inkblot

2012.8.30 FLY LIKE AN EAGLE at 渋谷公会堂  その1 ストレイテナー

 連日13時間ぶっ続けとかでバイトをやっていたのでめちゃめちゃ疲れていたが、このライブだけは本当に楽しみだった。初恋の嵐、テナー、TKというメンツで行かない訳がないだろう。渋公というハコも魅力的だ。そして多分これが初恋の嵐を渋公で観る最後のチャンスだった。

 午前中に生徒をしばき倒してから渋谷に向かった。渋公に行くのは久しぶりだったが迷わなくて良かった。何しろ久しぶりのライブだ。緊張している。開場し席についてからはすることもなかったのでひたすらステージの上を眺めていた。赤いノードエレクトロ。トップバッターはストレイテナーだ。

 予定の時間から10分ほどして客電が落ちた。開演である。

 ホリエは涼しそうな夏用の焦茶色のハット、ミルクティー色のシャツに色褪せたジーンズ、OJは脚なんか細いが顔は微妙にむくんでいるのでいつもと大して変わらないと思うがなんとなく心配である。

 OJが一番上手に陣取り、ホリエ、ナカヤマ、日向と席に着く。それぞれが軽く楽器をチェックする。そこからすぐに「You and I」が始まった。アコースティックだとよく分かるが、なめらかな波の流れに身を任せるような気持ちよさがある。音響の関係で音源より若干高く聴こえるホリエの生の声も久しぶりだった。

 曲が終わってホリエが「サンキュー」と声を上げる。拍手の中でホリエがアコギから鍵盤の上に指をおろす。すぐに打ち鳴らされるドラムは少し「Sad Code」っぽかったが鍵盤のフレーズが明らかに違う。「Toneless Twilight」だ。疲れた体に音が染み込んでいく。何だかホリエはしょっぱなから音を外していたような気がする。ホリエはあんまり客席をよく観ないがOJは本当によく見渡す。双眸は凄絶な光を湛えているが好人物である。かなり近い席だったので何だか数回目があった気がするが、目があった気がした後からOJがオーディエンスを見渡さなくなった。まさかな。。。序盤はテナーを観るのが久しぶりで緊張していたせいで確かにガンをつけながら観ていた気もするが。。妄想するならもっと楽しい妄想をしたいよな。そしてホリエは音は外すがやはり高音は綺麗だった。考えてみればホリエはあんまり声のコンディションが不安定というイメージのないヴォーカリストである。

 そして今度が本当の「Sad Code」だ。生で聴くのは本当に久しぶりだ。アコースティックでも全く勢いは削がれないので耳に優しい分アコースティックをもっと聴きたいかもしれないと思った。まあアコースティックツアーが終わってから思うことでもないが。OJのギターもよかった。

 曲が終わるとホリエがMCを始める。「最近は海や山でライブしていたので(溜め)、屋内は久しぶりです(満足げな顔)」という内容から口火を切る。音霊行きたかったぜマジで。。。その後すぐにナカヤマのツッコミが入る。だがホリエは意に介さず何故かやはり満足げである。


ホリエ:この後ひなっちはTKのベースも弾きます(ドヤ) おんなじ人なんで。笑 「なんか似てるなー」とかじゃなくて。同一人物なんで。笑

ナカヤマ:やっぱ「ストレイテナーとTKのベースが上手かった」っていう感想を聞きたいよね。

ホリエ:あのー、去年時雨と初めて対バンして。で、それからTKとたまに飲みに行くようになって。・・・ああ見えて、よく笑います!(ドヤ)

(オーディエンス爆笑。ひなっちが手を叩いて笑う)

ホリエ:(TKは)笑うと、キュートだよ。笑 

(笑い)

ホリエ:ああ見えて、実は甘いお酒を好みます!(ドヤ)

ナカヤマ:あー。。それはオレわりかしイメージ通りだわ。

ホリエ:謎のベールに包まれているTKの素顔を。。笑 

ナカヤマ:これはあとでピエールにしばかれるわ。笑 

(笑いが起きる。その後ひと段落して)

ホリエ:今日はありがとうございます。ストレイテナーでした。


 そう言いながら鍵盤の上で指を転がし始めた。前に聴いた時とは違う、よりギターの音がしっかりと絡みついたグル―ヴ感の増したアレンジだった。「SIXDAY WONDER」。以前よりずっと流れる水のような心地よい演奏だが、前の素っ気ない冷たい鍵盤の音がバラバラと転がるようなのも好きだ。

 その後間髪容れずに「LIVES」が始まる。イントロの最初の一音から爆笑した。『リニア』のレコ発ツアーではやらなかったが出来るようになったんだな。そういや『リニア』が出た時はエレクトロニカに行くのかとテンションが上がったがそうでもなかったので少し切なかった。

 ホリエが鍵盤をコロコロと転がして何かを言いかけたちょうどその瞬間にひなっちがベースをかぶせた。そこから「シンクロ」が始まる。「シンクロ」もやはり高音がいい。昔はやたらとうるさかったが今のこのグル―ヴは本当に気持ちがいい。アコースティックでもっと観てえ。。。

 曲が終わるとホリエは「さっき曲目を紹介しようとしたらひなっちとバッティングしました。苦笑 「シンクロ」という曲でした」と弁明した。「アコースティックはこれでしばらく封印して、10月にめちゃくちゃアッパーなシングルを出します! やかましい、やかましいシングルを出しますんで!(ドヤ) よければ買って下さい! ・・・じゃああと2曲やります」という言葉から一息つく間もなく始まったイントロにニヤニヤする。「KILLER TUNE」だ。変わらないな。こちらも変わらずにアガる。

 「KILLER TUNE」が終わると拍手の中から「最後の曲です」という声とともに聴きなれたアルペジオが始まる。思わず笑顔になる。「MELODIC STORM」だった。やっぱり好きなんだよな。起伏を伴って流れるように音の嵐が渦巻いて軽やかに降り注ぐ。気付けばOJも再び客席を見渡すようになっていた。拍手が巻き起こる中、彼らは去って行った。





SET LIST

1. You and I
2. Toneless Twilight
3. SAD CODE
4. SIXDAY WONDER
5. LIVES
6. シンクロ
7. KILLER TUNE
8. MELODIC STORM



  1. 2012/10/07(日) 18:13:44|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012.2.14 対バンの嵐 at 新宿LOFT その2 | ホーム | (私は波間にたゆたふ、たゆたふ。)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/515-99fcd191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)