inkblot

20120808 HAPPY

 お、今日は34のおっさんが35のおっさんになる日だな。おめでとう。クボンゲはまあいいが、細美が初恋の嵐の隅倉と同い年でさらに早生まれなので一学年上だということに最近気付いて震えた。おかしいだろ。波紋の使い手か。何だか年齢不詳な人間が多いよな。クボは普通だが。

 個人的にクボンゲに対して「メレンゲ」という単語から受ける優しい印象、甘ったるい印象、柔らかい印象は持っていない。ライブのMCのような人間関係や諸々から切り離された空間で非常にボケナスなのはまあいいが、実際には素っ気ないし気は短いしかわいげもない。クボンゲのことが好きな人々は彼の姿にありったけのかわいさや癒しや素敵なイメージを詰め込んでぬいぐるみのように抱え込んでいていいけれども、決してそれを本人に突きつけたりしてはいけない。個人的に大事にしておけばいいことだろう。他の人や本人とそれを分かち合うようなことはちょっと図々しいことだし難しいことである。そういうのは暴走しがちなので抑えなければならないのだ。志村なんかも怖い人がいたようなので何となく気にかかる。メレンゲなんか特にファンの分母が小さいからな。。。個人的にクボンゲは程よい距離で観察はしてみたいが絶対に仲良くはなりたくない。絶対にいじめられるから嫌だ。まあドSじゃなかったらあんな歌は歌えないだろう。

 しかしああいう曲が書けるのは天才としか言いようがない。何か貶そうかと思ったが「女々しいな」以外あんまり思いつかなかった。最初聴き始めた頃「タイムマシーンについて」を聴いた時、「こんな曲が他にもう一曲でもあったらこいつは天才だ」と思ったがこんな曲がいくつもあるのでしまいには呆れた。まあソングライティングについてはあまり踏み込まないが、クボンゲの凄いところは自分の声の良さを割と客観的に理解できているところだ。志村は違う。あれだってすごくいい声なのにいつも悩んでいた。だからあまり声の良さを活かせていない部分も多々あるんじゃないかと思う。自分の声に自信が全くなくて本当はボーカルをやる資格がないんじゃないかと心のどこかで思いながらボーカルブースに立つことがどれほど壮絶なことなのか分からない。あんなところただでさえ怖い所なのにな。でもクボンゲは自分の声が最も研ぎ澄まされる音の連ね方を知っているからぶれないんだよな。なかなか出来ることではない。

 才能は間違いなくずば抜けているが何となく残念な男である。だがあれほど散々逃げ回っていた癖に今はもう逃げない。新しい自分を作って的になろうとしているように見える。大分怖いことだ。でもやるんだな。今までのヘタレ野郎は少なからず駄目な自分を肯定してくれる存在だったので、それがいいことなのか悪いことなのかまだよく分からない。けれども彼に退路はない。ツアーを終えてやっと出来た休みにすることが親友の墓参りである。もう先へ進む方法はこの焼けつくような道しかない。クボンゲの行きつく先が明るいのか暗いのかはよく分からない。だがメレンゲは今が常にピークのような状態で、きっと本当の最盛期はもっと先にあるのだろう。メレンゲのことはまだまだ忘れないでいられそうだから忘れるまで見守るつもりである。絶対最後までなんて言えないが、出来るだけ長く覚えていたいよな。もっとすごいものを魅せてくれ。できるんだろ? 

 クボさん、誕生日おめでとう。お願いだから「July」やってください。7月過ぎたっていいでしょう、BOCは真夏に汗だくになって「スノースマイル」やりますよ。土下座、、いや五体倒地くらいまではいけるんで。



  1. 2012/08/08(水) 20:42:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Gulliver is a gulled person, and we are so. | ホーム | 20120807>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/09(木) 09:51:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。

遡ってもあんま面白くないっすよ。苦笑 最近暑いんでそんなに面白いことは書けないと思いますが暇だったらどうぞ。笑 もっと面白いこと書きたいっすね。。。まあよろしくお願いします。

  1. 2012/08/12(日) 18:19:11 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントありがとうございます。

ツイッターは別にやらなくてもいいけども、たまになんか文章を書いたらいいとは思いますね。面白い文章書くんだけどな。。。まあ個人的には「July」やってくれれば他に言うことはないっすけどね!

  1. 2012/08/12(日) 19:13:57 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/503-0e3736ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)