inkblot

初恋の嵐 at Shibuya-AX

 行って来た。細かく書く時間がないからざっと書く。開場は少し遅れた。入るとアトミック・スウィングなんかがずっと流れていた。開演時間を10分ほど過ぎてSEがやむ。隅倉が挨拶するのだが妙にエコーがかかっているしバックでデカい楽器の音がするのでなかなかオーディエンスに伝わらない。3回目でやっと周りの音を止めて云ったのでやっと拍手が起こり、メンバーが下手から入って来る。

 おっさん達が楽器を手に取る。最初の一音がものすごい一撃だった。どいつもぱっと見は冴えないがこの瞬間のかっこよさったらないぜ。「初恋に捧ぐ」、非常に明るいメロディなのにこの時はなぜか凄まじく悲しく胸に響いた。現れたのは松本素生である。トリコロールのストライプのシャツにグレーのジャケットを羽織っている。だが松本なんかどうでもよかった。もう猛烈に悲しかった。

 二人目のボーカリストはセカイイチ岩崎である。くるくるの頭に山高帽を被り、青いシャツを着ている。一曲目は「No Power!」で二曲目は確かアコギを弾いていたが何の曲だったか今ちょっと忘れてしまった。生意気なクソガキみたいだがアッパーな曲もバラードも歌いこなす。三曲目は「Touch」だった。小暮のギターソロから各メンバーのソロが始まり、圧巻だった。岩崎はあんまり声を張らないが「Touch」では張らざるを得なくなっているようなところがあってよかった。隅倉曰く、岩崎はリハで自分の曲をさっさと終わらせて他人の曲まで歌って帰っていくそうである。しかし大体の曲は歌えるが今日は「Touch」の曲の入りをとちる夢をみたらしい。とちりはしなかったがちょっともたついた感はあった。岩崎が悪いんではないが。あと「オレ初期メン!」とか言ってたな。

 三人目は無頼庵。縞縞のオーバーオールを着て現れる。エレキを持ってきていてマイクを調節した。その時何か下ネタを言っていたような気がする。最初何と言ったのかわからなかったが多分そうだ。小生は下ネタが嫌いなので減点だ。一曲目はたしか「君の名前を呼べば」だった。ギターの音がぶっとくてかっこよかった。ヘッドのロゴは違ったが確かギブソンタイプのギターだったな。ここでも曲の入りがうまくいかなくて一回やり直したと思う。無頼庵は聴いたことがないんだが西山と違って渋い声である。なかなかよかった。古い友人だからきっと古い曲をやるのだろうと思った。MCでは玉川をいじりながらもしょもしょとしゃべっていた。二曲目はコモンビルの「睡眠」。三曲目は「のび太みたいだった西山をはじめてかっこいいと思った曲」だと言って「果てしない思い」をやった。なんとなく目尻が白く光っているのが印象に残っている。話し声と違って堂々とした歌はよかった。でも下ネタ言ったから減点な。

 四人目は誰だっけ。小谷美紗子だっけな。らくだ色のセーターを着てぷくぷくした女性が下手から現れる。一曲目は「Good-bye」だった。小谷の曲も聴いたことがなかったので楽しみにしていたががっかりだった。妙にもにょもにょした歌い方をする。前に聴いた岩崎のやつが非常によかったせいもあるが、これはよくないな。。終始ニタラニタラしているのもよくわからない。ニタニタしているかと思うと急に無表情になる。これはおへんちゃんだな! 赤羽系と命名しよう。電車の中にこういう人がいたら車両を変えるかじっくり観察するかのどっちかだ。嫌いじゃないがライブの最中は遠慮したいぜ。二曲目は「涙の旅路」だった。こちらの方がちゃんと歌えていてよかった。まあ音はずしてて不安になったが。しかしこれもやっぱりメレンゲクボのやつが大変よかったのでもったいなかった。それにしてもなんで彼女だったんだろうか? ぷくぷくしてかわいかったがそれとこれとは別である。

 五人目は確か堂島孝平である。白いシャツにネクタイ、青系のチェックのズボンをはいている。朝倉と隅倉も似たようなチェックのシャツを着ているので、なんとなくチェック率が高くなる。頭はやっぱりくるくるしていてやっぱり面白い顔である。あまり渋公と変わらない。渋公と同じように面白い顔をしながら(多分素である)、もったりしたイントロの中歩いてきた。「一年間色々なイベントに出てきましたが、今日はワンマンです。初恋の嵐、おめでとう!」と言って悠々と歌い始める。一曲目は「罪の意識」だ。劇的な切り替わりに鳥肌が立つ。玉川はすごい。あんなに小さな体であんなにゴツいギターを弾く。二曲目も渋公と同じ「Nothin'」である。よかった。

 MCで隅倉が鈴木に振っていたがあーとかうーとか言っている間に腹が立ったらしく唐突に次の曲のイントロを始めてしまう。いつもいじられている隅倉が唯一いじれるのが鈴木なのでいいコンビだと思う。そしてベースから始まる曲と言えばあの曲、「UNTITLED」である。そして下手から一人の男が飛び出してくる。ラグランにロン毛でコロッコロしたその男は中村一義だ。うおっ!? いや、どうも中村のビジュアルが小生の中では『ERA』あたりで止まっているので実物を見て相当驚いた。少しお肥えになったようで。かっこよかったが、鬼太郎をロン毛にしたようなツヤツヤした髪をふさふさ跳ね飛ばしながら歌う様はまさに異形だった。とりあえず散髪して頑張って減量してほしい。しかし目つきも犬歯も鋭くて怖かった。相当に気持ちを込めて歌っているからである。何かに怒っているようでもあった。終盤、「西山、届いてるか!」と叫んだのを聴いてはっとした。本当に友達だったのか。そりゃあ感情もこもる訳だ。歌い終わるとニコッとして「どうもありがとうございました」と言って去って行った。一曲だけだがかなりがつんと来た。

 「真夏の夜の事」のイントロが始まった。はっとして下手を見るとやはり出てきたのはスガシカオだった。白地に黒のデカい水玉のシャツを着ている。なんかキザである。終始イヤモニを気にしていて、大サビの時もいじっていたがはずれてしまい、そのまま歌いきった。楽屋でちゃんとはめてこいよ! あと大サビの歌詞もちょっと間違えていたと思うが、割とよかったと思う。演奏もさらにドラマチックになっていたしな。ただ見てるこっちも今にして思えばイヤモニに気を取られすぎたと思う。もうイヤモニはずしてやれよ! 

 「真夏の夜の事」のラスト感が強かったので終わって少しボーッとしたが、もう一人残っている。曽我部恵一だ。髭面だが汚らしさはなく、むしろそれが表情に柔らかさを与えている。この人を見るといい年の取り方をしているなといつも思う。人を安心させるような穏やかな優しい笑顔でメンバーに頷いて、曲が始まった。「星空のバラード」である。10年前も歌っていたよな。高いが広がりがあってどことなく包容力のある声ではないかと思う。


 これで本編は終わったがまだアンコールがあった。しかしもう時間切れだ。そのうち書けそうだったら続きを書こう。

  1. 2012/11/30(金) 14:01:13|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Lt.FUKAI | ホーム | 20121124>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/03(木) 00:06:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/523-ca2d3815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)