inkblot

2012.4.15 andymori 4th album 「光」 発売記念 “100分間のファンタジー 遊ぼうぜ 踊ろうぜ”ツアー final at Zeep Tokyo その1


 アンディファンの人のこっそりコメントがあったので書いた。

 昨日数時間で書いたが、脳内検閲ゼロなのでこれでいいのかよく分からない。まあでもちょっとくらい文体いじって書いてみたいんだよな。バンドによって文体を変えたら面白くないか。しかしこれはいいんすかね? 駄目だったら言ってほしい。

 あと皆さんバンプオブチキンの覚え書きの方も読んで下さいね。笑 これの10倍は力入れて書いてるんで。笑 





 Tシャツにパーカーで家を飛び出したら意外と寒かった。りんかい線の未来臭い突風を嗅ぎながら東京テレポートの改札を出てパレットタウンを駆け上がる。でもまだ中には当分入れない。そんなだから外で待っているうちにすっかり凍えちまった。
 場内は確かに暖かかったけど、聴き覚えのない外国のロックバンドの歌を聞き流しながら黒い壁をずっと見ていたんだ。18時を4分くらい過ぎたあたりでスモークが壁の上から吐き出されてそこからさらに5分たったころに客電が落ちてスキータ・デイヴィスが流れ始める。ステージ奥の黒い幕が開いて『光』のジャケットを写した幕が現れる。暖かくて懐かしくて切なくなるような歌の上に思いっきり無神経なベースの轟音が乱暴にぶん投げられた。スキータ・デイヴィスが脇に押しやられて、スポットライトが鉄人藤原に当たる。鉄人のベースから始まるこの曲は新譜の曲順を全く覚えていなくても一発で分かった。「ベースマン」だった。
 着古したTシャツにジーンズでいつまで経っても旅好きの大学生にしか見えない小山田は最初から全開で歌いまくる。音源で聴くと重たい岡山のドラムもライブで聴くとどっしりして力強いのに勢いがあってかっこいいんだ。いい曲だった。確か鉄人の誕生日に作った曲だったよな。「愛してるなんてまさか言わないぜ 風を受けて行こうぜ」
 その次の「光」はさっぱり覚えてないんだけど、「インナージャーニー」に入る前にMCがあったのは覚えている。「ここでゲストに来てもらいます」と小山田が言う。出て来たのはくるりのトランペットのファンファンだ。ぷっくりとした彼女は頭の上で髪を団子に結っていて上手側にトランペットを持って立つ。傍らには赤いキーボード。Nordだろうけどあまりはっきりとは見えなかった。「くるりのトランペットのファンファンです。今日は素敵な彼女を呼べて嬉しいです。トランペットは2曲やってもらうんだけど、それだけじゃせっかく来てもらったのにもったいないからその他も色々ね」小山田がちらっとファンファンとキーボードを見て笑う。ファンファンも笑った。
 「インナージャーニー」でファンファンはトランペットを吹き、その次あたりはずっと鍵盤を弾いていた。「インナージャーニー」も「君はダイヤモンドの輝き」もアップテンポで矢継ぎ早に音が流れて行くんだけどそれでも物凄くフォーキーだった。『革命』から小山田は自分の本当に歌いたいメロディをそのまま歌うようになったけどそのメロディっていうのは全くリバティーンズでもオシャレでもなんでもないフォークソングみたいな悲しみと空虚さに支えられた、でも力強いメロディだ。今の音楽シーンで歌いたい歌を歌うのがどれほど難しいことか少しくらいは分かるさ。これだけの人間がそれを聴きに集まって来るってことに内心舌を巻く。「君はダイヤモンドの輝き 僕だけが愛した人」
 もうここらへんからは正直どれがどの曲だかさっぱり分からない、もちろん覚えてはいるけれど。怒鳴るように歌い続ける小山田はもうほとんど狂気にとらわれていると言ってもいいんじゃないかと思える、細い体の中に悪魔がいて跳ねまわっているのだ、彼には悪い熱病が取り憑いている。「3分間のユートピア 遊ぼうぜ  3分間のファンタジー 遊ぼうぜ」 時限爆弾みたいな楽園だ。楽園が終わる時には誰もかれも思いっきり爆風に吹き飛ばされるんだろう。小山田を観ているとそう思えて来る。
 ライブによっては一回もギターを変えないまま最後の曲まで突っ走る時もあるくらいなのに今回はよくギターを持ち替えていた。詳しくないから名前なんかはまったく知らないが渋い色のギブソンのセミホローのギター、新しいアー写で弾いているあれだ。暗転してストラップを肩から外したのでまた交換するのかと思ったらメンバー全員が一旦下手に移動した。小山田はローディーにギターを預けて代わりに何かを受け取る。明るくなったステージの上を観て驚いたオーディエンスは多いだろう、なんせ岡山がアコギを持って小山田の位置に立っていたんだから。
 岡山がアコギを弾き出す、小山田は鉄人の位置でブルースハープを吹き始める、鉄人はドラムの前に座って何だか暇そうだ。岡山の第一声にオーディエンスみんなが息を呑む、その声は本当に優しい声だった。誰もが持っている普通の優しさ、散りやすい花をそっと守ってやる優しさ。小山田はどこでそれを落としたんだろう、彼の優しさは愛はすべてを押しつぶしてしまう。「僕は歌っている、歌っている歌っている歌っている歌っているから聴いてくれ! 僕はきみをすべてを愛している愛している愛している愛している、愛しているんだ!」と暴れて大事な花をひねりつぶしてしまわないといい。彼にはひとつのことしか見えていないから盲目なんだ。
 そのうち鉄人はポロポロと木琴を叩き始めた。肩の力が抜けた優しい曲だな。岡山は歌い終わって恥ずかしそうに笑った。でもいい顔だった。彼はいつもほんとうにいい顔をする。やりきった人間の顔だ。なかなかできるもんじゃない。
 『光』の演奏中は特効も多かった。どの曲かではシャボン玉が次々と飛んできたし、万華鏡のような模様の影絵のような照明が浮かびあがったりもした、ある曲では黒い壁にちりばめられた星のような照明が灯った、それは実際には壁に取りつけられた黄色がかった無数の豆電球なんだけどそう言うことが正確を期すってことなのかい、こんちくしょうめ。
 2回目の「シンガー」は前に聴いた時と違って「僕が歌うから 僕が歌うから」という歌詞が耳についた。早く音源も聴きたい。最後の曲はトランペットが入ってやたらカラフルな曲だった。赤色黄色黄緑色、それが曲を聴いて浮かんだ色なのか照明の色なのかもう忘れてしまった。


  1. 2012/04/18(水) 22:10:36|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2012.4.8 BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR at 幕張メッセ その4 | ホーム | 20120415>>

コメント

Re:

コメントどうも。

読んでいただいてありがとうございます。いやあ、こういうのは書かれてる内容が大事であって書き手なんてどうでもいい類のものなんで、そこはかとなく虚しさはあります。ぶっちゃけ自分が覚えておくためのものだから、覚えておける形になっていればいいしな。小生の文章はよろしくお願いしますが、BOCはお願いしません。笑 メレンゲをよろしくお願いします。笑 

アンディの続きは力尽きているので申し訳ないですがはっきりとは約束できないっす。余力があれば書ける範囲で書きます。

まあいい加減ですがよろしくお願いします!

  1. 2012/04/22(日) 12:41:17 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/464-22161356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)