inkblot

2010.3.29 killing boy Frozen Music Tour Final at 恵比寿 LIQUIDROOM きのこ帝国


 日はキリングボーイと見せかけてアンディモリを見に行って来た。薬を飲んだせいか、頭がぼーっとしていたのでなんだか色々心もとないが。。。しかし、薬は失敗だった。ん、ちなみに危ない薬ではない。単なる花粉症の薬である。クボンゲも言っていたが、未来の子供たちのためにも杉は全て伐採すべきだと思う。

 ぐだぐだしていたらまた家を出るつもりの時刻を1時間くらい過ぎていた。特別ダイヤだってのにふざけてるな。。慌てて家を出る。読む本が他になかったので、白洲正子『金平糖の味』(新潮文庫)を読んだ。高校の時の歴史の先生は「薩摩のいも侍の娘」と言ってバカにしていたが、樺山資紀・愛輔についてのエッセイはすごくよかった。間違えて2回も各停に乗ってしまったので、読書の時間は十分にあった。

 新宿14番線、電車に飛び乗って4駅行くとそこは恵比寿である。西口で改札を出て左、そうしたら右の高架下を通り抜けて左側を行けばリキッドだ。もう迷わないぞ! 数分でリキッドに着けたということにしばし感動に打ち震えた。と言いつつもう6時20分過ぎである。整理番号はBの129番あたりだったが、もうとっくに過ぎている。無視して物販で買い物をしてゆっくり向かう。

 SEでスーパーカーの「STROBO LIGHTS」のリミックスが流れていた。スーパーカーはそんなにちゃんと聴いたことがないのでリミックスを聴くのは初めてだったが、爆音もあって鳥肌ものだった。トップバッターはオープニングアクトのきのこ帝国。発表された時、「キノコの前座にきのこ帝国!」と腹を痛くしたが別にコミックバンドではない。ヴォーカルが佐藤という、男みたいな格好をした色白のかわいい女の子ということと「退屈しのぎ」という曲はチェックして行った。

 1曲目は多分「退屈しのぎ」だった。初めて聴いた時は退屈だなあと思ったが、生で聴くと結構良い。ノイジーで単調なメロが突然牙をむく。チェックのシャツを着たヴォーカルは割と綺麗な声である。今の湯川潮音に少しだけ似ているように思った。きのこ帝国を聴きながら、何故かポストロックに傾倒したストレイテナーのことを考えた。もしホリエが美しい女声を持っていたとしたら、テナーはもっとすごかったんじゃないかと。やはりホリエの声もいいんだが、高音がどこか抑制されている感がある。きのこ帝国は高音は物理的に伸びるし、時折それは解放されているのだが、メロが抑えている感があるな。もっと高音が活きるメロを作ってほしい。あなたの声は武器だ。それを最大限に活かせ。

 歌詞は爆音で聴いた感じだと、個人的にはあまり好きじゃなかった。妙に鬱屈した感じで、復讐がどうとかあった気もするが、そういうのに興味はない。ちなみに、私の中で鬱バンドはシロップ16グラムたひとつである。アートスクール? そんなもんを暗いと思ったことはない。

 感じ悪そうなヴォーカルとは対照的に、女の子らしい赤いボーダーのギタリストの女の子は、笑顔が素敵だった。バンド全体的には割と悪い意味で慣れてない感じがあったが、あの去り際の笑顔はなんかよかったな。。。

 ほとんど音源を聴くことができなかったので何という曲をやっているのかはさっぱり分からなかったが、これから伸びるしかない感じだった。あのバンドには過去はない。未来しかないからどんどん進んでほしい。帰りにCDを買おうと思ったんだが、時間がなくて買えなかったのが残念だな。。。





  1. 2011/03/30(水) 22:54:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010.3.29 killing boy Frozen Music Tour Final at 恵比寿 LIQUIDROOM andymori | ホーム | 「私たちが星座を盗んだ理由」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/262-dfabb357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)