inkblot

BURGER NUDS

BESTBEST
(2004/07/21)
BURGER NUDS

商品詳細を見る



 もう解散したバンドだが、結構好きだった。今はほとんど同じメンバーでGood Dog Happy Menをやってる。

 どの曲も、サウンドの激しさなんかとは関係なく、透明な水に似た静謐さがあった。水面に波紋ができるようなイメージ。それとイリテイション。


 でもたまに歌詞を聴き間違えていたりするんだよなあ。


 「ミナソコ」という曲があるんだけど、その中の「君はずっと泣いていた/プールサイド」という箇所を、「君はずっと泣いていた/うるさいぞ」だと思っていた。「門田氏はイラッチ入ってんだなあ」と勝手に思っていたら、ふつうに聞き間違えていただけであった。


 「ANALYZE」という曲がある。その中の「喉から血」というフレーズにマジで衝撃を受けた。
「『のーどかーら血』!」
そんなこんなでこの曲を聴くたびにそのくだりで悪いがちょっと笑いそ輪飾りを作りたい気分になる気がします。いや、それとは全然関係なく名曲ですよ。


 そういえば、前に法隆寺夏期大学に参加したことがある。実はまた参加したいと思っている。まあ要はわざわざ斑鳩くんだりまで出かけていって、4,5日法隆寺に講義を聴きに通いつめたってことです。暑かった。熱かったというより、暑かった。しかし、そこでヴォーカルの門田氏にそっくりのお年寄りに出会ったのだ。

「つかぬことをお聞きしますが、門田匡陽氏のご親戚ですか?」

 そう訊きたい衝動を抱えて悶々としているうちに法隆寺夏期大学は終わった。今でもまぶたの裏には、門田さん(仮称)のおもちゃみたいな配色のリュックが鮮やかによみがえる。


 そんな風に、小生にとって、BURGER NUDSはともに青春時代を過ごした思い出深いバンドであることですよ。


  1. 2010/02/10(水) 22:12:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昔書いた消しゴム販促小説 | ホーム | Scythian Lamb>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/36-b53a0cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)