inkblot

ALIBA QUMUI




「Prelude」


 そこは小ぢんまりとしてごちゃごちゃした喫茶店のようだった。色んな見たことも無いような茶葉が棚にぎっしりと乱雑に詰まっているかと思えば、その隣には実在するのか定かでないような奇怪な言語で書かれた本が所狭しと並んでいる。店の隅は茶葉の色に染まっていた。だが、店内は不思議と明るい。いや、男の居る空間だけが白い光に包まれているように見えるのだった。

 男は一人用の小さな白いプラスティックのテーブルについて注文したものが来るのを待っていた。年の頃は子どもじみて見えるが27,8,あるいはそれより若いか、年上か。 白いTシャツの上に黒いカッターシャツを着てジーンズを履いている。ありふれた格好だが、育ちが良いのか身だしなみがよく、どことなく立ち振る舞いに品がある。顔立ちは年相応といえる静かな疲労の中に、まだ幼さが口もとや頬、目もとによく残っていた。

 しばらくすると、還暦を過ぎたぐらいの、眼鏡で痩せぎすの男が、どこか取り憑かれたような目をして紅茶のようなものを運んできた。テーブルに置かれたそれに、くすんだ銀の壺に入っている砂糖を多めに入れると、男はやはり疲れの滲んだ無表情な顔でそれに口をつける。それを見て、カウンターの暗がりの中、先程の老人が口の端を歪めて笑ったように見えた。

 男の手元に伝票が置かれている。其処には紅茶の名が、アルファベットで記されていた。

其れは『ALIBA QUMUI』と罫線を無視して書かれていた。





「Blanc, Noir, et Rouge」



 白いリノリウムの床の上に倒れた男の黒髪と赤い血。
鮮烈な印象を網膜に焼き写すように、男は戸口に立ってモノクロの無表情のまま、それを凝視していた。薄汚いセピアの部屋の中、白いリノリウムの床の上に斃れた男の黒い長髪、古いインド印度の意匠のナイフと赤い血。赤。育ち過ぎた少年のような男は淡い隈のある目でただ友であったそれを見つめる。セピアの中、白の上に黒と鋼とそして赤。鮮烈な赤。不透明な赤。





「Spilt Tea」



 喫茶店の隔絶された白い空間で、『ALIBA QUMUI』がホクロ黒子のある上くちびるまで運ばれていく。刹那、男は何か呟こうとした。だが、それは途切れ途切れに掠れて言葉にならなかった。

 男の手からティーカップが離れていく。白い陶器は硬度を失ったようにしなやかに割れて、濃い琥珀色の液体があふれた。赤みがかった液体は床の木目を濡らしていく。広がっていく紅茶。赤。広がっていく赤い血。

 白。白い手と印度のナイフ。鈍色。過去の記憶は唐突にフラッシュバックする。床にあふれる血で汚れる白い手。激しい頭痛の中、男は壊れさせまいとするように両手で頭を抱えた。

 床を染める紅茶に映る悪魔が笑っている。あふれた紅茶と赤い血。零れたミルクに泣くことは許されない。





「The Last Scene」



 彼は薄暗い車の後部座席に身を委ねて、溶けるように流れていく景色をただ眺めていた。薄暗い箱に身を委ねて。その横顔を心なしか色素の薄く見える黒髪が半ば隠している。

 瞬間、薄暗がりの中で白く煌く鉄。男は自分の腕を捕らえた白く冷たい輪を見て、刹那夢から醒めたような表情を浮かべた。しかし、次の瞬間にはそれは諦観の滲んだ微笑に取って代わっていた。視線は再度窓の外に向けられる。そして何かを独り呟く。声は無音にかき消された。


 何一つ、アリバイは無い。




















                                         The curtain fell on the last scene.

  1. 2010/01/01(金) 02:12:52|
  2. Strange Javas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GORY EDWARD | ホーム | A Ceremony Of Carols>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/38-33383b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)