inkblot

against

 こっそりコメントを読んでそういやあんまり書いていなかったよなと思ったので書いてみようと思う。フジ志村と音楽について。

 小生はあんまり志村が音楽を楽しんでたとは思ってないんだよな。音楽は彼にとって手段であり、超えるべき壁、可視化された自己の内的な敵なんじゃないか。本当に音楽が好きなやつ、音楽を楽しんでいるやつはもっと全然違う。例えばBOC藤原は片時もギターを離さないし、歩きながら歌っている。呼吸するように歌う。対して志村はきっちり計画を立て、勉強し、練習し、取り組む。楽しむ余裕なんかほとんどないんじゃないか。あれは闘っているのである。壮絶だ。

 決して志村が音楽を嫌っていたと言っている訳ではない。もちろん好きだろう。でも小生にはとても楽しんでいたとは思えない。どんなに嫌いな仕事でもやりがいを感じたり報われた、楽しかったと思う瞬間は不覚にもしばしば訪れる。だからまったく楽しくないつらいものだったとは思わないが。

 でもそういったものは確かに彼の音楽ににじみ出ている部分もあるが、やはりフジファブリックを聴いていて思うことはやつの努力なんかではなく、あの天性としか言いようのない才能だ。まったくなんであんな曲が書けるんだよな。。。個人的に手放しで褒めるのは苦手だ。でも今ならむちゃくちゃ褒めてやるから出て来いよ。




  1. 2011/05/30(月) 10:00:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星下り | ホーム | sailor children>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/297-432b2f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)