inkblot

茜色の夕日 いろいろ


 フジファブリックの代表曲を敢えて挙げるなら、「茜色の夕日」という気がする。多分、ここで「銀河」なんかを挙げてはいけないんだろう。特に歌詞について云々と述べる気はない。フジQで氣志團が歌っているのを観て、なんだか色々と考えてしまった。何について考えたかと言えば、歌い方についてである。

 まず、本家であるフジファブリックの音源でも「茜色の夕日」は大まかに分けて2ヴァージョンあると考えていいと思う。インディーズとメジャーである。上手く言えないのだが、そこには明確な相違がある。「アラモルト」になるともうかなり「FAB FOX」に近いが、それでもやはりインディーズの歌い方だ。なんというか、「ロック」っぽい歌い方じゃないんだろうな。

 そしてこの曲は度々カバーされている。奥田民生。氣志團。後はよく知らないのだが空中ループのボーカルが弾き語りでカバーしたこともあるらしいな。そして残像カフェである。

 カバーを歌い方で分けたら、民生はメジャー、氣志團はインディーズ、残像カフェもインディーズだ。民生ちゃんはメジャーデビューして同じ事務所に入ってからの付き合いなので、当たり前だ。氣志團はやはり昔の印象が強いんだろうな。残像カフェは解散ライブでカバーしている映像がYouTubeで観れるのだが、これも笑ってしまうくらいインディーズの「茜色の夕日」だ。

 カバーだったら民生ちゃんに勝るものはないと思うが、でもなぜか残像カフェは嫌いじゃないんだよな。こいつらは本当に客が一人とかいう時代をフジと一緒に来たんだなあというのがよく分かるんだよな。なんだかうまく言えないんだが(そればっかりだ)、そういうものの価値ってやっぱりあるはずだ。

 しかし、「茜色の夕日」のインディーズの歌い方ってあれは訛りなのかもしれないな。どうもそんな気がする。

 今日はかとをさんの誕生日だが、メレンゲを観に行ってくる。そういやクボは江戸っ子みたく「ひ」と「し」の区別がついていないよな。あれはむしろ八重歯のせいか。八重歯の歌い方っていうのも特殊だ。八重歯の歌い方を極端にしたものがテナーのホリエじゃないか。しかしそれにしても、もしメレンゲが「茜色の夕日」をカバーしたらどんな歌い方になるんだろう。




  1. 2011/08/02(火) 10:00:38|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011.8.2 OTODAMA SEA STUDIO 雷鳴2011 その1 | ホーム | 『子どもの王様』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/327-ff1fc811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)