「ありがとう、アンディモリ」みたいな綺麗事は死んでも言ってやらねえよ。
  1. 2013/05/27(月) 23:49:51|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野音でキセル | ホーム | 2013524>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/548-96077cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)