inkblot

20120224


 先月はあんなことを書いたが、まだまだ冬みたいだな。あともう少しでフジファブリックは新しいアルバムを出す。楽しみだな。ライブで初めて聴いてから「自分勝手エモーション」が気になって仕方がない。確かサカナクションみたいな怪しげなコーラスワークがあったはずである。それがカッコよかった。

 この歳でも謙虚で努力を怠らない彼らが好きだ。もう彼ら自体が志村の遺した大きな形見と言っていい。到るところによすがは転がっている。それを一歩進めてしまえば、失くしたものは世界に偏在していると言える。

 内田善美は「草冠を編む半獣神」で「失ったものはいつかかえってくる」と語る。一度何かも失っても、そのうちその存在をあらゆるものの中に見出すようになる。失ったものは帰って来る、いつか。真理なんだろう。けれども自分がその中に溶けることは最後まで取っておく。

 
  1. 2013/02/25(月) 23:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天使を観測した日 | ホーム | 20130124>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/534-c6abd4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)