inkblot

メレンゲ 星下り 20110430 at 渋谷公会堂 その5

 「夕凪」の特効を見て「虹」を思い出すあたりもどうしようもないが、何度かあったサーチライトのようにオーディエンスを照らす照明の演出はどうしてもフジの渋公ライブの「ムーンライト」の照明を思い出してしまう。

クボ:すっごい楽しかったんで、もうすぐ終わると思うと嫌なんですけど。。。でもほんと、来てくれてありがとうございます。これから先、何があるかも分からないんですけど。。。。でも、音楽だけは続けたいと思います。

 そんなようなことを言っているんだが、時々ふっと声の音量が落ちる。不安定な声を聴きながら心配になってしまった。泣いてたんだろうか。。。。

 そうして始まったのは「火の鳥」だった。この曲以外では終わりようがない。これで終わりなんだな。。。しかし、いつもこの曲やる前のクボってちょっと様子が違うんだよな。今までバカみたいなことを言ってたくせに、急に張り詰める。インストアの時は振り絞るような感じだったが、今回の方が歌えている気がした。「歌えている」というのも微妙な言い方だが。。。スモークの立ちこめる中に浮かび上がった姿が一瞬滲んだ。

 「火の鳥」が終わってメンバーが去っても拍手は鳴りやまない。正直、これで終わりでアンコールなんかやらないんじゃないかと思っていた。すぐ前の席の女性も疲れたのか手も叩かずに椅子に座っていた。だが、すぐにオーディエンスのどよめきとともにムーンライトTシャツを来たメンバーが現れる。クボは紫、タケシタは水色、他3人はベージュであった。・・・誰かグレー着ろよ。

クボ:えー、、新曲をやります! 「エース」!

 初めて聴いたが、「アポリア」に入らなかった理由がわかったような気がする。。。ここから何かが始まる。曲調は明るいが吹っ切れたとか思わないぜ。何かむちゃくちゃつらい時に普通に笑える強さみたいなものがあると思った。うまく言えないな。。。。

 次は再び手拍子が鳴り響く。今度は何の曲か分かるよな。「ラララ」だ。最近東京でやっても気に入る盛り上がり方をしないらしく、宇都宮でやった時は「プロになった気分」と言ってたらしいが、今回は盛り上がってただろう? 我々は相変わらず見た目が地味だが、それでも盛り上がってるよ。楽しかった。

 メンバーがステージを去っても憑かれたような拍手がそれを許さない。今度は前の女性も座りながら拍手していた。それに応えて三度メンバーが現れる。タケシタは手に3色のエコバッグを持っている。


タケシタ:今回は久しぶりに! 物販に力を入れまして!笑 何枚買ってくれてもいいんで!笑
(そしてアンプの上に置いてあった詩集を手に取って読み始める。それを見た瞬間、クボは両手で顔を覆ってウロウロする。どうやら恥ずかしいらしい。)
タケシタ:(わざとらしく表紙のタイトルを読み上げる)なになに、『言葉と魔法 クボケンジ詩集』・・・ってアーッ!
クボ:・・・オレの詞が良すぎるから、作ってみた。(ドヤ顔)

 なんか強気だけど、もうそれちょっと遅いと思うぞ。

クボ:(照れ笑いしながら)あ、「一階ー!」みたいなの、やっていいですか?
タケシタ:「イェー!」みたいなのね。
クボ:まずは二階から。。あ、でも二階って関係者多いから声低いな。
(笑いが起こる)
クボ:まあいいや。じゃあ、二階!
(拍手とともに野太い声が起こる)
クボ:じゃあ次一階の。。(タケシタを見て)右? 左?
タケシタ:うん、右?
クボ:じゃあ、右側!
(ピックを持った手で下手側ブロックの座席を示す。拍手、歓声に口笛が混じる)
クボ:左側!
(威勢のいい声と拍手が起こる)
タケシタ:おーっ、元気ですねー!
クボ:じゃあ最後、真ん中!
(歓声とそれよりやや大きい拍手が起こる)
クボ:一回やってみたかったんだよね。。。
タケシタ:じゃあ、メンバー紹介いきますか! まずはサポートの二人から! ギター、アッキーこと藤田顕!
(藤田、マイクを通さずに両手を挙げて雄叫びを上げる。)
クボ:(藤田を見ながら)ずいぶん男っぽいな。初めて聞いた。いつも「(腑抜けた声で)あぁ、そぅだねぇ」みたいな感じなのに。
(笑いが起こる)
タケシタ:キーボード、横山裕章!
(横山、何故か「メレンゲー!」と雄叫び。メンバー、失笑)
タケシタ:実は最年少っていうね。
(どよめく)
クボ:(横山に向かって)言わなきゃよかったな。
タケシタ:苦笑。ドラム、リーダーのヤマザキタケシ!
(ヤマザキ、ドラムを叩く)
クボ:リーダー、なんか一言。
(ヤマザキ、立ち上がる)
ヤマザキ:今日はほんとに来てくれてありがとう! 半年前に告知した時はここがひとつの到達点って思ってたんだけど、今は通過点だと思ってる。来年は10周年だしね。これからもよろしく! ありがとう!
クボ:うん、10周年に向けてファンの努力は重要だから。メレンゲはそうやってここまで来た。よろしく! 友達が失恋したら、「これ」って。。。笑
(笑いが起こる)
クボ:(タケシタを見ながら)タケシ・タツヨシ。。。
タケシタ:そう、インタビューでね、、
クボ:タケシ・タツヨシ。。
タケシタ:うん、やめてよ?
クボ:ベース、タケシタツヨシ!

 うん、どうしてもタケシ・タツヨシにしか聞こえなかったんだが、気のせいだよな。。。。

タケシタ:そして作詞作曲を手がけるボーカルギター、クボケンジ!
クボ:イェー!

 クボは恥ずかしそうだったが、それでも嬉しさの方が勝っているようだった。勢いで万歳をするが、Tシャツの丈が短く腹が見えてしまう。すぐに裾を引っ張っていた。
 
 そういった流れからダブルアンコールとして「願い事」が始まった。今までこの曲を前向きだと思ったことはないんだが、今はひとつの約束のように強く響いた。曲が終わると全員で前に出て来て手を繋ぎ、万歳一礼して去っていた。去り際にヤマザキだけが手に大量のスティックを持って残った。

「オレ、今日スティックいっぱい折っちゃったから。。。もらってくれる?」

 そう言って笑顔でスティックを投げる。いい顔をしていた。

 最後の一礼含め、クボは何回か嬉しそうに万歳した後に慌てて一生懸命Tシャツを引っ張っていたんだが、スタッフはクボにもっとデカいサイズを渡してやれよ。。。あと、よく帽子を直していたが、聞くところによるとつばが広過ぎてマイクにガンガンぶつけていたかららしい。というかそれ以前にあのジーンズは気になるよな。最初はチェーンでもつけているのかと思っていたが、ボタンだったとは。・・・あんまり考えると夢が覚めるので考えないことにした。

 客電が着いて帰り始める。PAの横を通りかかったらインストアの時のPAのおっさんがいた。友人が「アポリア」が欲しいと言い出したので物販を覗いたが、なかった。無念そうにじっと見ていたので、「タワレコ行こう」と提案する。一人で8枚買えなくても、8枚誰かに買わせればいいのだ。。。足腰は既に悲鳴を上げていたが、心の中はガッツポーズである。タワレコにはほとんど迷わずに辿り着く。メレンゲの在庫が少ないことに悪態をつき、レジで友人がポイントカードが見つからずに不思議な踊りを披露しているのを仏のような笑みで見守った後、帰った。友人は「曲もよかったけど、こんなに面白い人たちだと思わなかった」と興奮気味である。メレンゲ、面白いだろ。。。駅でかなりだらだらと立ち話をしてしまった。

 今回のライブで何が分かったかというと、ファンを増やすのに最も確実な方法はライブに連れて行くことだということである。いやはや、10周年を目前にしてここがまさに頑張り時だ。残念ながらスタッフがクソだからな。ファンの責任は重い。。。とりあえず私は宗教勧誘の手口から研究を始めたいと思っている。

 しかし本当にものすごいライブだった。化物のようなバンドだ。メレンゲはこれからもっとすごいものを見せてくれるだろう。お世辞じゃなく、危なげなくそれを確信させるライブだった。メレンゲには溢れるくらいに未来がある。それが嬉しい。2009年の暮れ以降、クボの全ての原動力となっているのは誰が何と言おうとフジ志村の存在だ。
渋公にはフジファブリックのメンバーと片寄夫妻、キノ下、そして志村の母親が来ていたそうだ。それでもあの3時間、志村のことはそれほど考えなかったな。単純にメレンゲ自体がすご過ぎてそれどころじゃなかった。苦笑 でもクボは絶対に志村のことを忘れたりはしないだろう。「後ろを気にしながら前に進もう」、むちゃくちゃ難しいことだ。でも確かに見せてもらった。ありがとう。
今はそれだけ言いたい。






SET LIST

1. 旅人
2. 輝く蛍の輪
3. きらめく世界

4.ふきのとう
5. underworld
6. untitled
7. 夢の続き

8. タイムマシーンについて
9. バスを待っている僕ら
10. 8月、落雷のストーリー
11. ルゥリィ
12. すみか
13. 東京
14. 星の屑
15. スターライト

16. アルカディア
17. 君に春を思う
18. グレゴリー
19. 忘れ物
20. ムーンライト
21.午後の海
22. 夕凪

23. 火の鳥

EN1
1. エース(新曲)
2. ラララ

EN2
1. 願い事





  1. 2011/05/07(土) 19:40:27|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<また燃え尽きた | ホーム | メレンゲ 星下り 20110430 at 渋谷公会堂 その4>>

コメント

たくさん読ませていただきました!あの夜、メレンゲは、本当格好良かったっす。読みながら色々思い出しました。
有難うございます。
  1. 2011/05/07(土) 23:08:36 |
  2. URL |
  3. しか #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/289-20fdbe39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)