inkblot

2012.4.8 BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR at 幕張メッセ その3


 曲が終わって再びシールドを差し込む音がする。カチカチという音だけだったのはほんの数十秒くらいで、すぐに我慢できなくなったようにチャマががなる。


「幕張ー! ほんとに久しぶり! こんなにたくさん集まってるけど、オレらはほんとに、一人一人に届けたい届けたいと思ってるの! 一番後ろの人の一人ひとりに届けたい届けたいと思ってるよ! 後ろまで見えてっからな! オレ、リハやった時にちゃんと後ろまで行ったから。いっちばーん後ろまで行って、ステージ観て、(うなずきながら)「あ、オレ、豆やな」って。「豆や」って。笑 でもね、今日とまったく同じ人が集まるライブはもう二度とできないでしょ? もう二度と来ない人とか絶対いるし。だから今日のライブはこれっきりだから! 今日集まったみんなでチームだから、みんなで楽しもう!」


 歪んだレスポールが壊れかけた機械のように荘厳なアルペジオをこぼし始める。「ゼロ」だった。音源よりも無骨な重いレスポールの上で、藤原の声が朗々と雄々しく響く。藤原の声は最近の音源で聴くほど優しくなかった。かと云って昔ほど荒々しくもない。安定はしているが、変にこなれたところがなくエモーショナルだった。演奏も余計な楽器を使っていないから骨太で音源よりずっといい。

 暗闇の中でシールドの音がした後、あの鉄を打つ音が鳴り響く。藤原が持ち替えたのはソニックの黒いストラト、そして始まったのは「ギルド」だ。何年も前のRIJの、疲れきってはいるが異様な迫力のある映像が頭に残っていたが、今回は元気である。「汚れたって受け止めろ 世界は君のモンだ」と歌詞とメロを変えていた。

 そのままギターを変えずに「66号線」が始まった。イントロの弾き語りから唄が真っ直ぐに届いて来るのを驚きとともに聴いていた。前に何千人いようと関係がなかった。見えるんだよな…… ほとんど見えてないはずなのにはっきり見えるんだ。おかしいよな。こうして聴いているとまるで違う曲を聴いているようだ。だがその漢字を上手く云うことはできない。はっきりとは覚えているんだが。

 再びレスポールをJ-45に持ち替えて、アコースティックでミドルテンポの曲が始まる。「グッドラック」だ。なんだろうな。なんでこんなに泣けるんだろうな。藤原が涙のふるさとを揺さぶる方程式を誰よりも分かっているということは確かなんだけども、アホみたいにデカい音を鳴らしたりアグレッシブだったりあからさまな変拍子をやってみたりしなくても、これだけ圧倒されるんだ。

 「グッドラック」が終わり、暗転するとまたカチカチという微かな音だけが聴こえるようになる。このセットリスト、よくギター交換があるな。だがこの音は嫌いじゃない。しかし前方のオーディエンスはそうでもないらしく、藤原に話しかけていた。藤原は苦笑しながら、「しゃべるけど、もう一曲くらい唄わせてくれ」と返していた。
ずっしりとしたレスポールのアルペジオから「Smile」が始まる。がっしりした2本のギターが組み合わさっていく。増川はやっぱりどこか危なっかしいんじゃないかと思ってしまうがちゃんと弾けている。レスポールスペシャルの音の隙間に楔のようにレスポールスタンダードが切り込む。これだけ長いアウトロがあっという間なんだから怖ろしい。

 「Smile」が終わってしばらくすると、照明が次第に光量を増した。やはり第一声はチャマだ。


直井:4年ぶり! 幕張メッセに来たのは4年ぶり! 4年て言ったら相当長いよ? 「ふんぎゃあ!(声真似)」って言って生まれた赤ちゃんが、「オレ、知ってるよ(声真似)」ってなるくらいだよ?笑 「オレ、それ知ってるよ(声真似)」とか言い出すようになってる!笑 


 リアルポンツカである。


直井:ずっとライブやりたかったよ! この4年間、僕らはずっっとレコーディングしてました。軽く説明しますと、うちのボーカルギターの藤原君が、いい曲作ってきまして、それをオレらが聴いて「こら、ええ曲やわ」とか言って、録るみたいな。今は恥ずかしいから関西弁ですけど、実際は(指で目をこすり、全力でさり気なさを演出しながら小さな声で)「・・・いい・・・超しみるわ・・・・・・」みたいな感じだけどね。笑 で、秀ちゃんは「いい曲ですな!(声真似)」とか言ってて、ヒロが「ね!(声真似)」(笑いが起こる)、で藤君が「ありがとう(声真似)」って言う! 

藤原:(はにかんで)恥ずかしい。。。恥ずかし固めだよ。。笑 


 藤原は照れると口元に手を持っていくので声がくぐもる。百万回聴いたがこれが初めてだ。

 シンセの音が鳴り響いて「R.I.P」が始まる。何しろ頭がぶっ飛んでいるのでシンセから始まったのがこの曲だったかいまいちはっきりしないんだが、とにかくシンセの音も聴こえた。それも生っぽい音だった。だがシンセなんか誰がどう使ったんだろうな。まあ藤原くらいしかいないが…… 何かをひとつひとつ確かめるように藤原は唄っていた。

 ここでまたMCがあったんだが、主に増川をいじっていた気がする。


直井:で、ヒロも言いたいことあるよね?

(その場の全員の注目が増川に集まる)

直井:ヒロ、昨日何食べたんだっけ?

増川:うん。。。と。。。すきやき。。。。。

(オーディエンスの間からおおという声が漏れる)

直井:うん? もっと他にもあったでしょ?

増川:ちらし寿司。。。

直井:そう! ちょうどオレの前にちらし寿司が置いてあって、最初ヒロに「取ろうか?」って訊いたんだけど、その時は「いらない」とか言ってて。で、しばらくしたら、「ちょっとその上のカズノコだけ取ってくんない?」とか言い出して、「うん、いいよ」ってよそってたんだけど、そのうち、「あ、ちょっとイクラもよそって」、「たまごも」、「あ、ごはんもお願い」って!笑 

藤原:完成しちゃったね。。。笑 


直井:あとヒロは今日、Tシャツのサイズを気にしてたよね。腹が出るの? 

(増川、自分のTシャツを見下ろし、裾を引っ張る)

直井:でも藤君とこいつは昔、ピチピチのTシャツばっか来てた時あったからね!笑 

(藤原、苦笑する)

直井:ノーマルでピチピチ!笑 今日の比じゃないから!笑 

藤原:Tシャツと言えばこいつもね、(と升を指す)変なTシャツ来てるよね。笑 こいつ、このTシャツ5年くらい着てるんですよ。ベストキッドのTシャツなんすけど。笑 




続く。。。




  1. 2012/04/14(土) 21:26:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<20120415 | ホーム | 2012.4.8 BUMP OF CHICKEN GOLD GLIDER TOUR at 幕張メッセ その2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/462-5839e496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)