inkblot

ドラムいろいろ

 1日のライブからだんだんドラムが気になって来たので色々聴き散らかしてしまった。


 まずはアナログフィッシュ斎藤州一郎。メレンゲの『ミュージックシーン』ツアーで2ケ所対バンすることが発表されたが、だから対談でも斎藤の名前を挙げてたんだな。腕がひょいひょい伸びるようなドラムである。そして伸ばしてもまだ長さに余裕がありそうな感じがある。決して軽くはないんだが、「ぱすんぱすん」という破裂音みたいなイメージがあるんだよな。多分タムの音がいい。おそらくハットとタムの音が混ざり合って破裂音のような印象が生まれるんだろう。というかアナログの「夕暮れ」はやられた。


 BOC升秀夫。すげえ…… 思わず絶句した。マジで単調である。生真面目は生真面目なのかもしれない。歌詞やボーカルやメロや構成力がすごいのでドラムまで気が回らなかったがすげえ…… いや、本当は怖くてギター以外の音を集中して聴けないだけなんだが。やっぱり怖ろしかったな…… なんか升のドラムを擬音化すると小生の中では「たす、たす、たすっ」という感じなんだが大体合ってないか? これで我慢できる藤原が不思議だ…… 例えば志村やクボンゲだったら、それはきっと地獄絵図である。藤原はどう考えてるんだ? インタビューでポロッと「秀ちゃんがどうしても注文通りに叩けなかったから変えた」とか言う時はあるがそこまで発言に不満が透けて見えることはない。藤原、マジですげえ…… ドラえもんの主題歌を聴きながらいつもと違う意味で泣いた。

 フジファブリック足立房文。なんというかまさに刻んでいる感じである。畳み掛けるようにドカドカ叩く。腕の伸び代はありそうなんだがきっちりこなすように叩くな。やっぱり几帳面な印象がある。志村はこういうドラムが好きなんだろうか。

 城戸紘志は注文通りに叩いている感じがする。上手いしこなれているが、やっぱり几帳面なドラムというのは特徴として言えると思う。個人的にドラム云々というより人となりがあんまり好きじゃない。

 サポートの畑利樹はなんか聴いているとなぜかあのプレイスタイルが目に浮かんでくる。音は「だしっ、だしっ」と聴こえる。あれは独特だよな。畑のドラムは聴いてすぐに分かる。
フジのドラムはドラマーそれぞれの個性がしっかりあるんだけども、やっぱり共通しているものがあるよな。几帳面でシンバルやハットの使い方が独特な気がする。


 ストレイテナーナカヤマシンペイ。まさにバーサーカーである。普段と明らかに人格が違う。ドラムをたたいている最中のやつに理性はまるっきり存在しない。ドラムセットをぶち壊そうとしているとしか思えないよな。実際大分壊しているが。あととにかくシンバルがうるせえ。でも好きだ。


 アンディモリ後藤大樹。重さというのが一切ない。タカタカタカタカとブレイクなしで叩きまくる。割と理性的なキャラクターだと思うんだが、ドラムをたたいている瞬間は理性を切り離しているような感じがするな。と言いつつ、歌いながら一人でどんどんハイになっていく小山田の後ろでいささかぶーたれているイメージがある。自我という知性を持っていた生意気な後藤はアンディモリを飛び出してどうしたんだろうか。ティエラは観たい観たいと思っているんだがまだ観れていない。そもそもライブ情報をあんまり押さえられてないんだよな。後藤はサイト作ったり音源作ったりしてもっとプロモーションしていく気はないのか? 

 岡山健二は知性を欠いているが、だからこそ裏表のない感じがある。ただ後藤と比べると少し重たく大人しいのでもう少し弾けてもいいとは思う。『革命』が比較的重いからというのもあるのかもしれないが。新譜はどうなんだろうな。とにかく『光』が楽しみだ。






  1. 2012/03/08(木) 21:01:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メレンゲ、ゴーイング、アンディモリ | ホーム | 2012.3.1 strangers in the night at 渋谷 CLUB QUATTRO その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/447-1bb2fd51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)