inkblot

20120710 HAPPY

 イカす祭を狙い澄ましておもくそ外したようなホリエや小生も半端なくダサいが、わざわざ納豆の日に生まれてくるのも大概だと思う。もうむしろそっちを狙い澄ましていたとしか思えない。さすが志村というだけある。何から何まで。強烈である。いやあもう忘れたくてもなかなか忘れられないよな。

 悲しいのとさみしいのは違う。いつでも寂しいけども、楽しいことばかり思い出している。あり得ない噛み方や笑える失敗や一生懸命なのに悲しいくらい滑稽な仕草なんかを。それに思い出すのはいつも髪が短かった頃の彼だから、ずっと元気なままである。いいだろう、小生の中の志村はいつだって最高だ。

 それでもやつは「そんなこと言ったってどうせ勝手にすぐ忘れちゃうんでしょう。バーカバーカ」とデカい目で言うだろう。このやろう。バカはお前だ。あんたのせいで小生の心はこんなに穴ぼこだらけだ。アンタのその声が、言葉が、才能が、人格が風穴をぶち抜いたのである。これでもまだまだ足りないか。あとはシンベルミネを束にしてくれてやろうか。とりあえずまだ当分は忘れてやらないぞ。あんたのせいで今のフジファブリックを正当に評価できなくて困る。志村、あんたは本当に最高すぎた。

 穴のあいた心を、何かにつけさわって確かめている。まるで歯の抜けた跡を気にするように。でも歯と思い込むには大きすぎる失くし物である。悲しみの果ては花で飾ろう。あの白い、観たことはないがとても綺麗なんだろう花で。志村、生まれて来てくれてマジでありがとう。今日は本当にそのことが嬉しいから、悲しくなんかちっともないんだぜ。





  1. 2012/07/10(火) 01:33:46|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<July has come | ホーム | 20120707>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/494-8d6f7938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)