inkblot

アポリア、メレンゲ、邪推

 3月もほとんど終わりで、発売まで2週間切ったか。。。ジャケットは「ソラニン」の浅野いにおの書き下ろしってなんか気合を感じる。サンボマスターの時のようにクソかわいい女の子だろうかと思っていたが、観た瞬間不思議な気持ちになった。なんとも言えない深遠な瞳の少女である。浅野はメレンゲにどんな世界を見たんだろうか。。。

 収録曲は、

01.旅人
02.untitled
03.夢の続き
04.アルカディア
05.ルゥリィ
06.ムーンライト
07.火の鳥
08.嘲笑(作詞:北野武 作曲:玉置浩二)

カバーが入ったというのが驚きだが、一瞬「untitled」は初恋の嵐のカバーかと思った。2002年くらいにカバーしてたよな。。。いつかまたカバーしてほしい。

 前にも書いたが、今回の新譜はまずフジファブリック志村のことを念頭に置いた曲が収録されると思う。クボは彼に出来る方法で、つまり音楽に昇華することであのことに向き合うしかないのだからな。。。TRICERATOPSは「invisible~透明のハグ~」という曲を作り、奥田民生は「ひとりカンタビレ」を。。。。

 大親友のクボが音楽で何もしない訳がない。だからなんとなくアルバム全体がそういうコンセプトなのかと思っていたが、人と話していたら「自分はその中の1曲だと思う」と言われてなるほどと少し考えを改めた。確かに、片寄明人は明確に「1曲にプロデュースで参加した」と発言しているし、だとしたら山内がギターを弾いているのも片寄と同曲のみと考えた方が自然だ。山内はくるり・斎藤和義のサポートで忙しい身だから、複数曲に参加しているという可能性は低そうだしな。

 しかし、制作時期が時期なので、程度の差こそあれ全体的にそういった思いはあると思う。まあリリース前にどれだけ下手な邪推をこね回してもなんの意味もないが。。。苦笑

 少し遠いインストアライブの参加券を配布しているタワレコまで行って予約してきたので、なおさら待ち遠しい。中止にならなければいいが……苦笑







  1. 2011/03/26(土) 10:50:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「私たちが星座を盗んだ理由」 | ホーム | 加賀といえば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kirschrot.blog40.fc2.com/tb.php/260-3d4023a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)