inkblot

20120724

 20日のメレンゲ@リキッド、行って来た。いやあ、あれはメレンゲでは今までになかったライブだったな。いいライブだった。まあ手放しでいいという訳ではなく、何故か異様に突っ込みどころも多いライブだったが。「July」やらなかったしな。しっかり反省会をやってもらいたいものである。特に「July」をやらなかったことについて。つうかお前らセットリスト変える気なんてハナからゼロだったんだろ! なんであんな投票なんかさせたんだよ! バカヤロー! 小生、ドMではないのでそういうドSなことをされても困る。まあ聴いた話だが過去に「カバーやります」という趣旨のライブでメンバースタッフともどもそのことをすっかり忘れて普通のライブをやったことすらあるバンドだからな。。。小生だったら血の滲むようなクレームを入れると思う。というか試験が終わっても元気だったら「July」をやってくれとメールしようと思う。いや、するぞ。次の首都圏のライブ予定とか全くないけどな。しかしなんかツアーファイナルでもっと嬉しい知らせとかないんか。あそこで次のライブでも発表したら「何となく来てみました」という人も2回目へのハードルがぐっと下がってたと思うんだが。。。

 他にもぐっだぐだになった曲とかもあったが、それでもいいライブだったんだから不思議である。何というか今は心がいくらか豊かな気がするな。とりあえずコメントから察するに「ライブが終わると寂しい、張り合いがない」と思う人は多いようであるということは理解した。ううむ、小生はライブ前や最中よりもどちらかと言えばその後1週間くらいの方が楽しいけどな。小生は自分に「ライブはその場で観たらそれっきりで終わり」と思うことを許したくない。他の人は知らないが。努力しなければ本当に綺麗さっぱり草木も残らぬくらいの勢いで記憶から末梢できるだろう。小生は忘れることにかけてはプロである。でもそれだったらライブを観に行かなかったのと同じじゃんな。やっぱりいいライブは出来るだけ覚えておいて最後は死ぬ時に走馬灯で観たい訳である。走馬灯で「July」を観たい訳である。だからやれよ! 

 話は変わるが、中也をイケメンと言う風潮がよく分からない。例のあの写真のことを言っているんだろうが本当にそうか? あれキモいだろ。立命時代とかならまだ分かるが。個人的に中也と言ってパッと思い浮べるのが高森文夫の写したジジイみたいな顔でガン寝している写真だからいけないのか。あの写真はヤバいよな。しかし身長も子ども並みだしな。。。いや、別に中也を貶したい訳ではない。ぼろくそに言いたいのはむしろ「フジ志村と中也が似ている」とか言い出す連中である。似てねえよ! マジで川に頭でも突っ込んでちょっと冷静になれよな。。。そりゃあブラフマニズムを採用すれば全部一緒だが、なんかちょっと違うと思うんだよな。ハット被って変な髪形してれば皆同じに見えんのか。志村みたいな気持ち悪い顔したやつなんか他に観たことないぞ。まあこれからも観ることはないだろう。初めて観た時、「こいつはヤバい」と思ったのを覚えている。実際むちゃくちゃヤバいやつだった。あの顔面と性癖はギリギリ逮捕じゃないか。

 今日はずっとアコースティックの「銀河」のライブ音源を聴いていた。あの噛み方はあり得ないよな。




  1. 2012/07/24(火) 01:00:35|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<火の魚 | ホーム | 2012.6.2 メレンゲ 星めぐりの夜 at 日比谷野音 その1>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/07/25(水) 21:23:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/498-2972496a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)