inkblot

2012.5.3 BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR at 石川県産業展示館4号館 その6

 「金沢、あったかいなあ。。。」ともう一度だけこぼして、藤原はアコギでアルペジオを弾き始める。こいつのこの弾き方がどうしようもなく好きなんだ。このまま1時間くらいずっと弾いていてくれたって構わない。藤原はアルペジオを弾きながら増川に話を振った。藤原のギターをBGMに増川のMCである。これがどれほど贅沢なことなのか、増川にはよく分からないんだろうな。


増川:えっと。。。金沢、久しぶりに来れて嬉しいです。あのー、、えっと、昨日来たんですけど、駅に人がいっぱいいて。。。旅行しに来た人とかもだけど、学生さんとか。。。そうやって行き来してる人をみてると、なんかオレ、さびしくなっちゃうのね。うん。。そんな感じです。。。笑 あとなんか駅のふれあい館てとこに行きたかったんだけど、時間がちょっとあんまなくて。。服とか売ってるところをちょっと観たけど、綺麗でした。。笑 ふれあい館、行きたかったな。。。


 ふれあい館って多分百番館のあれだよな。なんで行きたかったのは謎だ。しかしこうして生で増川を観ていると、メレンゲのクボからあらゆる責任感とプレッシャーと劣等感を取り除いて更にあのヤバいMCをもう少しマイルドにしてもっとかわいげのある感じにしたら増川になるんじゃないだろうかと思うな。まあそれはどうでもいい。MCが終わって藤原と増川が顔を見合わせる。藤原がにやりと笑う。左右のサブのスクリーンに藤原のネックを押さえる手が映る。美しい手だ。動かなかったらそうでもないだろうが、ギターを弾くやつの手は美しい。この野郎、分かってて映してやがる。。

 藤原の弾くアルペジオが聞き覚えのあるものに変わる。「beautiful glider」だ。雲海の中を飛ぶアニメーションがスクリーンに映る。歌詞に合わせて藤原が黒いリストバンドをした棒のような腕を肩から大きく振った。確実にこのライブは終わりに向かっているんだな。「誰にも見えないさ」という所を「僕には見えたよ」と唄っていた。

 J-45がレスポールスペシャルに持ち替えられる。蒼い光が暗がりの底に淀む。不穏な音に空気が張り詰めた。高い位置にあった一列の照明が波のように高さを変えて動いて、真紅の光を投げかける。蒼と赤が交わる部分は紫になって滲んだ。歪んだ荒々しいレスポールがつんざく。「カルマ」だ。生のこの気迫は凄まじい。ただ全く正気なんだよな。アンディ小山田みたいにタガは全く外れていない。幕張よりも癖の強く出た声もすごくいいよな。というかイントロの感じが本当にすごいんだ。もう音源じゃ物足りなくなる。「ここにいるよ 確かにさわれたよ」と唄っていた。


藤原:今日晴れてよかったね! (オーディエンスがつっこむが聴こえていない) でもちょっと雨降ったでしょ? 並んでる時大丈夫だった? 濡れなかった? 風邪引かないようにね。


 もう一度、「金沢、ありがとう!」と言って「天体観測」を始める。これで本編は終わりだ。熱かった。物理的にも精神的にも何の衒いもなく熱かった。BOCを前にするとどうしようもなくあの初めて聴いた頃に戻ってしまう。この瞬間はバカみたいに素直だった。藤原は息も絶え絶えということはないが、幕張の時と違って今回はかなり疲労が見える。ざらついた声で唄う。大サビの一部は唄わなかったというより唄えなかったように見えた。この唄のサビはいつもライブの最高潮の一点だが、その一点に悲しみと喜びが入り混じっているように思う。


 そしてメンバーは去って行く。暗がりで再びあの4人組を呼び戻そうと拍手が起こった。リズムは緩やかに変わっていく。しかし金沢は歌わなくてよかった! その喜びを噛み締めていると、下手後方ブロックのある一点から歌声が起こり始め小生を絶望に叩き落とした。「supernova」の合唱は瞬く間にオーディエンス全体に広がっていく。やめてくれ…… 歌いたかったらカラオケでも行ってくれ。なあこれって我がままなのか? ううむ。。。やっぱり嫌だ。たとえ耳栓してたって聴こえるじゃないか。

 しばらくしてメンバーがまた出て来る。チャマは「撮るけんね!」と言いながらフロアに持ってきたデカいカメラを向ける。チャマは「もう一枚撮るけんね!」と言って結局2枚撮った。

 藤原と増川が黒のロケットTシャツ、チャマは薄墨色の、升はチャコールグレーのスティッチTシャツを着ている。スティッチ……! これだけはガチで納得できねえ。おい…… マジでこれはないんじゃないか。藤原とかよく恥ずかし死にしないな。とりあえずスティッチグッズを買った人間とだけは分かり合えねえと思う。絶対にだ。


増川:あ、これ3つバージョンなんだよね。ほら。。。(リストバンドを見せる)

直井:そうそう! ちょうど今日届いたの! 袖のところにも入ってるんだよね!(ドヤ顔)


 確かに右の袖口に三ツ星がついている。リストバンドもそれぞれそうらしい。


直井:これはオレらだけなの! でそういえばみんな、なんでスティッチなのと思ってるでしょ? いや、みんなも好きだと思うし、オレらも好きだから。「え、なんでそれスティッチなの?」って訊かれたら逆に「なんで」って言って。「え、これいいじゃん」って。外人の人に「オーウ! スティッチ! ワーイ?」とか言われたら、「Why not?」って。笑 練習しようか! 「ワーイ!」 (オーディエンスが繰り返す) 「ワイナーット?」 (オーディエンスが繰り返す) よし! 


 チャマとも絶対に分かり合えねえ。まあ藤原がスティッチを着ないだけマシだな。・・・もし着ていた会場があったら小生にご一報を。




  1. 2012/05/27(日) 10:25:59|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012.5.3 BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR at 石川県産業展示館4号館 その7 | ホーム | 20120526>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/479-b7b2f5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)