inkblot

春にして君を思う


 「ずっと音楽だけをやってきて今になって思うことは、音楽抜きの自分に果たして見向きしてくれる人がいるのかということ。そんな人多分いない。それがとても怖い」

 そう言ったやつは今、いない。

 バカなことを言うよなと今でも思う。お前、ずっと見てほしかったんだろが。あんな丸出しの音楽やっといて何を言ってるんだ? 見てるよ。見てない訳がないだろう。受け手っていうのはなんだかんだいって作品を通してその向こうの作り手の姿まで見ようとしているんだ。批評の在り方としては確かに時代遅れもいい所だが、でもそうしたいんだよ。作品を受け止めるというのは作り手と繋がる方法だ。作品を認めるということは作り手を認めることだろう。

 見てるよ。みんな見てるだろうが。正直言って、最初はどんどん忘れられていくんじゃないかと思って怖かったが、どうやら杞憂だったみたいだ。見ろよ。こんなにたくさんの人があんたを見てるじゃないか。みんなあんたのことを多分絶対忘れないぞ。多分何十年か後には大挙してそっちに行くと思うからもうマジで震えて待て。笑ってられるのは今のうちだけである。。。。。覚悟しろ。



ステレオの中で手を伸ばせ。
全身全霊で思い描け。

へそ曲がりの彼がすり抜ける前に。






  1. 2011/04/24(日) 13:07:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<音楽は文学である | ホーム | i don't know her name.>>

コメント

そうだ!覚悟しろっ 志村!忘れるどころかみんな重いがどんどん強くなってる
  1. 2011/04/24(日) 19:14:23 |
  2. URL |
  3. ふじこちゃん #p5viccLg
  4. [ 編集 ]

うんうんうん。
  1. 2011/04/25(月) 01:31:31 |
  2. URL |
  3. すず #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/278-9d3552f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)