inkblot

2012.5.3 BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR at 石川県産業展示館4号館 その5

 暗転した瞬間、スクリーンに無数の瞬く星が浮かび上がる。生きているかのように瞬く星の中央に音と連動して蒼い心電図のような閃光が通り抜けていく。これは正確には「星の鳥」ではない。正確には「星の鳥」のあのアルペジオをぶっこ抜いた後の残りの音源である。これが流れている間にへなちょこ4人組は恥ずかし島での苦役を終えて、またメインステージの方へと戻っていく。

 藤原はマイクスタンドのピックホルダーから取ったピックを3枚投げた。3枚目はヘロヘロと飛んでいって本人も変な顔をした。そして最後に残っていた一枚をむんずと掴んでむしり取る。投げるのかと思っているとしっかりと握りしめてステージを降りていった。まだやつはピックが惜しいのか。しかしあんな虫歯みたいになるまでピックを使うやつは藤原以外に見たことがないよな。そうしている間も「星の鳥」が時間を稼いでいてくれる。

 そのうち生音のアルペジオが始まった。なんだろうな。全然音が違うもんな。音源の平べったい音にはないかたちと色がある。スクリーンに星の鳥が浮かび上がった。「メーデー」だった。今回はあまり升のドラムソロの印象はない。ギターの音ばかり聴いていたように思う。

 「メーデー」が終わると、ぱっと藤原に当たっている光が強くなった。はっきり言ってまぶしい。


藤原:オレ、輝いてますか……? (オーディエンスの声を聴いて)そう。。あとで父にメールします。「今日、みんなに輝いてると言われました」と。笑 でもオレちょっと輝き過ぎだからもうちょっと光を落として。。そうそうそんな感じ。ああ、やっとみんなの顔が見えるようになった。。。おいっすおいっす! 大丈夫? 調子悪い人いないっすか? いたら周りの人も助けてあげてね。・・・ん? オレ? オレはね、もう去年の暮れから色んなところで言ってるんだけど、最初っからそういう風に見えるんです、はい。苦笑 複雑な顔だと。。複雑な顔をして生まれて来たと母も言ってました。何か思う所があったんだろうと。はい。

 金沢はこの間のライブハウスツアーで来れなかったんですよ。でもずっと来たくて。金沢、いい街ですよね。僕も好きです。旅行にも来ました。この人と温泉に入りました。

増川:(ほがらかに)入りましたねー。

藤原:「世界三名泉」て。

直井:世界……ッ!?笑 

(騒然となる)

藤原:僕ら純粋ですから。ピュアなんで、真っ裸で入りましたよ。


 多分そういうことではないと思うんだよな。


藤原:(なんでもないことのようにさらっと)まあでも今日もう終わりだしね。(オーディエンスから声が上がる)ホントホント。今日来てくれた人はどこから来たんですか? (口々に答えるオーディエンスの声を聞いて)みんなの県でやりたいよ。。。そしたらまた来てください。


 醒めたアルペジオがはじき出される。「イノセント」だ。聴いていてはっとした。こいつは寂しいんだ。BOCのファンは星の数ほどいる。だがそれは常に入れ替わっている。前にライブに来たオーディエンスの大半は次に来ることはもうない。ずっとBOCを聴き続ける人間がいないんだ。ここにいる誰かがいつかは離れてしまうということは藤原にとって非常に鋭利な現実なのである。この地に満ちたファンの数は藤原にとって何の意味もなさない。この男はいつからこんなに寂しかったんだろう。思えばくどいほど同じ唄ばっかりだ。強烈に寂しいだろうな。そうじゃなきゃ「グッドラック」なんか絶対に書けないよな。そして「イノセント」は藤原が去って行く人々の未来に仕掛けた最後の祈りだ。今頃気付くなんてな。。。視界が滲んだ。

「金沢、あったかいなあ。。金沢、あったかいなあ。。。」

 藤原はレスポールからJ-45に持ち替える時に呟いた。本当に心からそう思っているんだろうなと思わせる深い穏やかな声だった。そして「supernova」が始まる。歌詞は細かく変えられている。

「君の存在だって いつでも思い出せるけど
本当に欲しいのは―― 金沢ありがとう!」

 凄まじかった。巨大で密度の高い音像もすごいが、「淡々と歌うことに徹するべきだ」と言っていたあの男が感情を抑えきれなくなっていたのに圧倒された。

「君と話すことで 思い知るんだ 唄いたい唄だらけって事」

「君の存在だって 世界では取るに足らないけど
僕の世界は それによって 守られた」

「僕らの時計は 止まらないよ 動くんだ」

 音が空間を満たし揺さぶる。なんか誰かがいっぱいそばに居るような音像だ。見守るような気配をやたらたくさん感じる。物凄い熱量で唄は終わった。「ありがとう」という一言が最後の一音の余韻に混じった。



  1. 2012/05/26(土) 10:22:28|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<20120526 | ホーム | 2012.5.3 BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR at 石川県産業展示館4号館 その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/478-40a1fd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)