inkblot

2012.3.1 strangers in the night at 渋谷 CLUB QUATTRO その2

 ゴーイングは詳しくないので書けるところだけ書いた。ゴーイングのファンは怒って刺したりしないでほしい。もう3ヶ所終わってしまったが、メレンゲのファンはこれをみて予習してもいいと思うが好きにしてほしい。一応曲名は伏せてある。






 メレンゲが去ると、再び客電がつく。ついたのだが、それとほぼ同時にゴーイングのファンがぐいぐいと前方にもぐりこみ始めたので怖かった。ゴーイングはなんかファンもキャラが濃いな…… というか心なしかぽ――いやいやいや。ウソっす。メレンゲファンもなんかそんなもんですよ…… 現実逃避しながら30分ほど待つとSEとともにゴーイングアンダーグラウンドがやって来る。ナカザは物販のボーダーっぽいTシャツに黒のジャケットそしてタレサン、松本は黒いスーツにハット、他の二人はまあなんかイケメンだったよな。
一曲目は「パスポート」。河野のパートがあってなるほどこういう声なのかと思った。松本の声より好きかもしれない。

 二曲目は「初恋に捧ぐ」でこれには面食らった。今日はどうも初恋の嵐の隅倉と鈴木が観に来ているようだが、それも関係あるのか? しかしこれはずるいよな。いい曲だ。でもやっぱり歌いこなせていない感じだ。多分誰が歌ってもそうなんだろうが。

 三曲目の「Madonna」が終わったあたりで確かMCがあったと思う。とりあえず生のナカザに一周回って感動した。ナカザすげえ。

中澤:みんな! 今日はストレンジャーズ・イン・ザ・ナイト、初日の渋谷クアトロに来てくれてありがとう! 感謝、してるゼ☆ この気持ちは、音楽という名の愛で返そうと思う。ミュージックという名の、ラブで! 

松本:お前、またメレンゲファンを凍りつかせる気か! リキッドルームの悪夢が。。。。


 あの初恋サンセットか! 行けなかったが、どうもこの口ぶりだと相当すごかったようである…… ナカザが。


松本:今日はツアーの初日だからさ、スーツ着てビシッと決めて行こうと思ってた訳。で、近所のクリーニング屋に着てこうと思ってたスーツを出してて。で、今日歩いて、取りに行ったんだよ。そしたら、閉まってて。張り紙がしてあって、「体調不良のため、本日は休業いたします」って書いてあって。クソって思って。

中澤:じゃあそのスーツは着ようと思ってたのじゃないんだ?

松本:そう。だからズボンがちょっと太いのよ。

中澤:でもスーツなのに足元はスニーカーなんだね? もっと前に出て見せなよ!

(松本、前に出て戻って来る)

中澤:前出るんだったらポーズくらいキメて来いよ! ビシッと! 

松本:笑。 まあ俺くらいになるとスーツにスニーカーっていう風に崩してもいいよね。・・・うん、分かってる! 俺みたいのがスーツにスニーカーだと「あ、靴なかったんだ」ってなるんだろ! もういい! 



松本:でも東京でのゴーイングのライブは久しぶりだからさ。

中澤:そう言いつつも、もう今年に入って渋谷のライブは三回目だけどね。これはもう、渋谷系ゴーイングアンダーグラウンドとしてやっていくべきなんじゃないかと思うね! 

松本:90年代に。

中澤:バックトゥーザフューチャーだゼ! 


 そんなこんなで確かこのあたりでサポートのHARCOが合流したと思う。実は転換の時にも機材チェックで姿を見せていたハルコである。「最近はポッキーのCMにも出ちゃって人気者のハルコさんです」みたいなことを誰かが言っていたような気がする。「ちょっと告知していいですか?」ということで喋り始める。


青木:みなさん、春ですねー!

聴衆:そうですねー!

青木:三月は春で、四月も春ですね。。。そこで4月23日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEでHARCOの春フェスをやります! (拍手が起こる) 先輩の元祖渋谷系のカジ君を呼んだり、ゴーイングアンダーグランドも出ます。あと、カジ君とゴーイングのジョー君とは曲も一緒に作っていて。配信限定で、今レコーディングしてるんですけど、いい感じです。ぜひ来てください! 


 という訳で鍵盤を迎えて「口笛どろぼう」をやったと思う。どこから詳しくないのでもしかしたら間違っているかもしれないが。いやしかし、HARCOの鍵盤はずるい。「星の屑」で分かる通り、世界観がファンタジーなんだよな。皆川神の鍵盤は美しいが、ハルコはかわいい感じだ。しかしグロッケンなんか使いやがってあんなもん心を撃ち抜かれて当たり前である。BOCもLOS CAMPESINOS!!もグロッケンでぐっと来るよな。

 予習はしてきたもののやはりそれほど熱心ではなかったので、ドラムばかり聴いていた。ヤマザキのドラムは野性味があるが、対して河野のドラムは理性的である。腕がしなやかに遠く伸びている感じはヤマザキにもあるのだが、河野はもっと軽やかだ。なるほど。これがクボンゲの好きなドラムか。音源を聴いている時はあまりピンとこなかったが生で聴いて分かった気がする。クボンゲは多分スマートな音が好きなんだな。MCを聴いているとおかしいやつみたいだが、クボンゲ自身頭の回転は速いしスマートな男である。鍵盤もドラムもスマートな音を好むとすると、じゃあギターは達身でいいのかとも思うがそこはどうなんだろうな。この流れだと達身より藤田の方が好きそうな感じはするが。ベースは分からない。

 「音楽は好きかい?」という前振りで「LISTEN TO THE STEREO!!」が始まる。これはずるいよな。確か何かのアニメの曲だったと思うが、弟が観ていたのを覗いたら曲と絵がまったく合っていなくて興ざめした覚えがある。大人の都合か何か知らないが、ああいうのを曲に対する冒涜って言うんじゃないのか。最後のサビで果て知らずオーディエンスと歌い続けていたのが印象的だった。だがナカザが途中でレスポールスペシャルからテレキャスに持ち替えていたのが残念だ! なんでテレキャスにしなきゃならないんだ? そこは最後までレスポールだろ! ギターは全く詳しくないが、レスポールスペシャルのTVイエローは観ているだけでなんだか幸せな気分にならないか?
 
 続いてナカザがリードボーカルという驚異の曲が始まる。「ナカザのロック★」という曲名は後で知った。驚異というよりむしろ脅威である。というか自分が★を使う日が来るとは思わなかった。ちくしょうナカザめ…… しかしすげえ。ナカザの声すげえ。すげえ変! 高い声なんだが、ただの高い声ならいくらでもいる。なかなかない珍妙な声であった。曰く形容しがたい。しかし今回のライブを観ていて、ナカザはものすごく赤羽にいそうだと思った。確か赤羽かその近辺に住んでたんだよな? おそらく赤羽はナカザだとかミヤジみたいな人間ばかりが密集した怖ろしい街なんだろう。赤羽の近くに住む友人に「赤羽は怖ろしい所なのか」と訊くと、全力で否定するんだが普通の人っぽいが実は友人も危ないのではないかと最近思い始めている…… 

 そういやナカザと言えばMCでそのファッションが話題に上っていたな。


松本:そういえば、Gジャンはやめたの? そんなフォーマルな感じになっちゃって。。。

中澤:まあね☆ 

松本:知らない人もいると思うけど、ちょっと前までこいつ、袖を切り落としたGジャンを着てたのよ。ハマショーみたいな。切り口がギザギザのね。でもやめたんだ? やめてくれてよかったよ。ほんとに! 

中澤:あのな、いい? ファッションはな・・・人に理解されるもんじゃねえんだよ。(カメラ目線) 


 ナカザ、最高だな。その堂々としたたたずまい、潔さが素晴らしい。さすがナカザ! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ! とりあえずゴーイングはリズム隊がイケメンで他の二人は道化だということがよく分かった。


 後半の曲はあまりやらない曲が多かったのか、結構イントロで歓声が上がっていた。歓声というか、黄色い声が上がる。メレンゲのオーディエンスも女ばっかりだが黄色い声なぞ聴いたことがない。というかオーディエンスの声を聴くことがそもそもほとんどない。さざなみというか凪いでいる。別にオーディエンスとしてはそっちの方が好都合なんだがバンドとしてはちょっと切ないよな。だから小生はアンディモリだとかミイラズを聴いてモッシュやダイブで踊り狂っているようなロックキッズをもう少し引き込みたいのである。「カッシーニ」でモッシュが起きたらクボンゲなんか多分泣くぜ? ちなみに今回はゴーイングファンも多いのでメレンゲの方もノリが大分よかった。

 「ハートビート」の曲中で松本が石原にMCを振る。「言っとくけど、こいつはつまんないことしか言わないから」と言われて苦笑しつつ、「まあつまんないことしか言わないけど。笑 これから日本各地、ツアーで回っていくけど、日本を明るくしていきます!」と言ってまたコーラスに戻る。うむ。よく分からない。松本といい石原といい、ゴーイングは大言壮語バンドなのか? いや、クボンゲのあれは暴言である。


松本:これからツアーでいろんな所をまわっていくけど、このツアーがよかったらまた、もう一回東京でやりたいと思います!


 そして最後に「STAND BY ME」を歌いあげて去っていった。松本は偉そうなことを言うくせに爽やかな歌ばかり歌って変なやつだ。だが妙にいい笑顔だった。





SET LIST

1. パスポート
2. 初恋に捧ぐ
3. Madonna
4. 口笛どろぼう
5. ランブル
6. ビターズ
7. My Treasure
8. LISTEN TO THE STEREO!!
9. ナカザのロック★
10. STAND BY ME
11. ハートビート




  1. 2012/03/12(月) 16:02:18|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<2012.3.1 strangers in the night at 渋谷 CLUB QUATTRO その3 | ホーム | メレンゲ、ゴーイング、アンディモリ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/03/14(水) 00:16:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re:

こっそりコメントどうも。

まああんな情けないおっさんを凝視してるのも気持ち悪いっすけどね。。。苦笑 むしろ湯川潮音嬢をガン見したい! 最前列で舐めるように観たい! 生で観たのは一回だけだからな。。。猫の額ほどのカフェじゃなく、ライブハウスで彼女を観たいっす。

いやあ、野音も新譜も思う存分楽しみにしてください! 野音は一家郎党引き連れて! 今日は歌録りらしいっすね。もう楽しみでしかない。

  1. 2012/03/15(木) 21:51:36 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

コメントどうもっす。

いやあ、ナカザはマジで目が離せないっす。苦笑 しかし今回は空気読んでおいてよかったな。。。笑 

観客としては動きがない方が嬉しいけども、バンド側としては目に見えるレスポンスがほとんどないというのも寂しいだろうというのが分かってきましたね。モッシュについては同感っす。苦笑 メレンゲに血の気の多いファンが増えたらいい感じに中和されるんじゃないかと思ったんですが無理だろうか。。。もうなんでもいいからとにかくロキノンや鹿野ともっと仲良くしてくれないか。。。。

YouTubeは4月まで鬼門ですな。笑 自分だったら簡単に誘惑に負けるんで頑張ってほしいっす!笑 しかし桜の季節っていうのはいいっすね。。。

  1. 2012/03/15(木) 22:17:34 |
  2. URL |
  3. 北田斎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/449-0a0e0cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)