inkblot

「私たちが星座を盗んだ理由」


私たちが星座を盗んだ理由 (講談社ノベルス)私たちが星座を盗んだ理由 (講談社ノベルス)
(2011/03/08)
北山 猛邦

商品詳細を見る




 事に取って置いて昨日読み終えた。物理の北山、久しぶりの新刊である。米澤先生の「折れた竜骨」を買わないでいそいそとこれを買ったのは秘密だ。何と言っても米澤先生は今や売れっ子。あっしが乏しい小遣いの中からせこせこと新刊を買わなくったって先生には沢山の読者がいる。。。あっしは影ながら先生の御活躍を見守っておりやす。先生、どうかお元気で。。。という訳で「折れた竜骨」は図書館で借りる予定。音楽の皺寄せが確実に来ているが、それを考慮しても米澤さんより北山さんを優先するな。もう少し売れてもいいと思うんだが、ミステリ読みにあの世界観を受け入れろというのは少しキツいかもな。ミステリ読みは頭が堅いね。

 北山猛邦は独特の終末感漂う美しいファンタジー色のある世界観と大胆な物理トリックを組み合わせたすごい男である。まあプロットはむちゃくちゃ中二病臭い(小生のこの語に対する定義はフィーリング)が、世界観の構成力はそれを補って余りあると思う。ミステリという貧相な世界の枠で良しとしないところが素晴らしい。ミステリに登場するのは大抵「人間」ではない。単なる駒である。私はどうしてもそれが嫌だ。北山猛邦は「人間」が登場する物語として面白い。まあ殊能将之の「黒い仏」あたりで激怒する手合いはまず受け入れられないだろうな。小生は単なる乱読家なので。

 今回の新刊は短編集である。片山若子のかわいらしい絵に騙されがちだが、米澤さんの小市民シリーズ並みに要注意だ。これはフィニッシングストロークものなのだから。どれも最後の一文で怖ろしいどんでん返しが待ち受けているのだ。あ、でも(ネタバレだが)リドルストーリーが一編あるな。ちなみに収録作は、

恋のおまじないに囚われた女子高生の物語「恋煩い」
絶海の孤島にある子供たちの楽園の物語「妖精の学校」
孤独な詐欺師と女性をつなぐケータイの物語「嘘つき紳士」
怪物に石にされた幼なじみを愛し続ける少年の物語「終の童話」
七夕の夜空から星座を一つ消した男の子女の子の物語「私たちが星座を盗んだ理由」

である(講談社から)。作品の雰囲気としては少女の一人称でかわいらしかったり、ファンタジー色が強かったりする。しかし結末に救いがほとんどないので、乗り物酔いでグロッキーだった小生は完膚なきまでに叩きのめされた。夢にまで石喰いが出て来たくらいである。飛び起きた時、本気で一瞬焚書したいと思った。音野順シリーズは同じく片山若子表紙でイメージを裏切らないのだが。。。物理の北山と言われながらも、実は叙述の北山である。この野郎。。。。

 それにしても、「妖精の学校」は最後の一文でかえってよく分からなくなった。ネタバレだから一応隠すか。。。





 「妖精の学校」の最後の一文はちょっと調べればすぐに分かるが、舞台が沖ノ鳥島だということを示している。涙の形というのも沖ノ鳥島の形を表している。沖ノ鳥島を巡る国際情勢やあの島の存在意義について疎いのが歯痒い。最近のことにはどうしても興味が持てないんだよな。。。分からない点を挙げると、

・「大人」たちはどういった思想信条によってああいった活動(子どもたちを拉致し騙し、住まわせる)を行っているのか?
・何故子どもたちは妖精にならなければいけないのか?
・彼らの成長を止める技術があるとは思えないが、成長した彼らはどうなるのか。もしかしたら成長したら管理棟に連れて行かれて記憶を消され、魔法使いか教師なんかの「大人」として養成されるのか?
・何故、学校では算数のみ教えるのか?
・図書館の本に「今すぐ逃げろ」という警告が走り書きされていたが、そんな危険が存在するのか?
・最後、ヒバリと先生の目が合うシーンがあるが、あれって勘付かれたのだろうか。だとしたら、ヒバリも完全に記憶を消されるな。。。救いようがない!

誰か分かる人がおられたらご教授願いたい。




  1. 2011/03/27(日) 20:07:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2010.3.29 killing boy Frozen Music Tour Final at 恵比寿 LIQUIDROOM きのこ帝国 | ホーム | アポリア、メレンゲ、邪推>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/261-0d8cea7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)