inkblot

2012.2.11 初恋サンセット at 恵比寿LIQUIDROOM その1

 最初に断わっておくがスネオヘアーに関してはあんまり書く気がない。途中なんだか歌謡曲に聴こえてしょうがなかったが曲も爽やかギターロックでよかったし声もよかった。似たようなもんなのにミドリカワ書房は駄目だな! メロディセンスも声も負けてんじゃねえか。「顔(若さ)にしか自信がない」ってマジだなこりゃあと思ったが、スネオヘアーは正直それほどいいと思えなかった。曲なんかは数曲しか分からないんだが、MCがこなれている感じが好きになれない。非社交的に見せかけて案外そうでもないというのが嫌だ! 友達少ない人間ていうのはもっと違うぞ。ちなみにスネオヘアーのバンドメンバーは、


Vocal&Guitar:スネオヘアー
Guitar:松江 潤(誰でもエスパー)
Bass:田中 貴(サニーデイ・サービス)
Drums:原"GEN"秀樹(NORTHERN BRIGHT/SCOTT GOES FOR)
Keyboards:田中大介(ex.cool drive makers)


SET LIST

1. 期待ハズレの空模様
2. 笑顔の数
3. 逆様ブリッジ
4. スキップ
5. 空想します
6. 赤いコート
7. スカート
8. セイコウトウテイ
9. headphone music


こんな感じである。後、「「初恋サンセット」くんねえかな」と言っていた。

 ちょっと話は変わるがゴーイングとのスプリットツアー、まだ大分チケットが余っているようじゃないかッ! 地方とか心配だ。。。まあ東京ももうすぐなのに絶賛発売中なので頑張ってほしい。連中、何か企んでいるのでファンだったら行くべきである。伊藤計劃風に言えば、「見ねば死」である。







 30分の転換が終わると、照明が消えて蒼い光が底に沈む。聞き覚えのある牧歌的なSEが流れ出してメンバーが現れた。タケシタは黒地にデカい白の水玉のシャツ、クボはピンクのカーディガンに茶色のハットである。

 中央のマイクスタンドの位置はスネオの頭くらいの高さがあった。クボは黒に白いピックガードのアコギを手に取ってそこに立つと、「初恋サンセットへようこそ!」と手を広げて声を上げる。そこから「ルゥリィ」が始まった。

 新しいアコギの音がよい。黒に白いピックガードと言えばどうしてもギブソンのJ-45を思い浮かべてしまうが、これはまったく違うギターである。ぱっと観ただけでもまずヘッドが違うし、何よりピックガードがJ-45にしては小さい。たぶんヤイリを見学した時に手に入れたんだろう。音はJ-45に似てつややかな音だった。クボンゲの声も柔らかく伸びやかでよく出ていた。

 「魔法」。生で聴くのは初めてだった。皆川神は音源よりもさらにすごい。なんというか、彼の鍵盤は気品があって美人だ。横山は本当にシンプルで、飾り気がない。金澤先生は華があるけどももっと稚気がある感じだ。いや、それにしても皆川神の鍵盤は美人である。

 曲が終わると、クボンゲが「東京ー!」と声を上げて耳に手を当てた。だが、オーディエンスの反応はいまいちである。クボンゲとタケシタは不満げである。もう一回「東京ー!」と叫ぶ。今度はもう少しマシだった。


クボ:この前岡村靖幸ちゃんのライブ観に行ったんですけど、
タケシタ:靖幸ちゃんて。笑 
クボ:いっぱい「東京ー!」って言ってて、ああいいなと思って。笑 だから今日はいっぱい言う! 


 なんかその言い方だと、ライブ自体じゃなくて掛け声いいなと思って帰って来たみたいな感じだけどいいのか。クボンゲはアコギから蒼いテレキャスにギターを持ち替えた。


クボ:今日はずっとやってなかった久しぶりの曲をやろうと思います。「スターフルーツ」!


 おお・・・・・・ なんでずっとやらなかったんだろうな。普通にいい曲じゃないか? 幾度も頭の中で思い浮かべてきた通りで、だが確実に今の音だった。これは確かにこの曲が世に出た時ではあり得なかった音なんだろう。かなりディレイを使っている。楽しかったな。あっという間に終わってしまってもったいなかった。

 皆川神がシンセで渦巻くような深遠なサウンドをひねり出す。なんだこの曲は? 一番感じが近いのは「バンドワゴン」だったが、明らかに違う。必死に考えているとギターが鳴り響いた。思わず目を見開く。「カメレオン」だった。夢のようだった。クボの声が強く響く。ずっとTVKのライブ映像を何回も繰り返し観ていたが、これはその何倍も素晴らしかった。アレンジはやはり今の音だ。最後の一音が鳴り終わった後も余韻がずっと空間を満たしていた。

 その余韻をかき消すようにヤマザキのカウントの後、ギターがつんざく。「ムーンライト」だ。何度聴いても鳥肌が抑えられないんだから不思議だ。美しいメロディなのに、大きな波のように荒々しく感情がうねる。月の引力が眼球の奥から潮を満ちさせた。

 その後、「絵本」が始まる。はじめのクボの抑えた声、それがサビで張り詰める。シンセの音は真珠のようにつややかだ。

 その後は「チーコ」だった。やはり目を見張った。マジで生で聴きたいと思っていたので本望である。音源のぎこちなさというのがなく、流れが幾分滑らかだ。最近クボはよく溜める。「チーコ」でもやっぱり溜めていた。しかも溜めた刹那、クボンゲはあろうことかニヤニヤと笑っていた。こいつ、笑ってやがる・・・ッ! まあそんなのを見たら驚くよな。「チーコ」だし。あっけにとられた後少しムカついた。しかしよかったな・・・ いや、満足である。悔しかったらライブに行きたまえ。

 照明が光量を増し、MCが始まった。




 続く。

  1. 2012/02/19(日) 22:05:28|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<strangers in the night | ホーム | 20120218>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/437-da879781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)