inkblot

火の魚


 さああとレポート3本で夏休みである。今日はゼミで発表した後、どうも周囲から「お前って要は鹿が好きなんだろ、鹿が」とみられ始めていることに悩みつつ神社のお祭りに行って来た。明日は朝の9時から夜の9時半までびっちりバイトなのだからそれくらいしたってよかろう。昨日はどいつもこいつもお祭りの話ばかりしていたので行きたかったのである。

 だがどう考えても生徒がウヨウヨしているはずである。念のためにキツネのお面を被ったが前が見えないし暑いので即行で外した。白装束でたいこを叩きに向かう生徒とばっちり目があった。生徒いた。めっちゃいた。少なくとも10人くらいは観た。今日見たやつで明日教えるやつは全員単語祭りにしてやる! 

 神社の境内に櫓が組まれ、太鼓が休みなく叩かれる。そこから放射状に路地が広がる。入り組んだ細い路地に屋台がくねくねと連なっている。熱い黄色がかった照明がカッと暗闇を照らし、人々が揺らめくように流れていく。照らされた胡散臭いおもちゃは妙に鮮やかで、毒々しい色のかき氷のシロップは妙にくすんで見える。何だか夢でも観ているようである。とりあえず犬と弟がちゃんといるかだけは折に触れて確認した。

 そのうち金魚すくいの屋台に出くわした。カメすくいもあったがそっちは無視した。出たぜ。。。小生は昨日生徒と交わした会話を思い出していた。

「今日お祭りあったのかよ。。。」
「オレ行って来ました。でも1時間しか観れなかったからなー」
「マジ? くそいいなあ。。金魚すくいってあった?」
「金魚? ありましたよ。あれ、絶対無理。。」
「だよなあ。あれは詐欺だよなあ。あんな薄い紙、水に入れた瞬間に破けるだろ」
「うん、絶対破ける! でもちっちゃい子がめっちゃすくってたりするとヘコみます」
「や、そんなの絶対お椀ですくってるだろ。屋台のおっちゃんが観てない隙に。先生は信じないぞ」

 よし、やろう。弟が物凄い顔で止めようとしたが、小生は300円を怪しげな中国人に払った。やったことはないので勝手はよく分からない。とりあえずポイを水槽に突っ込んだところ、弟が猛烈に怒り出した。

「何やってんの? そんなことしたらすぐ破けちゃうじゃん! 馬鹿なの? ていうかまずボールに水入れるでしょ? 馬鹿なの? それでボールを金魚に近付けてすくうんじゃん。ねえ、馬鹿なの?」

 横で暴言を吐かれまくって小生の心は折れた。それとほぼ同時にポイも破けた。あの野郎。。小生を敵に回したらどうなるか分かっているのか。こっちはお前が小2までオムツを履いていたことを知ってるんだぞ! まあもう書いちゃったけどな。

 すぐ死にそうなのを2匹、怪しげな中国人が網ですくってビニール袋に入れて手渡してきた。小生はそれを受け取って犬が雑踏で踏みつぶされないようにしつつ歩き出した。弟もついてくる。

 最初のうちは金魚を持ち帰ってお母さんに怒られることを恐れていた癖になんだかんだ言ってどうもやりたくなったらしく、再び出くわした屋台に物欲しげな顔で水槽を覗き込んでいるので弟の分もお金を払ってやった。ふん、あんなもんで金魚をすくえる訳がない。随分偉そうなことを言うから、取れなかったら笑ってやろうと思ったのである。

 ・・・すくいやがった。結局合計で6匹くらいすくって3匹持ち帰った。白いのと白い斑のある赤いの、黒出目金である。ちくしょう。。。

「・・・でもこれお母さんに見せないようにしないと」
「は? ババア怖るるに足らず! あんな即身仏がキレたって怖くねえな。びびってんじゃねえよ!」

 お母さんは骨と皮で日焼けして黒光りしているから漆を塗った即身仏に似ている。すげえ目立つので町内で知らぬ者はいない。見た目は即身仏みたいだが異常に短気である。

 ラムネを買う。ガラクタを売っている屋台の裏に積まれた段ボールに「うきうきう○ち(小)」と書かれていたのを見て非常に興味をひかれた。是非とも購入したかったのだが、弟が凄い顔で道を引き返し始めたので断腸の思いで帰った。せめて一目観たかったよな。。。うきうきう○ち。

 自転車の金魚を観ていたら名前がまだないことに気付いた。こういう時は一秒で決めるに限る。デカくて鮒みたいな方がきんたろうで小さくて尾びれがひらひらしている方がこめじろうである。やはり小生のが一番かわいいな。ちなみに黒出目金はたわらちゃん、白いのはしらこちゃんである。斑のは。。もう思いつかねえからうきうきう○ちでいいんじゃねえかな。

 自転車のサドルからぶら下げた袋の中できんたろうが立ち泳ぎしているのを見て若干蒼くなったが、家に帰って水槽に入れてやったらめちゃくちゃ元気になっていた。こめじろうも大人しいが割に元気そうである。でもしらこちゃんは駄目だろうなあ、かわいそうだが明日の朝には腹を上にしてぷかぷか浮かんでいるだろうなあ! 

 明日に備えて今日はもう寝る。うきうきう○ちが夢に出てくるといいと多少期待するものである。




  1. 2012/07/27(金) 22:44:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本編MCノーカット | ホーム | 20120724>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/499-0c3e1401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)